広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西東京鉄道管理局よりお知らせ

2005年12月28日 | HP更新履歴

2005年もあと僅かになりました。

今年は中央快速線から撤退発表、900番台とクハ201-3の廃車等があり、201系フリークとしては大変辛い年になりました。

来年の今頃はE233系が活躍し始めているはず。
そうなると来年以降は今年以上に辛い年になると思いますが中央線系統の201系を暖かく見守っていこうと思います。

最後に今年一年当HPおいで下さいましてありがとうございました。2005年のHP更新は終了(予定)します。引き続きブログはUP予定です。
これからもより良いサイトを作っていきたいと思いますので、お気づきの点がありましたらお知らせいただけると幸いです。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ぐんぐんはしれ ちゅうおうせん

2005年12月27日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など

201系の絵本です。
この絵本、弟に英才教育として良く読んでいました。

つい最近、某掲示板で話題になり懐かしくなり購入しました。

絵本の時代は差込式HMをつけたJR化後の設定。

神田で併走する京浜東北線が201系だったりして結構おもしろいです。

生まれ故郷の立川、駅ビルが「WILL」なのや高島屋があったりもとっても懐かしい。
キョーサンのある第一デパートが相変わらず今も健在なのも必見(?)

もうすぐ中央線から引退する201系、こういう絵本で当時を懐かしむのも悪くないと思います。


裏表紙、この中で現役なのは201系・115系と旧営団05系
時代の流れを感じますね。


この記事をはてなブックマークに追加

レジェンドコレクション 101系中央快速

2005年12月23日 | 鉄道模型

昨日発売になったKATOの
レジェンドコレクションNo.1 101系 中央快速 10両セット

前置きは無しで早速見てみましょう。


特製の化粧箱に4両用ブックケースが2つ入っています。
ブックケースも金文字を印刷、通常品とは一線を画す仕様になっています。


内容は4両ブックケースに5両の中敷きにしたいつものパターン。
左がA、右がB。Aに先頭車3両とモータ車が入っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回の101系で特筆すべきは運転台背面の処理。
普通は導光材を収めるケースがあり正面から客室は見えません。

この101系では導光材の処理を工夫し運転台背面仕切が再現。
しかも行先・運行表示も点灯します。

早速中身を拝見。

ライト基板は客室床に収めてあります。
導光材を窓の間に通して天井に立ち上げています。
ライト基板のLEDを通常の3φから、室内灯で用いられるチップLEDにすることでこのような素晴らしいギミックができました。


客室側から見るとこんな感じ。
前面窓の大きい101系ではとても効果的な表現。
是非とも乗務員や背面仕切の色差をして楽しみたいところです。

他に2点

ユーザー取付部品。
行先・運行番号、 特別快速 ヘッドマーク(以下 HM)、ジャンパ栓、SW用ドライバー。

オレンジ色のジャンパ栓部品、通常単色のパーツですがケーブル部が黒で着色されています。
これはHOのキハ82に用いられた手法と同じようです。
この部品1つ見ても意気込みが感じられます。

更に 特別快速 のHM、ちょっと重たい。
近年のHMは磁石を用いたクイックヘッドマーク。
この101系も同じ。ですが、今まではプラ製のHMの裏に丸い金属板を貼り付けていました。
この特別快速HMは特殊な材質を用いそのまま取り付けることが出来ます。
これにより金属板の分の厚みが無視出来る利点があります。特別快速のような薄いHMには最適かと思われます。
(おそらく材質はABS樹脂に金属粉を混ぜたもの、エアガン等のヘビーウエイト樹脂と同等と思われる)
材質の特性上もろいので切り出す際は特に注意した方が良いでしょう。

最後に窓です。

注目する点は上段サッシに手掛けが表現されている事。
101・103系や201系軽装車にあるものですが、遠目に見ても結構良いアクセントになっていると思います。

運転台シースルーは今後の標準となっていくようですね。
とりあえず次は209系500番台で実施されるようです。
101系よりは開口部が少ないので比較的楽だと思いますが。
気が向けば詳細レポをやりたいと思いますが、今日は購入報告を兼ねて簡単に。

レジェンドコレクションNo.1 101系 中央快速 10両セット
今年のNゲージ最後を締めくくるに相応しい出来でした。来年のKATOにも期待しましょう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

