アキバのGMに

2014年05月25日 | 鉄道模型
 現在グリーンマックス・ザ・ストアー秋葉原店で先日紹介したKATOの飯田線が加工例として展示されています.
 店舗側で用意したPOPには“大掛かりな加工はせず”云々,“帰宅後や出勤前にできる内容”と記載しています.
 実際これを仕上げるのに2日程度,時間にして8時間程度(ダラダラやりながら)で完成させました.

 あとお店には編成札の試作品が展示しています.
 レジ付近に「キ1」「キ4」「フ7」「32」のうち2枚程が店長の気分次第で展示しています.
 店員さんに言えば実際に手にとって見ることが出来ますのでコミケ前に現物を確認したい方はGMアキバへ.
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

KATOの飯田線を“らしく”する

2014年05月23日 | 鉄道模型
 今更ながらKATOの飯田線に少し手を加えてみましたので簡単に紹介を.
 加工は屋根と床下の塗装とウェザリングがメイン.その他は屋上機器の交換とATS車上子の取付,運転台側のTNカプラー化とジャンパ線の交換程度です.

 グロベンと避雷器はGMのEVOから.パンタグラフ含め屋根板を再塗装,屋根板は更に濃いダークグレーで.旧国らしく全体的に茶色く汚れた感じに.

 パンタランボードはマスキングして塗装,車端ステップと配管は筆で色差し.

 今回採用されたKATOのカプラーはスタイル自体は良いが胴受けが無いため運転台側のみTNカプラー化しています.ついでにアルファモデルのジャンパ線に交換.

 車体には古びた感じを演出するためにブラウン系のエナメル塗料で墨入れをしています.

 床下は黒で塗装後に軽くウェザリングを.屋上もですが,実車に近くなる程やると汚く感じてしまうので少し物足りない程度で仕上げています.

 クハのみATS車上子を取り付けました.クモハに関してはクハより若干車体中央寄りに取り付けられているようで,模型では動力カバーのため取付は省略.

 屋根と床下のウェザリングはぶどう色2号をベースに発色を良くするためにグレーを少し.それにアクセントとしてメタリック(今回はダークステンレスシルバー)をほんの少し入れてあります.


 今回も基本的に塗装のみで,交換したパーツ類も大掛かりな加工を必要としないもので仕上げました.TNカプラー化に関してはクモハのみ台座を少々加工が必要ですが,本来製品オリジナルでも良い部分なので好みの問題でしょう.
 製品のままでも十分「旧国飯田線」を堪能できますが,少し手を加えると更に雰囲気が良くなりました.これから続編もあるので楽しめるジャンルになりそうです.
 この車両はグリーンマックス・ザ・ストアー秋葉原店に預けてあるので近いうちに作例展示されるはずです.機会があれば見ていただけると幸いです.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

2014 編成札複製プロジェクト!

2014年05月04日 | 201系
 201系H編成用編成札のレプリカ試作品が完成しました.

 昨年末のコミックマーケットで頒布した「キ7(H7)」のバリエーション展開で,「キ2(H2)」に関しては既に昨年製作していました.
 今回「1・3・4・フ」の文字(実物)が手配出来たので「1・2・3・4・7」と「キ・フ」を組み合わせた物を数種類試作しました.

 前回同様厚さ5mmのアクリル板で文字は彫刻機による彫り文字です.
 基本的な寸法(札外形・穴寸法)は同一とし,文字配置も基本的に統一して試作.番号によっては量産の際に若干配置修正を行う予定です.

 他の数字(5・6・8・9・0)についても用意できたら色々製作してみたいところです. 


~札掛金具~
 昨年のコミックマーケットで参考展示した札掛金具です.
 201系の発生品を複製したもので,実物とほぼ同一の仕様で製作しています.
 編成札と札掛金具についてはフックのピッチが異なる車両が存在していて,別の車両同士の部品だと札が掛けられないことも.この札掛金具のピッチは約13.6mmとなっており,先述の編成札もこれにあう寸法(実物の寸法)で製作しています.
(写真左:左側(札付き)実物・右側レプリカ,写真右:手前がレプリカ・奥が実物)

 札掛金具についてほぼ同一仕様と記しましたが,フックの溶接箇所が実物と若干異なります.
 実物のフックはL形金具に10mm程度で溶接を行っていますが,レプリカは20mm以上で溶接を行っています.これはフックの左右の誤差を無くすための措置です.写真の実物は左右で2mm程度長さが違うため札を掛けると少し傾いた状態になっていしまいます.
(写真:手前が実物,奥がレプリカ)
 塗色に関しては独特の色調を可能な限り再現しているので,使い込めば実物と見分けがつかなくなる…かもしれません.


 この編成札と札掛金具については今夏のコミックマーケットにて頒布を予定しています.札については「キ7」「フ7」「キ4」「フ4」「キ1」を基本に検討中です.要望が多い番号については製作を検討しようかと思いますのでメールフォームか簡易意見箱にでも希望番号を記入してください.
★編成札の製作希望番号についてはメールフォームか簡易意見箱へ.
メールフォーム     簡易意見箱(匿名)
注意:希望番号が必ずしも製作されるとは限りません

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加