引退へ秒読みだった中央線201系 -No.2-

2010年11月30日 | 201系

 前回の続きで今回は9月25日に青梅線内で撮影したもの.

     
 当時旅客営業で運転されていた単線区間として立川-西立川間の短絡線と東青梅-青梅間があり,後者は奥多摩も近くなり緑が多くなってローカル線のイメージが強い.この区間は線路沿いに高いフェンスもなく間近に迫る201系を手軽に撮影できた.
2枚とも東青梅-青梅
左:1021T快速青梅行,右:1120T青梅特快東京行

 1120Tの青梅出発前後に中央線内で運行障害(人身事故)が発生し青梅特快東京行は青梅線内一時的に封じ込めとなり83Tに運用変更され立川-青梅間を1往復しそのまま東京へ直通した.
    
左:中央線直通中止で立川到着後青梅行に変更され青梅へ向かう1283T.
右:青梅折り返し後は1282T東京行に設定され東京へ向かった.
2枚とも羽村-小作

 1282Tで東京へ向かったH7は東京でさらに運用変更を実施し03Hにも充当された. 
 
 1282Tが東京折り返し後中央線運用に充当されるのを期待して立川-日野間へ向かったが結局青梅行になったため再度青梅線内に戻り撮影.小作などの有名どころは既に多くの人がいたので河辺駅で正面を.
 結局この日は青梅線内での撮影だけとなった.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

引退へ秒読みだった中央線201系 -No.1-

2010年11月26日 | 201系
 中央線から201系が引退して一ヶ月以上経過,2010年も残り僅かとなってしまった.未だ精神的に辛いというか言葉で言い表せない状況下であり,唯一の救いは京葉線で201系が現役であること.週末は積極的に京葉線に足を向けているがこちらも先が見えているため今後を考えるとやるせない.

 さて本ブログの更新が昔に比べ月1程度の更新になってしまったため,写真を公開する機会もめっきり減ったため,今回は中央線201系H7編成の営業運転の写真を8月からのものを何回かに分けて掲載しようと思う.暇つぶし程度に見ていただき中央線201系を今一度思い出していただければ幸いである.

■8月13日
 御茶ノ水-四ッ谷
 この日は午前中から出かける用事があったため朝の769Tだけ撮影.

■9月11日
 新宿
 秋葉原へ部品調達(201系部品の放送装置関係で使うトランスなど)に行った際に新宿のホーム端で撮影したもの.撮影がメインではないため広角~中望遠レンズしか持っていなかったため手前まで引きつけて1/80でシャッターを切ったが進入速度も速くないためあまり流れなかった.
 撮影後この列車(940T)に乗車したが,車内ではクーラーからの車内への水漏れ(確か5号車)があった放送が流れていた.そのため東京駅折り返し後,豊田で入庫した.

■9月20日
 201系の撮影がメインだったが,某運転士が特急はちおうじ日光号を運転するというので日野-豊田間から撮影を開始した.
 
2枚とも日野-豊田

 「乗りながら撮りながら」 
 基本的に今まで撮影してきた場所をもう一度撮影していく.あくまで201系という車両をメインにした写真を.抽象的かつ芸術的な写真を撮ることは自分にはセンスもなく向いていないで「おさらい」というカタチだ.
 
左:西国分寺-国立
右:
立川

 
2枚とも高尾
 この頃はヘッドマークの調子が悪く行先方向幕が設定完了しているにもかかわらずヘッドマークが検知不良で回り続ける事が頻繁にあったようだ.
 引退まで一ヶ月を切っており多くの人が撮影しているのが各駅で見られた.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.


この記事をはてなブックマークに追加

32103F出場

2010年11月18日 | 西武30000系『スマイルトレイン』
 今年5月から開始された30000系電車のドア改修は11月18日に32103Fが出場,これにより2両編成全3本の改修が完了した.引き続き21年度までに製造された8両編成も実施される模様.
 なお入場は11月15日に実施されている.→
とれふぉと参照

武蔵丘車両検修場を出場し小手指へ帰区した32103F.

 西武鉄道では11月15日にHPで床材交換のプレスを発表,30000系電車も78両全てが対象となっているため今回出場した32103Fも再度武蔵丘へ入場する予定である.

 
小手指到着は上り本線で折り返して車両基地へ入庫した.
(写真は3枚とも小手指 2010-11-18撮影)
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加