E233系の動向

2009年02月27日 | E233系
 2月27日に豊田車両センターE233系に2つ大きな動きがあった.一つは青編成(6B)による試運転で,二つ目は昨年9月に踏切事故で大破したクハE233-61~の青661の生き残りクハE232-519の新津配給である.
 この2件の動きのついて以下に簡単に纏めた.

1:青梅・五日市線用E233系による試運転
 豊田車両センターのE233系が試運転のため立川から武蔵野線東浦和まで運転された.
 この試運転列車は国立から国立支線を経由し武蔵野線西浦和へ.そこから東北貨物線等を経由して東大宮操車場まで運転,東大宮操車場から折り返し列車番号を変え東北貨物線・西浦和支線等を経由し東浦和まで運転された.東浦和で6分停車のあと折り返し同じ経路で立川へ向かいそのまま豊田車両センターへ入区した.

 使用された車両は青梅・五日市線用の6両編成“青669”で,平日の61運用終了後豊田車両センターへ入区する電車を活用したものである.
 試運転の目的としてICカードキロ程測定のためであり,今後の同車両センターE233系の運転範囲拡大に注目したい.

上:新座通過中の試9234M(立川→東大宮操)
右:東浦和に到着した試9661M(東大宮操→東浦和)

2:クハE232-519新津車両製作所へ配給輸送実施
 2008年9月 8日の夜,青梅線青梅~東青梅間での踏切事故により損傷した青梅・五日市線用のE233系“青661”は被害が大きく再起不能となり同月中に東京総合車両センターへ回送された.東京総合車両センターで検証の結果先頭の5両は車体が大きく損傷し修復は不可能であるため同センター内で解体されたが,6号車のクハE232-519には目立った損傷が無いため解体は免れた.
 
東京総合車両センターから新津へ向けて輸送中のクハE232 左:池袋 右:大宮

 この青661のうち解体された5両については新津車両製作所で代替新製する事になり,同所で車体等の新製を行い,東京総合車両センターに残されたクハE232と組んで再度青661として復帰する.そのためクハE232を一旦新津車両製作所へ送り,代替新製車と共に試運転等を実施するため2月27日に東京総合車両センターからEF64牽引の配9651で新津へ輸送された.
 
妻面には専用ステーで後部標識灯を取付,連結器は密自連に交換 大宮

 気になる新津で新製される5両につては解体された車両と同じ車番となる.また車体は新津仕様のため編成組成の際クハE232のみ川重製となるため,車体断面等の形状が異なる異端編成になる模様.現在新津車両製作所では京浜東北線用の1000番代が製造中であり,0番代とは接客設備が若干異なる.しかし車内については極力中央・青梅・五日市線用の車両と仕様を合わせるため,ドア上の液晶ディスプレーなどは現状と同じになるようである.

 なお新“青661”は3月中旬頃に新津車両製作所から豊田車両センターへ送られる予定である.


★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

近況

2009年02月25日 | 撮影(取材)日誌

 色々と肩の荷が下りました.
 
 以前このブログに記載した内容(2月9日記事)に関して掲載直後に何人かの方々からメールフォームを介して色々なご意見をいただきました.中性的な意見もありましたが,殆どが応援のメッセージでした.幸いにも凹む内容のメールが無かったので一安心しています.
 メールを下さった方々,貴重な時間を使ってメールをしていただきありがとうございました.感謝いたします.

 以下週末に撮影した201系など.

■2月20日
 
 毎週金曜日に実施している四季彩の豊田への洗浄回送.昼過ぎに拝島を出発し,夜間に再び拝島へ戻るもので,GWに設定される「むさしの奥多摩号」に充当されるまでは毎週のように運転されています.(2枚とも拝島構内)

 四季彩の豊田送り込み回送撮影後,拝島から西武経由でj-train発売後の挨拶も兼ねてイカロス出版へ向かいました.j-train編集担当者と雑談をしつつ,今後の話を進めてきました.
 打合せを進めた結果,201系とは関係ないですが少しばかりお仕事を頂きました.今回は写真撮影等の補助的な役割となりますが,次号j-trainでも名前が載ることになりそうです.詳細は別途固まり次第.
 余談ですが今回発売したj-trainの100ページに掲載した201系が多摩川を走行するシーン.朝日によるコントラストが非常に綺麗に出たと編集担当者も少し驚いていました.
 
