EVOに取り掛かる前の準備運動

2013年07月31日 | 鉄道模型
 グリーンマックスEVOシリーズ第1弾の103系を入手しました.
 編成組成が簡単で201系のお供として最適なクモハが2両入った1980年頃の中央線の三鷹所属車にしようと思います.手の込んだ事はせず(←そんなこと出来ない)極力素組みにしたいと考えてます.

 さて,EVOの103系を組み立てる前にこっちの103系を仕上げました.
 前の記事でも少し取り上げてますが,基本は屋根周りの塗装がメインです.その他としてカプラー交換はしてあります.

 前面は連結は考慮していませんが,外観重視でTNカプラーに交換してあります. あわせて201系でも行ったスカートの設置位置変更をしています.
 スカートはTNカプラーが干渉しない範囲までベースをカット.前面のステーは裏から補強のためプラ材をあてがっています.

 このスカート加工だけでも印象はグッと良くなります.

 屋根周りではパンタグラフをKATO製に,避雷器はEVOの余剰(になるであろうLA17を)パーツを使っています.クーラとグロベンは製品オリジナルのままです.

 組み立て中説明書を読まずに製作していて,最後にパラっと見たらモハ103のパンタグラフと避雷器の間に扇風機カバーを取り付ける指示が.201系の記憶しか無いので扇風機カバーとかいう存在を失念してました.
 で,パーツを切り出して取付ようと試みるもカギ外しのモールドがあって取り付け不可能.仕方ないので扇風機カバーをカギ外しのモールド分だけカットして接着しました.

 中間カプラーは手元にあったボディーマウント式のKATOカプラーを高さ調整のプラ材を介して接着で取り付けています.取付けに際し動力車は台車を前後反転して干渉しないようにしています.
 連結面のホロも6箇所だけなのでKATOのAssyパーツを取り付けました.

 以上! 次はEVO.


間違えてました!

 前の記事で完成したと書いた東急1000系ですが,クーラの側面に貼ったメッシュシールが間違ってました.
 本来なら天面のファンのある側面のみがメッシュになっているべきを,すべてメッシュ有りにしていました.
 シールが思いのほかピッタリと,スイスイ貼れたので調子乗って全て貼ってしまいました.というより実車をよく知らないということです.

ご親切にメールフォームでご指摘をいただきました,再度お礼を申し上げます.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

基本、素組みで

2013年07月25日 | 鉄道模型
 放っておくといつまでも完成しそうにないので,勢いに任せて製作中です.

 基本的に素組みですが,屋根関係はすべて塗装しました.
 パンタグラフはGMオリジナルは問題外なのでTOMIX製に換装しています.本来ならPT-44系列のようなので西武6000系に使用した物を載せるのが良いのでしょうが,面倒なので小田急7000形のPT-4212-Sの台枠・下枠とPS16Rの上枠・シューを組み合わせただけです.
 クーラは上面だけ墨入れをし,側面は富士川車輌製造のメッシュスシールを貼ってあります.製品のままでは再現不可能な側面を手軽に再現出来るすぐれものでした.
 前面周りはほぼ無加工.別成型のライトリムやカッチリとした造形が良い印象で,実車に興味なくても製作していて楽しいモデルです.
 スカートは以前の記事で書いた通りニコイチ化したものを塗装,無線アンテナはKATOのAssyを取り付けています.
 アンテナ含めパンタグラフなど細かい部分の色差しやステッカ貼付が残っていますので完成までもう少し.


~メッシュシールの活用~
 モハ38300・38700とクハ32200に艤装しているSIV変圧器(右写真の矢印).実車では側面にメッシュがあるものと無いものが存在しています.模型では蓄電池箱を一部加工の上再現しているためメッシュ無しになっていましたが,シールの余白部分を使ってそれっぽく再現してみました.
 
 細かく切り出した余白部分を貼るだけですが,ちょっとズレるだけでも変になってしまうので結構神経使う加工です.

 そして片手間でこんなのも製作中.
 グリーンマックス製103系関西形です.
 こっちも基本的に東急1000系と同じスタンスで,屋根周りの塗装がメインですが,側面行先のHゴムの色差しなど面倒な部分も多いのが難点.
 実車がどうなの解らないので車番設定やクーラの選定など問題が山積み.完成は何時になるか….

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

夏に向けて ~その2~

2013年07月23日 | 撮影(取材)日誌
 5月の記事で書いた通り新作のタイピン製作を進めています.
 今月初めに金型が完成し,先週末に製品と同等のテストショットが出来てきました.
 今回は中央線の主力形式であるE233系とE257系です.
 E233系が東京方先頭車のクハE233,E257系が名古屋方でクハE256になっています.車輌の下と中央にオレンジのラインを配し変化を付けてあります.このラインは中央線のある場所を図案化したものです.

 今回も製作にあたり金型発注用の図面と塗色指定のイラストをそれぞれ制作しています.
 今回の見せ場として床下機器や台車類の再現で,作図段階ではほぼ実車の1/1に近いカタチで作図してからデフォルメしています.車体は塗色の兼ね合いから制約が多く細かいモールド類は省略,帯の太さも実車の縮尺のままだと色入れが難しいためイメージを崩さない程度に調整しています.


現物見られます!
 グリーンマックス・ザ・ストア秋葉原店にて21日から現物を展示しています.
 展示しているのは塗装・メッキ前の状態で,造形は製品と同じ物です.お店に寄った際は是非一目見ていただければ幸いです. 

