南入曽車両基地 電車夏まつり

2010年08月28日 | 西武その他形式他

 西武鉄道南入曽車両基地で毎年恒例の「南入曽車両基地 電車夏まつり」が8月28日に開催された.主に新宿線で活躍する車両が展示された他池袋線用車両も展示された.またラッピング前の多摩川線用101系電車も展示され目を引いた.

 会場である南入曽車両基地は新所沢-入曽の駅間にあるため,アクセス用に臨時シャトル電車が運転された.今年は2000系と20000系が使用され,ヘッドマークが取り付けられたが2000系はステッカーを貫通扉に添付する方式であった.
 
写真上左:2000系によるシャトル電車で新所沢9:50初の第1便(新所沢-南入曽間 第801電車)
写真上右:南入曽を出庫する20000系のシャトル電車.出庫の際に洗車線通過体験も実施された.(南入曽)


ヘッドマークデザインは両者とも同じもの.スマイルトレインはねじりハチマキに「祭」うちわを掲げたお馴染みのスタイル.

会場内のその他催し物
■30000系スマイルトレイン運転台見学
 
 池袋線から貸し出された30000系10両編成は編成を分割のうえ,8両(38103F)は展示に,2両(32101F)は運転台見学に使用された.運転台見学は両端の運転台が使用され記念撮影をすることも出来た.
 また車内には先行発売されたスマイルトレインプラレールの製作過程が順に展示されていた.

写真は3枚ともクモハ32101

■2000系床下見学
 
 ピット内の2000系電車の床下を見学できるブースで,主制御器等の一部は内部の見学が可能であった.車体には電車の動く仕組みを簡単に説明した図解が個性的なキャラと共に掲示されていた.
 この他に側面行先方向幕を使用した抽選会や制服撮影会,事前申し込みによる運転台乗車体験(車庫内を運転)などが行われた.

■先行販売グッズ
 西武鉄道では30000系スマイルトレインのプラレールとコスチュームキューピー2種が先行で販売された.
 プラレールはこのイベントの一週間前に西武球場前駅で開催された「鉄道をえがこう 夏休み 2010」が最初の先行販売であったが,コスチュームキューピーは南入曽が初めての販売となった.
  プラレールの特性上前面スカート部分が圧縮された形状になってしまい不細工感は否めないが,全体的に塗装や車体イメージなどは上手に再現されている.
 また製品の箱にはスマイルトレインの顔を再現,車内の隠しキャラである“ヒヨコ”も描かれており箱だけでも楽しい仕上がりになっている. なお両者とも一般発売は9月9日の予定である.

■返却回送
 イベントに貸し出された車両はそれぞれ出区先に返却,4000系は武蔵丘へ.30000系10両編成は小手指へ当日中に回送されたが,3000系L-trainは翌29日に返却された.
 
写真左:武蔵丘へ回送される4000系電車(航空公園-新所沢 第9930電車)
写真右:10両で小手指へ回送される30000系(所沢-航空公園 第9932電車)

★この時期の写真は全て2010-8-27撮影
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

8月の掲載誌から

2010年08月27日 | 撮影(取材)日誌
 8月は鉄道ピクトリアルとj-trainに少し記事を掲載していただきました.
 j-trainは中央線201系H4編成のさよなら運転を1ページに纏めてに掲載.写真は先月発売の鉄道ピクトリアルでも協力していただいた平松寛介氏と,今回4月17日運転の写真をプロモデラーの宮原一巧氏に協力していただきました.
 また鉄道ピクトリアルは特集内のグラフとして「JR東日本 中央線201系の方向幕」を2ページ掲載しました.この記事掲載は色々あったので裏話を少々記しておこうと思います.

●掲載の経緯
 8月3日に別件で鉄道ピクトリアルで私の担当をして頂いている副編集長に電話をしたところ,21日発売の10月号のページが埋まらなくて困っていると相談を受け2ページ書いてもらえないかと相談されました.
 特集は「行先板・種別板」いわゆる方向幕ネタでした.当然私は「201系しか出来ませんよ」と返答したところ「それでお願いします」と言われたのですが,ネタ的に出来るのが現在注目を集める中央線201系なのですが,2008年にj-trainの特集でやった事の二番煎じになる旨を伝えて記事の依頼を承諾しました.

●短い締め切り
 電話で打ち合わせしたのが3日の夕方,締め切りが5日の昼.
 3日は会社で納涼会がありアルコールが入るため当然記事は書けない.翌4日は京葉線201系疎開撮影で日中は無理,5日は仕事で無理なので必然的に4日の夜に書くようになり21時頃からダラダラと原稿制作と写真調達を半徹夜で実施,翌日の3時頃
に書き終わりました.
 そのままメールで記事を送って執筆終了.


●レイアウト
 時間がない中での執筆で記事の内容やレイアウトは依頼を受けた直後から脳内で検討.書きたい事は大体纏めておきました.実際に執筆をした後にページレイアウトも参考としてラフスケッチを制作しましたが,本当にそのままゲラが出来てきてきました.原稿提出時に副編集長から「これで行かせてもらいます」と言われました.
(左の画像はラフスケッチで制作したページレイアウト)

●j-trainで書けなかった事
 基本的にj-train No.29「さらば中央線快速の覇者201系」の二番煎じとなったわけですが,j-trainで掲載出来なかった事を少し載せました.それが「国分寺」の誤表記です.
 元々「国分寺」表示自体希少な為実車営業時には気づかなかったのですが,知人から教えてもらい実写確認は困難なので手持ちの方向幕を確認したところ4本中1本に表記を発見,今回鉄道ピクトリアルで掲載しました.
 記事の写真でも判ると思いますが,明らかに後付のような感じで「I」が追加されており謎の多い誤表記です.この他に指令取り扱いの方法についても簡単に触れています.


 まぁ大した事ではなかったのですが,締め切り直前で原稿依頼が来て戸惑ったので日記代わりにブログ掲載しておきました.機会があれば鉄道ピクトリアルとj-trainをご笑覧頂ければ幸いです.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

30000系10両編成が南入曽へ回送

2010年08月27日 | 西武30000系『スマイルトレイン』

 8月28日に南入曽車両基地で開催される「南入曽車両基地 電車夏まつり」に展示される為小手指車両基地から30000系10両編成(38103F+32101F)が南入曽車両基地へ回送された.回送は不定期回送列車のダイヤを使用し小手指-所沢間を第9804電車で,所沢-南入曽間を第9853電車でそれぞれ運転された.
 昨年の同イベントにおいて池袋線用の30000系は編成を分割し8両を展示に,2両編成を瞳を付けて綱引きに使用しており今年もどのような使い方がされるのか気になるところである.
写真:航空公園(この記事の写真は全て2010-8-27撮影)

■その他回送電車
 
 このイベント開催に伴い30000系10両編成の他にも池袋線用の電車が南入曽へ回送された.写真左は3000系を塗色変更し最近登場した西武ライオンズのラッピング電車「L-train(エルトレイン)」,写真右は主に飯能-西武秩父間で使用される4000系電車で両者とも8月27日に南入曽へ回送された.(写真は2枚とも所沢)
 回送電車の運転区間は3000系が小手指-南入曽間,4000系が武蔵丘-南入曽間であった.なお返却回送については30000系と4000系は28日のイベント終了後に,3000系が翌29日にそれぞれ出庫先へ返却される予定である.
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

32102Fが武蔵丘へ入場

2010年08月26日 | 西武30000系『スマイルトレイン』

 池袋線用の30000系電車321012Fが8月23日に武蔵丘車両検修場に入場し,同月26日に出場した.この入場は今年5月末に32101Fに実施されたドア騒音改善改修が施工されたと思われる.
 
 写真左:8月23日に実施された小手指車両基地から武蔵丘車両検修場への回送.回送は不定期回送電車第9801電車のダイヤで運転された. 狭山ヶ丘 2010-8-23
 写真右:改修を終え小手指へ戻る321012F.武蔵丘-飯能間はパンタグラフ付きのクモハ32102が先頭になる. 北飯能信号場(東飯能-武蔵丘) 2010-8-26

 一方相方である8両編成の38104Fは8両単独で営業運転に充当されていた.普段先頭に出ないクハ38104のスカート周りは汚れがちであったが,8月26日に確認した際は綺麗な状態であった. 
写真:清瀬 2010-8-26

(左の写真はコンパクトデジカメによる撮影のため描写が甘いですがご了承ください)
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

京葉線201系豊田車両センター貸出

2010年08月23日 | 201系
 さよなら中央線201系キャンペーン第2弾の一環で8月22日に豊田車両センターにてツアー形式で開催された「豊田車両センター中央線201系展示会」で中央線用H7と共に展示される目的で京葉線で使用される201系が貸し出された.
写真左:回9581M〔新宿→豊田〕 立川-日野 2010-8-21
写真右:回9582M〔豊田→新宿〕 阿佐ヶ谷-高円寺 2010-8-23

 貸し出し車両は津田沼運輸区に疎開留置されている基本編成6両のY51が充当され,8月21日に津田沼から豊田へ回送された.本来10両編成での貸し出し計画であったが,京葉線で使用されているK2+52のモハ車に不具合が生じ急遽予備車として京葉車両センターへ返却する必要となったためである.
 津田沼から豊田への回送は津田沼運輸区を出庫し緩行線で一旦幕張へ回送,幕車両センター入庫し錦糸町まで快速線で総武線を走行した.

