広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

池袋線に38115F

2014年04月29日 | 西武30000系『スマイルトレイン』
 今朝(4/29),38115Fが池袋線で運用していることを確認した.写真は練馬に停車中の各停池袋行(5418電車).

 38115Fは昨年度増備された編成で新宿用として配置された.




新宿線で運用中の38115F
2014-04-13 田無


★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

Shibuya Hikarieボールペン

2014年04月27日 | 私鉄関係(JR以外)
 東急5050系4000番代の4110F「Shibuya Hikarie号」デビュー1周年を記念してボールペンが4月26日から東急の主要駅等で販売されている.
 細身でスタイリッシュなペン本体には先頭車の車体デザインをあしらっている.ボールペンはZEBRA製のしっかりしたもの.
 価格は1,000円で編成にちなんで4,110本限定である.
 車体デザインの裏側には「Shibuya Hikarie Train 4110F」とクリップ裏面には4110Fの車内手摺に1箇所だけ存在するハートマークも.

 通勤電車時々乗車することのある4110F.車体外板のデザインも特徴的だが黄色い屋根板も目を引くため模型化されれば一際目立つ存在になりそう.是非とも模型化を希望したい車両だ.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

GMの32104F+38112F

2014年04月24日 | 鉄道模型
 発売からだいぶ経過しましたが,GMの30000系を入手しました.
 今回の製品は2012年度増備の6次車で池袋線所属の38112Fと32104Fがプロトタイプ.最初に製品化されたものとの差異は側面グラデーション部分の「SEIBU」表記有無とラジオアンテナの色調程度です.
 実車のクモハに搭載されるパンタグラフは現在も台枠が黄色塗色のままで異彩を放っていますので模型でもこれを再現すると面白いでしょう.

 GWあたりから床下製作や屋根類の塗装を始めるつもりです.

 今回も前回に続いてパッケージ写真に使っていただきました.写真の構図上パンタグラフはカットされるし両サイドに余白が出てしまっていてみっともない感があります.

 今回は前回ほど売れ行きは良くないようで,今後の30000系バリエーション展開に支障しないかちょっと心配です.


★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

第2回 図面で見る0系1次車

2014年04月20日 | 撮影(取材)日誌
 明日発売の「新幹線EX(エクスプローラ) Vol.31」に前号から連載を開始した「図面で見る0系1次車」の第2回が掲載されています.
 第2回は「0系といえばこれだよね」というアイテムである2等車座席です.今回は3ページを使い室内見付けと座席本体の外観図についてCAD化したものを掲載しています.
 2等車(普通車)に使用される座席は「2等車用転換腰掛」と呼ばれ,取手を使い背ずりを転換するシート.各所に保存されている0系新幹線のほとんどはこのシートなので今でも見ることはできます.
 新幹線EXは4月21日発売.見かけた際は手にとっていただければ幸いです.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

C61のドローバ短縮

2014年04月12日 | 鉄道模型
 会社の先輩からの依頼.
 TOMIX製C61のドローバが具合悪く以前私の方で応急処置(エポキシ+真鍮板で補強)をしたのですが,それでもダメで開放してしまうのでドローバそのものを作りなおしました.
(ドローバ製作には神サイト等も参考にさせて頂いています.)

 ドローバの素材はGMの床板から切り出したABS樹脂.3mmと4mmで穴開けして全体の寸法を適当に整えしました(間隔については現物合わせで適当です).
 ドローバはテンダーからの集電引き通しがあるので,導線を通すためPカッターでスジ彫りしをします.
 導線には真鍮線よりも張りのあるエレキギター用の弦(3弦)を採用しました.台車等との干渉を避けるため穴の周辺は導線の分だけ削って段差をつけてあります.
 導線を嵌めたあとに固定用として端材を上に接着,導線の長さ調整したあと目立たないよう黒で塗装して完成です.
 上が製品の状態で下が短縮化.

 短縮ドローバにしたことでケースの発泡スチロールにテンダーの車輪位置が合わなくなってしまいました.

 なんか知らないけど公式側の動輪の同期が狂っていて走行不調だったので,ロッド類と動輪のプレートを外して調整かけました.蒸気機関車はめんどくさい…
 
~183系その後~
 床下と台車は塗装とウェザリング,車内は青とあずき色の塗装が2月に終わっています.
 屋根板を銀色からグレーにしたくてIPAに浸けて塗装を落としているのですが,なかなか手強くて苦戦しています.ちょうど1ヶ月前に漬けて時々歯ブラシや指でゴシゴシしていますが4割程度しか塗装が落ちません.
 これが終わらないと183系は走らせられないです.

 そして昨日見つけたこれ.
 485系のサロ481.
 サロ183-1050を作りたくて探していたのですが,銀座天賞堂に旧製品があったので買ってきました.現行品とはカプラーが違ったり黒染車輪の質が現行より悪かったりですが体制に影響ないので.
 でも先述したとおり床下関係は塗装終わってるのでまた塗装するのが面倒です.


★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加