 打合せは15時半から始まって,終わったのが17時.この日55TにH7が充当され通勤快速の設定があるので四ッ谷で待ち構えることに.上手い具合に先行でH4も撮影出来たので非常に効率が良い撮影となりました.

 その後立川へ向かい昼に豊田へ向かった四季彩が拝島へ戻るので立川で撮影.
 
 入線を流して撮影(f2.8 1/25 ISO800).立川では10分以上停車するので比較的余裕を持って撮影が出来る.

■2月21日
昭島~拝島
 諸般の事情で撮影した田町の183系団体列車.この後鉄道部品補修のための部品調達へ行ったので撮影は以上.

 以前購入した仕業表灯を蛍光灯が点灯するように補修したので近いうちにブログで取りあげたいと思ってます.あとスイッチで方向幕を1コマずつ動かせる簡易指令器も製作しようと思っているのでそれも何れ.


★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

j-train,ピクトリアル…2月発売の雑誌

2009年02月20日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など

 2月発売の鉄道雑誌が入手できたので簡単にご紹介.

 今月はイカロス出版からは季刊のj-trainと隔月刊のNが発売されています.その他にMOOK2冊が手元にあります.

j-train(イカロス出版・季刊)

 今回の特集は旧型客車で懐かしい時代の写真や資料の他に現存する車両について紹介されています.前号から開始したHOゲージ鉄道模型車両加工も旧型客車を題材とし,臨時急行アルプスの再現をしています.
 不定期で連載を開始した「首都圏に残る国鉄鋼製車両」シリーズとして第1回は『通勤形電車201系』を取り上げています.この特集は私が係わらせて頂きましたので,このブログをご覧になっている方には是非目を通して頂きたいと思っています.

定価1,200円

鉄道ピクトリアル(電気車研究会)

 特集は今鉄道ファンの間で最も熱い「夜行列車」です.3月の改正で消える『富士・はやぶさ』のブルートレインがその最たるものだと思います.
ブルートレインに限らず夜行列車全般をピクトリアルらしく過去の貴重な写真を交えて構成されています.
このピクトリアルでも1ページを頂き京葉線201系に関する動きを簡単にまとめています.その他四季彩と青梅線終夜臨の話題も掲載させて頂きました.

定価890円

ブルトレ興亡録(イカロス出版・MOOK)

 ピクトリアルの特集が夜行列車全般に対してこの本は『ブルートレイン(寝台列車)』に特化した1冊です.鉄道ファンの多くがあこがれたブルートレインについて登場から現在までを纏めたもので,寝台列車を懐かしむには最適な一冊となりそうです.

定価1,800円(1,741円+税)

実録 鉄道連隊(イカロス出版・MOOK)

 この本に関しては敢えて何も言いませんので,タイトルを見て「これはっ!」と思った方は是非購入することをお勧めします.若干値段が高いですが,資料的な価値はピカイチだと思います.

定価2,900円(2,762円+税)

N.【エヌ】(イカロス出版・隔月刊)
 
 鉄道模型のNゲージのみを扱う専門誌.連載している「検証。」や「模型細評」は結構おもしろく見ることが出来ます.その他に特定列車の旧客編成を取り上げた「旧客礼賛」やウェザリングで模型を実感的に変える「匠の妙技」は個人的には気に入っている連載です.
定価1,200円


 その他鉄道雑誌については入手していないのですが,RF誌が209系特集で方向幕全掲載をやっているようです.201系の二番煎じ的な感じもしますが,この手のものはどんどん掲載されると資料的な価値が上がるので良いことだと思います.


この記事をはてなブックマークに追加

お茶のオマケ

2009年02月18日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など
 コンビニエンスストアのファミリーマートで鉄道博物館の展示車両を題材にしたヴィネットがペットボトルのお茶にオマケとして付いています.
  
 全5種類で,鉄道博物館の代表車両とも言える5形式を活躍した当時の情景と共にヴィネット化しています.多少塗装が荒さも目立ちますが,このオマケだけでも十分に食玩として売れそうな出来映えなのでお茶のオマケとしては文句ないと思います.
C57蒸気機関車

20系ブルートレイン「あさかぜ」

485系特急「ひばり」

101系中央線快速電車

0系新幹線

この記事をはてなブックマークに追加

201系廃車一覧及び編成表更新

2009年02月11日 | 201系
 2009年1・2月実施の京葉車両センター201系廃車に伴い,2009年2月10日現在の廃車回送及び編成表を更新.前回の書式に一部追加修正をを加えている.
(旧バージョンも引き続き閲覧可能)

 201系資料館にも同じのものをUP.こちらはGIFイメージとPDFファイルの2種類を用意.
http://jnr201.web.fc2.com/hensei-list/index.html

 


この記事をはてなブックマークに追加

小手指車両基地一般公開

2009年02月11日 | 西武その他形式他

 西武鉄道小手指車両基地が2月11日に『Valentine小手指車両基地Day』として一般に公開され,車両展示や運転台体験などの催しが行われた.車両展示は東京メトロ副都心線乗り入れ車両である6000系と7000系がメインとなり,20000系や牽引機E31も展示された.
 
 6000系と20000系は特製のヘッドマークを取り付けての展示となった.

 
 4000系には昨年10月に運転された『北辰の梟』号のヘッドマークを取り付けての展示.4000系の右に展示されたのは最近西武鉄道が導入した総合検査車両『Dr.Multi』で軌道や電車線及び信通関係の検測を走行しながら実施する車両である.
 去就が注目される電気機関車のE31は3両連結した状態で展示.武蔵丘から小手指への送込回送(2月9日)と返却回送(2月11日)もこの編成で実施されている.

 イベント名のValentineにちなんで来場者にはチョコレートのプレゼントが用意された.
 
 特製の箱側面には30000系のイラストが入っている.


 会場内では西武鉄道のグッズが販売された.同社の秩父線(吾野~西武秩父間)が開業40周年を迎えるにあたり関連のグッズも販売された模様.

 30000系の掲載しているシールと新たなバージョンの30000系下敷きを購入した.この下敷きは近年撮影したもので,飯能方に2両編成が連結された10両編成である. 

 またストラップ・キーホルダも30000系のものが新規に追加され販売された.

 マスコットと行先表示のセットで,行先表示はこのほかに数種類のバリエーションが存在する.マスコットの前面は車体色と同じ銀色のままであるが,全体的な造形はほどよく出来ている.


この記事をはてなブックマークに追加

更新減ります

2009年02月09日 | 撮影(取材)日誌

 8日の午前中だけ四季彩を求めて青梅線へ.
 編成札が取り付けられてから3週目となると流石に落ち着きを取り戻したようで,午前中順光の青梅~宮ノ平間の山根踏切は9時過ぎに見たときは誰もいなかったです.…これが普通です.
 今月15日に青梅マラソンが開催されますが,臨電の関係で青梅に本来13デの車両留置線が無いので四季彩の運転は無い予定です.
小作:512デ

沢井~御嶽:812デ

二俣尾~軍畑:813デ
全て2009-2-8撮影

<以下近況>
 京葉線201系の廃回が5日で終わり,当面201系に関係する動きは無いようです.年度明けにはTK入場があるようですが詳細は不明です.

 鉄道ピクトリアルの次号校正も先ほど提出して手持ちの仕事は全て終わり.明日の夜にでも頼まれている『はとバス』の模型作りながら鉄道模型の運転でもしようと考えていたら,会社の後輩が別部署へ応援に行くため送別会をするため模型運転は当面お預け.


 さて,HP(西東京鉄道管理局)のトップページ下部にはご意見等を頂戴するために設置したメールフォーム(入口)があります.先日こんなメールが来ました.

 雑誌とか書いてるみたいだけど買わないから。
 201嫌いだし。京葉の201も続々と廃車ですね。非常に喜ばしいことです。

…との事.当然のごとく匿名の投稿でした.
 201系嫌いならこのサイト見なければいいのにと思いますが気になるんでしょうかね?あと別に雑誌買ってとは言ってませんしお願いもしてませんから.
「覚えていたら立ち読みでも良いからちょっと見て欲しいな」
程度です.雑誌なので印税とかじゃないため何冊売れようが原稿料は変わらないから,自分としては販売数がどうなろうがはっきり言って関係ないので.(あんまり売れないと先行きは不安ですが)



別のお話.
 自分も某SNSに出入してますが,自分の写真を掲載している方を見掛けます.一時期自己紹介画像に豊田車両センター空撮写真を掲載(その写真は流石にわかりやすいでしょう)していて,201系ジェットスレの住人の方々から報告を頂いたので確認しました.そしてその方のフォトアルバムを見ると自分の写真が何枚もありました.

 そして最近覗いてみたら自己紹介画像が上野原で撮影した京葉廃回画像に差し替えていましたから,当然このサイトをご覧になっているはずなので一応書かせてもらいます.

他人の撮影した写真を無許可で掲載するのは良くないことです

 HP含め掲載している写真の取り扱い云々について詳細は記載していませんが,良識の範囲で考えていただきたいと思っています.その方のフォトアルバムを見ても当局の画像である旨は一切触れていないので,あたかもご自身で撮影ものを掲載しているような感じです.
 
 あまりグダグダ言うのは面倒なので気づいたら対処して下さい.また確認しに行きますので.
(どうせ他人の写真を載せるならもっと上手い方のを使った方が良いんじゃないでしょうか)


 で,先述したとおり201系の動きが無くなるので鉄道本部報の更新も週1回あるかどうかです.撮影は週1程度で行こうと思っているので気が向けば今回のようにスナップを何枚か掲載するかもしれません.
 暇なときにでもご覧頂ければと思いますので今後ともよろしくお願いします.


この記事をはてなブックマークに追加

ケヨ72廃車回送実施

2009年02月05日 | 201系

 京葉線に投入された209系により余剰となった201系の廃車が2月5日実施の廃車回送を以て終了した.今回廃車回送されたのは非分割編成として扱われた分割編成のケヨ72(編成はこの記事下部参照)である.
 京葉車両センター201系量産車の廃車回送は4回目であるが,前回までの3編成については京葉車両センター(新習志野)から武蔵野~中央~篠ノ井線経由で長野総合車両センターへ回送されたが,今回については事前に京葉車両センターから同支社管内の幕張車両センターへ疎開回送された.その後京葉車両センターへ戻ることなく幕張から直接長野総合車両センターへ総武~中央~篠ノ井線経由で回送された.
 
 幕張を早朝である5:25に出発し,かつてカナリア色時代に何度も駆け抜けた中央総武緩行線で御茶ノ水へ.そこからは中央急行線へ入った.新宿~三鷹間のスカイブルーの201系走行は初めてであり,早朝ながらも沿線には多くの鉄道ファンが見受けられた.(写真左:中野,右:国立)

 中央本線内では数駅でにて長時間停車が設定されたが,諸般の事情で停車駅が変更になり相模湖と四方津が追加,鳥沢の停車時分の削減などが行われた.

写真
左:藤野~上野原
記事トップ:信濃境~富士見

 
 篠ノ井線内も前回までと異なり日中の運転となり,長野には14:22着となった.
 
写真左:明科~西条,右:坂北~聖高原

 廃車回送に際し以前の記事でも記載したとおりパンタグラフを換装し,高尾以西の狭小トンネル通過に対応している.

 本来車両番号前に付されるはずの◆マークはケヨ71と同様に省略された.またケヨ72の廃車に伴いJR東日本から初期のチョッパ制御装置である「CH1」が消滅すると共に,同社に残る201系は全て後期形の「CH1B」のみとなる.

 元々ケヨ72は中央総武緩行線から転属時に試作車と組成されており,ケヨ72,73の非分割編成として使用されていた.2005年秋に試作車廃車に伴い,量産車のみで再組成され引き続き使用されていた.しかし車両運用の観点から2008年5月にチョッパ制御装置統一化のため組成変更を実施,中間のクハ2両以外を分割可能編成のK1・51と差し替えた.