201系資料館 アドレス変更

2005年12月22日 | HP更新履歴

201系資料館のアドレスを変更しました。
http://jnr201series.kt.fc2.com/index.html

旧アドレスは年内まで運用予定
(枝ページへの直接リンクが不可能のため)

*************************
クハ201-3廃車回送レポおまけのページを追加しました。


この記事をはてなブックマークに追加

さよならクハ201-3

2005年12月21日 | 201系


昨日、201系唯一のカナリア「クハ201-3」が大宮に廃車回送されました。

201系の第二編成としてデビューしましたが、東中野でおきた103系との衝突事故で他の9両は廃車。

ATS-P化工事の際に活躍した程度で、ずっと三鷹電車区に留置されていました。
しかし昨日、量産車の老朽(用途)廃車第一号として大宮へ回送されました。

昨日、豊田・新秋津・大宮へ出向き取材してきました。
クハ201-3廃車回送レポ

コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

201系資料館更新

2005年12月21日 | HP更新履歴

201系資料館に昨日実施された

クハ201-3廃車回送のレポを追加しました。


この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと仙台へ

2005年12月19日 | JR(国鉄)関係

17・18日に会社のN氏と仙台へ行って来ました。

9月に行った慰安旅行の際に行った宮城野貨物駅にN氏がはまってしまい、強い要望により今回行って来ました。

往復新幹線、宿泊場所は仙台駅前のお洒落なシティーホテル。
フリープランツアーを使ったので結構お得な感じでした。

新幹線もN氏の希望でE3系に乗りました。
E3系、「こまち」じゃなくてやまびこ運用の列車を選んで乗りました。
ツアーのため「はやて・こまち」は選べないので苦肉の策です。

************************
18日は天候が不安定で一時吹雪になりました。
周辺に避難する場所がないのでひたすら耐えていました。
その時の一枚


一時間もすると嘘のように晴れました

宮城野駅を通過するEH500、軽く雪を舞いあげて駆け抜けていきました。


お目当てのED75も撮影出来ました、先頭はひさし付きの90号機です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

HP更新

2005年12月16日 | HP更新履歴

トップページの画像を先日まで運用していた「ピクチャートレイン」に差し替えました。

以前のトップ画像はこちらへ


この記事をはてなブックマークに追加

京葉線 71編成

2005年12月16日 | 鉄道模型

京葉線の非分割編成の「71」
この編成に組み込まれる中間のクハは保安装置を取り外し完全に中間車扱いのようです。

当局にKATOが以前発売した201系京葉線が3本在籍。
普通にしておくのはつまらないので、1本は71編成タイプにしています。

中間のクハ、前面の行先方向幕が撤去されています。

この状態を再現すべく即席ですが印刷した紙を入れてみました。

元の画像は、大宮で解体待ちの900番台の写真をフォトショップで加工して使いました。


こんな感じです。
カラーレーザーで印刷したので綺麗ではないですが。


連結してみました。言わなければわからないんですけど。(自己満足)
一応、保安装置表記も消してあります。

そのうち加工し直して綺麗に印刷して差し替えようと思います。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックフェイス

2005年12月15日 | 鉄道模型

201系の特徴である「ブラックフェイス


実車は「ジンカートン処理」の特殊鋼板で色は艶消し黒になっています。

KATOの201系は窓ガラスに黒色を印刷してあり、実車と異なる艶有り黒で印象が違います。

今回はこれを試験的に塗り替えてみました。
出来映えと工作方法の検証も兼ねるので、とりあえず1個だけやってみました。

まず、薄め液を浸した綿棒でJRマークを消します。
(消さないと段差となって残ります)

次に窓ガラス部にマスキングゾルを盛りつけていきます。
このとき使ったのが歯科用工具。詰め物をする時などに使うもので、今回これを活用してみました。
ゾルを少量ずつ慎重に窓の段差に盛っていきます。

ゾルが盛り終わったら、塗装。
艶消しの黒を吹き付けて、乾燥後ゾルを剥がします。
必要によりJRマークインレタを転写して元に戻します。

比較画像、左が加工したもの。
光の当たり具合でかなり印象が違ってきます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加