 
 このタイピンはグリーンマックス・ザ・ストア秋葉原店で販売予定ですが,先行して東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット(8月12日)でも販売を計画しています.詳細については後日ここに掲載する予定です.  

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

4000系が完成した模様

2013年07月19日 | 鉄道模型
 西武4000系がとりあえず完成しました.
 折角なので手を入れた箇所について簡単に記しておきます.

■前面周り
 
 全体を通して大きな加工はしていません.
 前面周りの変更点として,手摺を銀河モデル製,スカートをGM西武2000系用に,無線アンテナはKATOのAssyにそれぞれ交換.
 ブラックフェイス部分に関して製品では艶有りだったので窓下部分だけつや消しで塗装.行先表示は裏面に銀河モデル製ステッカーを配置しています.
 
 連結器は中間部を含めボディーマウント式のTNカプラー化しています.先頭部に関してはそのまま取り付けると連結間隔が狭すぎてしまうため0.5mm程度前に出しています.

■中間車とか
 
 中間のモハに関してはパンタグラフの交換がメイン.パンタグラフはTOMIX製のPT-4113-Bを使用していますが,取付ピッチが異なるため10000系同様に関節側の碍子を台枠からカットしています.
 床下は台車を含めダークグレーで塗装.モーター車は製品同様機器の無い部分は黒色で表現しています.屋上もダークグレーで塗装していますが,屋根板はつや消し塗装後に汚し表現を加えてベンチレータ等と色調の差別化を行なっています.
 妻面の車間ホロについては製品では透け透けのプラだったのでKATOのAssyに交換しています.

 加工内容としては以上ですが,その前段で車体へのクリアコートをおこなっています.これをやらないと4000系の特徴の一つである3色ラインが禿げるという噂なので.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

30000とか4000とか…

2013年07月09日 | 鉄道模型
 日曜日に浜松町で開催されたJNMAに行って来ました.
 午後からはプロモデラーによる工作実演が実施され,宮原氏が初参戦.見慣れた作品も並べられていました.わかってはいますが,彼らの作品を見たあとではつくづく下手の横好きだと痛感させられます.

 ということでこの記事は下手の横好きモデラーの最近の工作です.

■西武30000系前面グラデーションインレタ
 パンダ工業からGM製西武30000系用の前面グラデーションのインレタが発売されました.
 某店舗の見本展示をみる限り青の色合いが濃すぎる印象でした.下地にライトグレーを塗ってから貼付しましたがあまり効果なし.
 これ単体で見ればグラデーションは綺麗に仕上がっているのですが,側面との調和がとれていないので微妙なところ.

■東急5050系4000番代 ~その後~
 パンタグラフの交換と前面の色調を変えてみました.
 実車の前面FRP部分は塗装で見る場所や光源によって若干茶色っぽい銀色に見える気がします.
 模型では車体と同じ色で塗装されていて変化に乏しいので適当に色調した色で塗ってみましたが,ゴールドに近い感じになってしまったので塗り直しが必要な感じです.

 オリジナルのパンタグラフは問題外なのでTOMIX製に交換しました.
 ベースはPT-7113-Dで上枠と摺板は某店舗に在庫が沢山あったEF510用のFPS5を組み合わせて再現してあります.
 3月のダイヤ改正直後の綺麗な状態を再現したいのでライトステンレスシルバーで塗装,避雷器は製品オリジナル.碍子やホーン等はこれから塗装.
余ったFPS5の台枠は使い道がない…


■もうひとつの4000
 マイクロエースの西武4000系です.買ってすぐバラしたため一度も走っていません.

 どういう理由かわかりませんが,モハの床下機器が異様に内側にモールドされていて不自然だったため抵抗器だけですが少し前に出してみました.
 実質1mm程度しか動かなかったので「効果てきめん!」とはいきませんでしたが,気休め程度にはなったと思います.

 面倒な床下・台車と屋上機器類の塗装が済んだので細かい部分の色差しをして仕上げ.

 GMに展示していた30000系が戻ってきました.
…ということで先頭車だけ並べてみました.
並べて眺めてたら嫁にニヤニヤしてキモいと言われましたよ.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.
★検索用タグ★
西武  30000系 スマイルトレイン  4000系  東急 5050系 4000番代  模型  TOMIX  GM グリーンマックス  マイクロエース 

この記事をはてなブックマークに追加

東急4000にメリハリを付けた(+α)

2013年07月04日 | 鉄道模型
 先月初めに1両試作した4000番代,先週末に10両塗りました.
 
 10両分のマスキングが地味に重労働でしたが,それになりに報われる塗装だと思います.

 6月は多忙で前記事の試作以降は模型を弄っていないので4000番代も全く進まず.ようやく落ち着いて時間も多少は出来るように鳴ったので昨夜は屋根を塗装.あとは細かい部分の塗装に入る予定で今月中にはおおまかな形にはしたいところ.

~目標は素組み~
 
 同じ東急繋がりでこんなものも作り始めました.

 実車に対して特に思い入れも何もないので素組みで仕上げようと思っていますが,すでにスカート周りはニコイチにしてしまいました.
 あとパンタグラフはTOMIXにしたいかな…
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.
★検索用タグ★
東急 5050系 4000番代 1000系 9000系 模型  GM グリーンマックス 

この記事をはてなブックマークに追加