 組み替え前のケヨ72の組成は試作車を抜いた際に最も簡易な方法で組成したため,製造時の車両番号同士での編成となったが,連結順序が異なっていた.

 
 2006年10月から始まったJR東日本201系量産車の廃車は,このケヨ72を以て終了となり,同社に残された201系は65両となった. 
 四季彩に関しては検査期限が大きなキーになっており見通しが危ういが,中央線は高架工事の完了で,京葉線は後継車の投入によってそれぞれ引退する予定なので暫く活躍は続く.とはいえJR東日本の201系に残された時間は僅かで,首都圏から鋼製通勤形電車が消える日も近い.


★この記事の写真は全て2009-2-5撮影

この記事をはてなブックマークに追加

0201

2009年02月03日 | 201系
 先日の2月1日は0201→201系の日ということで201系の撮影に.もっともj-trainに使う写真が足りないので撮りに行ったというのが本音.
 この201系の日にあわせて某スレ企画の青梅線四季彩乗車オフもあったのでそちらも参加してみた.以下に記載するのは2月1日の日記みたいな物なので読まなくても201系の動向等
のについて全く支障ないので予めお知らせしておく.

 最寄の西武線の駅から初電で誉田へ向かうと6両の入線に間に合わないので,前夜に友人達が集まるファミレスで初電まで時間を潰す.
 折角初電からの行動で移動範囲が広いのでホリデーパスを購入,武蔵小金井発の初電で京葉の201系分割運用を撮りに向かう.分割時の走行を撮影するために誉田以遠へ向かうが,撮影場所なぞ全く知らない.
 とりあえず土気で降りてホーム先端を確認するが特発が邪魔して撮影は難しい.仕方ないので駅を降りて撮影出来そうな場所を探すことに.
 最初に蘇我方へ向かってみたが撮影出来る場所がないので断念.一旦駅へ戻って駅周辺を確認.駅は切り通し区間のような場所だが,草木と電力柱で駅の外からでは撮影が難しい.諦めて大網方へ歩いていくとホーム先端から見えた陸橋があり,そこから撮影出来そうだったのでE217系や211系を試し撮り,何とかなりそうだったのと時間も無いのでここに決めた.

 それが左の写真.最初の6両は縦アングルで何とか納めたが,続行の4両は徐々に姿を現した朝日でフレアが大きくなり,そればかり気にしていたら失敗した(最後尾車両が切れた).
 ここはもう少し太陽が上る時間が早くなってから要リベンジ.

 土気付近で撮影後,葛西臨海公園へ.葛西臨海公園は1人居たが,その手前の舞浜には5人ぐらい居た.おそらく209系・E331系狙いであろう.そのとき乗車していたのは209系だったが,到着するや否やカメラを向けていたのでおそらくそう間違いないと思う.(どうでも良いが)
 ここでは85運用の快速撮影が目的だが,その1本前に83運用の各停が来るので効率よく201系が撮れる.この日は車両センターに2本留置していたので,83と85の2本が走っていた.
 j-trainでここの快速通過の写真を使おうと思ったが,手持ちが全て廃車済み若しくは廃車予定の編成だったので急遽撮影に来たという訳.
 で,その写真はここには掲載しないので覚えていたら21日発売のj-trainを見て頂きたい.

 201系の快速通過後,その後すぐにE331系が来るが見向きもせず東京へ急ぐ.コレには訳ありで朝食を摂っていないことと,中央線201系に乗車するため.
 武蔵小金井発の初電乗車中に途中で201系すれ違った際に43Tでで運転してるのを確認,
昨日の運用の乱れを引きずったままだった.
 丁度東京に戻ると良い感じで943Tの青梅行として乗車出来,奥多摩へ向かうに絶好の列車.このチャンスを逃すわけにはいかないため,乗り換えと食料調達の時間確保なども考慮した結果.

