広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

30000系まとめ

2011年09月28日 | 西武30000系『スマイルトレイン』
 西武30000系電車について撮影したものを幾つか掲載しておきたい.

■38109Fと32101Fが併結して運用中

 池袋線用として使用されている30000系の38109Fが9月上旬から2両編成の32101Fと併結し10両編成で運用されている.それまで32101Fと併結していた38103Fが床材交換のため入場しているための措置と推測できる.なお床材交換は玉川上水車両基地で実施している模様.
 写真は38109Fと32101Fによる快速急行池袋行(西所沢-小手指 2011-09-12)

■特殊連絡定期券ヘッドマーク
 2011年度から取り付けられている特殊連絡定期券(Oneダブル♪・だぶるーと)のヘッドマーク.このヘッドマークは9月いっぱいで掲出を終了する予定.(池袋・新宿線共)

写真左:田無 2011-6-5,写真右:小平 2011-9-12

■西武・電車フェスタin武蔵丘車両研修場
 6月5日に武蔵丘車両研修場が一般公開された.西武新宿から武蔵丘まで直通の臨時電車が運転され,池袋線用の38109Fが充当された.

写真左:西武新宿発武蔵丘行臨時電車.(所沢)
写真右:帰路用に武蔵丘から飯能まで臨時電車が設定された.(飯能)

■南入曽電車夏まつり
 8月27日に南入曽車両基地が一般公開され,新所沢と南入曽間に無料のシャトル電車が30000系を使用して運転された.2編成用意され前面のグラデーション部分にヘッドマークの代わりにスイカをモチーフにしたステッカを貼付した.



写真上左・右 南入曽,写真下左・右 新所沢-南入曽

■武蔵丘入場開始  
 8月15日に38101Fが武蔵丘に入場し,翌月12日に出場した.30000系初の検査入場と見られ,目に付く範囲としてパンタグラフを新品に交換,台車も再塗装が行われ綺麗な状態であった.なお現在は38102Fが入場中であり来月中旬頃出場すると思われる.

南入曽を出庫し所沢から池袋線に入り武蔵丘へ向かう.(写真左:新所沢,右:所沢)


飯能では特急ホームで折り返しを実施した.(写真左・右:飯能)


出場は9月12日で試運転を兼ねて南入曽まで回送された.(写真:稲荷山公園-入間市)

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

運転台の今後

2011年09月21日 | 201系
 JR東日本から201系が消滅すると同時に自分の身の回りで趣味以外で大きな転機を迎え生活スタイルがかなり変化しました.
 そのためブログ等の更新が激減したのですが,追い打ちをかけるように先月初めに自宅のノートPCが電源故障したようで起動すら出来ません.そのため撮影した写真の現像もロクにしていません.…といっても6月の京葉線201系廃車回送以降撮影したのは30000系関係だけなのでたいした量はありませんが.

 先述したとおり転機を迎え,このきっかけと201系消滅という節目により以前より進めていた201系運転台モックアップの作成を少しづつですが進行しています.現時点ではメーターパネル,マスコン,ブレーキ等最低限の部品を取り付けているだけですが,今までバラバラだった部品がこうして一つに纏まるのはとても感慨深いものです.しかし実車が西日本とクハ201-1を除きすべて廃車された事実も付きまとい筆舌に尽くしがたい心境です.


この写真は今の自室の状態.結構ゴチャゴチャしていますが気が向けばマスコンやブレーキを操作,201系に囲まれて結構幸せな空間です.
あこがれの場所だった201系運転台が手元にあるというのは幸せなんでしょう.きっと.

 さて昨年までの夏休み期間はだいたい201系撮影や乗車をしていましたが,それもなくなり同時に外に撮影に行こうという気力も消えました.ということで今年の夏休みは殆ど自宅で引き篭っていたのですが,最初の数日は運転台モックアップの配線改修を少し進めました.
 
 マスコンやメーターパネル等には購入当初は車両から取り外したままの電線が付属していましたが,どれも長年の汚れが付着しており一筋縄では綺麗にならない位とても汚いものでした.本来ならこれらの電線をそのまま使用するのがベストだとおもいますが,取り回しが大変な太い電線なので細いもの(2SQ→0.75SQ)に交換しました.
 メーターパネルのLED表示灯は特に汚れが酷い(参考写真→購入時の状態)ため基板も撤去し全て電線を交換し回路も独自のもので設計をすすめています.手元に実物の図面がありますが車両の図面を熟知できるはずもないので自分の専門である分野の電気回路に置き換えて回路を検討中です.

写真上左:マスコン内部
写真上右:メーターパネル表示灯
写真右:ブレーキ弁内部


 今は左側の壁と足元の点検蓋枠を主に設計していますが,先月の東京総合車両センターで日除けを購入したのでそれを取り付けたいとか色々と思うところもあってなかなか製作まで踏み切れませんが,締切があるわけではないのでゆっくりと納得のいく物を作っていこうと思います.

 
 左が今回製作したモックアップ台枠の発注図で右が組立図.実際に製作し組み立てから分かる不具合が多くありました.また色見本を基にマンセル記号で塗色を指定しましたが,大分色調が異なっており自前で調色して再塗装も必要で今後の課題としていきたいと思っています.
 あとお気づきの方もいると思いますが,足置きから床の高さまでは省略してあります.これは重心が高くなってしまうためで,仮に高くした場合地震等を考慮した場合基礎部分を大きくしないとならないためです.もし必要なら主枠の下に嵩上げの台枠を入れて対応も出来るので現状はこのまま.
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加