鉄道に乗って・・・しに行こう

重度の鉄道オタク発症中。鉄なサイトは一宗派に特化し、もはや「これも私のです」とお見せできないw。ココでは よしなしごとを

長期定期購読

2016年12月13日 | 日記(diary)
鉄道趣味な私ですが、現在、定期的に読んでいる鉄道関係の雑誌類は定期購読で送られてくる[THE JR Hokkaido]ただひとつ。

JR北海道の車内広報誌です。
純粋な鉄道趣味雑誌ですらないですね。

一般にも販売されています。
かつては定期購読などせずとも、鉄道雑誌は複数を書店で購入してました。
かつては、といっても、30年くらい前~雑誌の数が減っても15年くらい前まで。
まだ東京に住んでいて、JR北海道の広報誌が地下鉄でゆく神田神保町で買える、という環境の頃。
書泉グランデ、今でも取り扱いがあるんでしょうか。

この[THE JR Hokkaido]、初めて手にしたのは96年か97年か、JR北海道の特急車内。
ちょうど100号でした(換算すれば何年のことかわかりますが1年程度の誤差なのでいいです(ぉぃ))。
そんな号から手にしたこともここまでご縁の続いたことの一要因かも。

長く読んでいますと、北海道を地元として見ていることに所以する、様々な発見があります。
列記はしませんが、寒いことに関連するものが多い。
そんな中、折に触れ感じるのは、[東北へのツアー]広告が[南へ行こう]という視点であること。
角館へ桜を観にゆくツアーとか。
春を迎えに東北へ。
う~む。
たしかに北海道よりは先に桜が咲きますよ。
わたしは、5月も末に近い頃、釧路付近を走る特急の車窓に[桜まつり]の類の看板を見つけて度肝を抜かれたことがあります。

きっと身近にもそんな事例はあるのでしょう。
一例では瀬戸内海の位置。
四国は瀬戸大橋の向こう、岡山から簡単に行けます。
ところがそのあと、[瀬戸内海が北にある]という事実に、毎回、ヤラれます。
わかっちゃいますけど、ね。
でも瀬戸内海は南側にあるもんじゃろ!(謎)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月12日の昼食 | トップ | 本日の昼食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL