天プラ103

2012年05月08日 | 鉄道模型
 2006年の秋に発売した天賞堂のプラ製103系.
 天賞堂の103系と言えば車体が鮮やか過ぎる蛍光カラーで話題になった事で有名ですが,その103系が10両編成で私のところに転属して来ました.

 いつもお世話になっている某掲示板の管理人様が倉庫整理のため手放すということで,まさかの無償譲渡となったわけですが金額的にはKATO201系10両が6本分くらいの金額.私には手を出せるシロモノではありません.
 譲渡車両はオレンジの貫通10両編成なのですが,中央線に投入された編成ということらしいのでクハが非ATC車になっています.
 個人的には青梅線用の103系にしたいのでATC車が良いので戸袋窓を塞いだりしようかと思いましたが,サハが余剰になるなど諸問題もあり当初の思想通り中央線用にしてしまおうかと思います.
 製品をよく見るとゴツいパンタグラフや微妙なクーラなど気になる部分も多くあるのですが,103系に金を掛けたくないのでとりあえずは蛍光オレンジの車体を正規の朱色1号に再塗装してみようと考えています.
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

よごすおしごと

2012年05月02日 | 鉄道模型
 鉄コレのH7と四季彩,下手の横好きですが少しずつ手を加えています.先日の運転会で走らせたかったので屋根を再塗装し汚してみました.
 
 四季彩の新色は以前に塗装が済んでいましたが,新たにパンタグラフ周りのウェザリングを施してあります.H7と旧四季彩も同等の塗装を屋根板に施しましたが,仕上げのエナメルによる墨入れは黒色ではなく若干茶色を混ぜて表現してあります.

 パンタグラフ周りのウェザリングはエアブラシによる吹き付けです.色調した際には結構黒く見えたのですが,実際吹きつけてみると茶色が目立ってしまいました.
 ちなみに実車はカーボン摺板なのでもっと黒く汚れていました.
  
 ウェザリングはパンタグラフ周辺だけでなくクーラーの妻面や隣接車の屋根の一部にも.

 汚しついでに中間クハのスカートも.

 このH7は一応営業最終日であった2010年10月14日の15T運用の設定.なので中間クハは封じ込めであるためワイパー別体化やライトリム交換など未施工ですが何れは… 


■四季彩のヘッドマーク
 鉄コレの製品に付属していたヘッドマークは印刷の都合上平面となっていますが,実車ではお椀型と呼ばれるもので若干ドーム状になっています.
 製品付属は印刷が粗いため世田谷総合車輌センター製のステッカーを使用し,プラ板に貼りつけたあとお椀型に近づけるため強引に裏からグリグリと…
 写真だと微妙ですが現物を見ると大分印象が違います,完全な自己満足の世界です,

 「姨捨フォトトレイン四季彩」や定期運用最終列車,さよなら運転など四季彩は色々とやりたいバリエーションがあります.そのために何本も鉄コレを買ってあるので,今年こそは少しずつ積み模型を低くしていきたいところです.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加