  東京駅ホームで201系を待っている時,1本前の電車到着と同時に日野で車両点検のため快速電車は一斉抑止.数分後に入線してきた201系は東京で抑止をかけられ待つ羽目に.
 それから10分位したらようやく動き出したが,途中駅でことごとく抑止.仕舞いには青梅行が直通運転打ち切りで立川止まり.青梅まで201系で幸せ気分の計画は潰えた.
 
 結局青梅に到着したのは11時半頃,接続の奥多摩行E233系に乗車し適当な撮影地へ向かう.この時間帯順光になる撮影地で手軽な日向和田~石神前の陸橋から狙うことにした.石神前到着前に撮影地を車内から見ると7人位先客有りだった.
 普段の何もない青梅線は鉄道ファンの姿は皆無に等しいが,四季彩の編成札効果のためか異常な程撮影者が多い.別にイベント列車が走っているわけではないのに.
 今現在201系は中央線,青梅線,京葉線で活躍しているが全部あわせても64両(実稼動車両).でも休日なら上手く行けば千葉の勝浦(成東)から東京の西の果て奥多摩まで3種類の201系を乗り通す事が可能.『JR東日本に201系健在!』といった感じ.


 青梅線は基本午前中にベストな光線状態になる撮影地が多く,正午頃は一番撮影し辛い.午後もこの季節は太陽が低いので樹木の影が掛かりやすく,四季彩をメインに撮影すると非常に厳しく撮れる本数も限られる.
 
 午後は先週撮影した沢井の下り場内付近で撮影(写真左).前回は午前中の撮影で完全に逆行.午後でも正面にしか陽が当たらないが,編成札の有無が重要ポイントになるので問題ない.
 その後は第2のホームタウンである川井駅付近で.天気が良かったので青空を入れて上り列車の四季彩をサイドから狙う(写真右).数年前まで無かった奥多摩大橋のおかげで撮影が可能になったポイント.この橋が完成した当初はかなり違和感があったが今では大分馴れた.川井駅俯瞰ポイントからの撮影(→2008年11月30日の記事参照)も橋をアクセントにできるので面白みは増したと思う.

 
 そのあと川井に到着した下り列車の四季彩1513デで奥多摩へ.この列車の折り返し1612デがオフ会開催の当該列車となる.集合場所はチョッパの上付近.
 
 奥多摩到着後,いつもの面子(げんけいは外2名)と合流し,四季彩に取り付けられた編成札の話題で盛り上がる.その後天邪鬼の自分はあえてパンタグラフ下の座席に着いてオフ会状況の様子を見つつ,げんけいは達と雑談を.
 そうしたら一般参加者数名が自分たちの回りに集まりだした(なぜ自分たちの周りに集まるのか?).仕方ないので当初予定の開催場所で待つ主催者様がいるチョッパ付近の座席に移動,参加者と終点青梅まで雑談.特に何をする訳でもない201系を堪能するオフ会である.

 一次会は四季彩乗車で,二次会は電車の見える牛浜駅の某ファミレスで.
 食事を取りつつ201系を主体とした鉄道の話題で盛り上がる.参加者の一部は撮影した写真のアルバムを持ってきており撮影の記録を披露.201系はもとより各種イベント列車まで多種多様なラインナップ.自分にはそんな情熱と行動力が無いので感心させられた.

 宴たけなわな頃,主催者様から四季彩の編成札マグネットシートという素敵なプレゼント頂いた.そして18時半頃に青梅からの四季彩返却回送があるのでそれを見届けて解散となった.
 今回の参加者は結局1次会12名(だったかな?),2次回は10名と大勢集まったが,参加者の殆どは10代と若い.一方我々のグループ(自分含め4名)は20代を基本に自分は論外な年齢.これにはオジサン参った.

 『201系の日』に201系が広い年代の方に愛されている事が再認できて良かった.鉄道趣味は年代を超えて楽しめる趣味なので,こういう集まりがまた出来れば良いと思う.
 

<私信>
 今月発売のj-trainは全て校正終わりました.
 発売は21日,201系のページは11ページ(自分は9ページ担当,2ページはインタビュー)あります.宜しくお願いします.


この記事をはてなブックマークに追加