■貸出回送(2010-8-22)
写真上左:
 回9389M〔津田沼→幕張〕 幕張

写真上右:
 回9388M〔津田沼→新宿〕 四ッ谷-新宿

写真右:
 回9581M〔新宿→豊田〕 東小金井

3枚とも2010-8-22

■返却回送(2010-8-23)
 展示に使用された201系Y51は翌23日に津田沼へ返却回送を実施した.
 
写真左:回9582M〔豊田→新宿〕 中野
写真右:回9387M〔新宿→津田沼〕 錦糸町  2枚とも2010-8-23
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

通勤快速

2010年08月12日 | 201系
 
写真左:通勤快速 高尾行(1967T) 四ッ谷 [1/15 F3.5 ISO400]
写真
右:通勤快速 成東・勝浦行(2883A) 葛西臨海公園 [1/125 F4.5 ISO400]
(2枚とも2010-8-12撮影)

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

新宿線30000系の現況

2010年08月05日 | 西武30000系『スマイルトレイン』
 今年度新製された2編成のうち38108Fが新宿線所属となり,同線の30000系は8両編成4本体制となった.以前に比べると30000系の遭遇率は飛躍的に増えた感があり,並びやすれ違いも多く目にするようになった.そこで現時点で新宿線で使用されている4編成ついて現況をまとめてみた.
 
写真左:沼袋,写真右:西武新宿-高田馬場

38101F
 30000系の第1編成で2008年4月から新宿線系統で営業運転を開始した.現在取り付けられている「キッズデザイン」受賞記念のヘッドマークは昨年8月末から続いており間もなく一年が経過する.
 
写真左:新井薬師前-沼袋,写真右:都立家政-鷺ノ宮

38102F
 38101Fと同年度に製造された車両である.現在は夏休み企画である「ハートキャッチプリキュア」スタンプラリーのヘッドマークを取り付けて運転される.ヘッドマークデザインは両端で異なり,池袋線では20000系(20106F)がこの企画のヘッドマーク対象車となっておりヘッドマークデザインは全部で4種類存在する.
 
写真左:沼袋-野方,写真右:下井草-井荻

38106F
 2009年度の増備車で新宿線系統では3編成目となるこの車両は,昨年末に11月に完成し営業運転開始が今年1月からでまだ新しい.現在は7月から発売を開始した「西武東京メトロパス」のヘッドマークを取り付けている.なお池袋線は6000系(6109F)がこのヘッドマークを取り付けている.
 
写真左:沼袋,写真右:東伏見

38108F
 今年度増備された最新の編成で6月末から営業運転に使用開始された.現時点で新宿線系統でヘッドマークを取り付けていないのはこの38108Fのみである.ちなみにヘッドマーク取付には専用のステーを介するため車体にステーを固定する為の穴開けが必要となるが,この編成は穴開け加工が未施工のため現時点(7月末現在)ではヘッドマーク取付は不可能である.
 
写真左:新井薬師前-沼袋,写真右:田無

この記事の写真は全て2010-7-31撮影
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

7月発売の雑誌から

2010年08月02日 | 撮影(取材)日誌


 7月末に発売された掲載誌の紹介.

鉄道ピクトリアル(写真左側)

 半年に一度纏めているJR東日本201系の動きで,今回は「JR東日本201系 2010年上半期の動向」として2ページにわたって掲載させていただいています.内容は6月に廃さされたH4のさよなら運転関係が主で他には“201系30周年”と“201系の日”や京葉線用車の疎開等を掲載しています.
 今回H4さよなら運転の写真については平松寛介氏に協力を頂いています.

JR普通列車年鑑2010-2011(写真右側)
 毎年イカロス出版から発刊されているもので,今回も数枚掲載して頂いています.掲載車両として201系(中央線・京葉線),115系横須賀色,E231系(中央総武緩行線)等です.また巻頭のニュースダイジェストには四季彩も掲載されています.
 
 今回115系に関して横須賀色が私の写真ですが,下段の長野色も私の名前になっていますが正しくは池田洵樹氏撮影で
す.これとは逆に205系5000番台の写真(左のページ中段左側)が池田氏とありますが実際は私の写真でした.
 編集部からも謝罪を言われてますが,訂正する機会がないためここに記載しました.
 
 今月末にはj-trainで201系H4さよなら運転関係を簡単に纏めさせていただいていますので,機会があればご笑覧いただけると幸いです.

★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加