工場日報

2005年08月31日 | 鉄道模型

昨夜はKATOキハ82を少しだけ実感的に改良しました。

キハ82系はとても良い出来でとても気に入っていて、室内灯も組み込み楽しんでいます。

室内灯を組み込めば、当然部屋の明かりを消して夜間走行
しかし、先頭車の「キハ82」ヘッドライト横の非常灯、ヘッドライトの明かりを拾って僅かですが薄ぼんやり点灯している。

テールライトも同様でヘッドマーク導光材から光を拾って薄暗く点灯してしまいます。

そこで、「非常灯」と「テールライト」の導光材の一部を遮光してみました。

遮光個所は写真の通り、エナメル塗料の銀で塗ってあります。
非常灯はヘッドライトと平行になっている僅かな区間で拾っているので非常灯レンズ面ギリギリまで塗装する。

効果はこんな感じ。

実際、走行させる分には解らないのですが写真撮影(長時間露光)をすると顕著に現れてしまいます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜の工場日報

2005年08月30日 | 鉄道模型

寝る前にKATOのクハ481に「ライトリム」と「HM枠」に色差しをしました。

新しい面相筆を昨日買ったので早速塗装したもの。
やっぱり新しい筆はコシが違うので使いやすかった。


この記事をはてなブックマークに追加

オハ35塗り替え

2005年08月29日 | 鉄道模型

昨日は比較的涼しかったので思い切って塗装しました。

今回はKATOの「オハ35」

10年前に買ったもので、C56のお供ととして走らせていましたが、DD51牽引の雑客編成を組成するのに組み込もうと、新車を買う余裕がないため塗り替えで対応する事にしたもの。

単純に「茶」→「青」の塗り替えですが、付属する手摺りが軟質プラで塗装が困難なため真鍮線に交換しました。

真鍮線に交換した手摺り、結構手間が掛かりました。
ASSYパーツでも良かったのですが、質感向上と経費節減(←こちらがメイン)のため
ただの塗り替えでは芸がないので窓サッシは青ではなく銀で塗装しアルミサッシ交換車タイプにしました。

あとは、表記のインレタがないので調達して転写、屋根も塗装する予定。


この記事をはてなブックマークに追加

東京車両センター・夏休みフェア(一般公開)

2005年08月27日 | JR(国鉄)関係

今日は東京センター車両センターの夏休みフェア。
東京駅から乗った京浜東北線に乗り大井町駅へ、
大井町駅に進入する南行線の車内から見えたものは長蛇の列。
今年は異常に人が多いのでビックリ!三鷹ほどではなかったものの、駅からセンターまで20分程度かかりました。

恒例の入り口で配布する”うちわ”

絵柄を楽しみにしていましたが今年はこれ。
あえてコメントは差し控えますが…。

ちなみに去年以前のうちわは「四季彩」「E231-500」「サロE231」。

この中で一番のお気に入りは言わずと知れた「四季彩」ですが。

センターの顔、101系。今年は青梅線の観梅号のHMを取付、でも行先は、、、

センター内、最初の棟ではドアやパンタの操作、その中に何か売っているブースがあったので行ってみると、どこかで見覚えのある生地でマットや鍋敷が売られていました。
その生地はなんと、新四季彩で用いられたものでした。
しかも1枚300円でとってもお買い得。大きさは400×600(mm)と結構大きい。

裏生地は何の車両か覚えていないのですが、たぶんE231-500かな?
その時は1枚買いましたが、とても良いのでもう1枚買ってしまいました。

その他の展示。

メイン展示の103系

中央線、常磐線、山手線をイメージして展示してありました。

恒例の車体上げ下ろしは205系京葉線(クハ205-2)でした。



お目当ての201系はこの程度しかありませんでした。

でもモーター関係の展示は充実。MT60の内部の界磁コイル丸見えのものがありました。


こちらも恒例の台車組み立て実演。今年もDT46。

今年もこんな感じ、また来年も行く予定です。


この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの出来事 その4

2005年08月24日 | 鉄道模型

夏休み中にホビーモデルの ホキ2200 を組み立てました。

ずーっと前の201系族掲示板47Hオフ会の景品で頂いたもの。
2年くらい前だったと思いますがここでやっと組立ました。

今まで何度か組み立てようと思っていましたが、手すりが真鍮線を折り曲げて作るので、面倒がって後回しにしていました。


適当にラジオペンチで曲げて作った手摺り類、走らせれば細かいところは分からないので○。

製品付属の説明書は詳しく書いてあるわけではないので、KATOのNゲージを参考に組み立てました。
しかも説明書にはパーツごとに番号があるのに、ランナーには何も無い。
それほどパーツも多くないので何とかなりますが困ったものです。


この形式には詳しくないのでよく分かりませんが製造時期の違いなのかKATO製と細部が異なるパーツがありましたがNゲージとKATO製HOの写真を参考になんとか作りました。

一応、完成はしました。後は塗装と表記類の貼り付け。
表記類のインレタが手元に無いので完全な完成は当分先になりそうです。


この記事をはてなブックマークに追加

Bトレインショーティー

2005年08月23日 | 鉄道模型

先日購入したBトレインショーティー「201系」の簡易レポ。

当局は オレンジ  カナリア の2種類購入。

以前発売していた再生産品(一部改良)詰め合わせ。

前回製品は残念ながら201系が出なかったこともあり詳細は不明ですが、スカートが奇数・偶数で作り分けが主な改良点。

付属するステッカーも種類が豊富。
側面行先シールは無いものの、201系使用各路線の主要行先を収録。

オレンジに関してはKATOよりも種類は豊富。
奥多摩、高麗川なども収録しています。
HMの「通勤特快」「特別快速」色が違うのはご愛敬か?


部品構成内容は以前と変わらず。
先頭車・中間車のボディー ×各2袋
先頭車・中間車の屋根、床下 ×各2袋
および説明書・シール ×1袋

早速組立。

前面の行先シールは表から貼る仕様になっていますが、今回裏から貼ってみました。
余白シール部分を使用して貼りました。

右の写真、左(カナリア)が裏から、右(オレンジ)は表から貼り付け。
(写真だとあまり違いがわかりませんが)

この方法だと組立時に屋根を挿入すると屋根パーツリブが干渉し、シールがずれるので部を1mm程度除去してあります。

(無線アンテナのガイド穴もしっかりある、部)


下回り組立時のアドバイス


台車の部品で下側のパーツ、部にバリが残っているのでここをカットしましょう。
このバリ、大きいのと小さいのがあります。特に大きいものは組立時に収まりが悪くなるので事前にカットすることをおすすめします。

素組みすれば4両編成で約30分といったところ。
パーツの切り出しが結構多く想像以上に手間がかかりました。

当局にはKATO201系中央線色(セット)に装備しているパンタをTOMIXのPS23に交換しているため、元のパンタ(PS23タイプ)が大量にあって困っていましたが、小柄な「Bトレ」にはこのパンタがぴったりなので装備しましています。

左手前がKATO201系の発生品「PS23タイプ」を装備したもの。
右手前がKATO製「PS16A」パンタ、このパンタでは大きすぎて不釣り合い。
中奥は比較用でKATO201系(PS16Bパンタ装備車) 

カプラーについて

通常、マグネット式を使用しますが連結面間隔が異常に開きすぎるのであえて、自連タイプを装備してあります。
ディスプレーようならこれでも全く問題はないです。
ちなみに先頭のみ密連タイプを取り付けてあります。

最後に側面グリルのシールと車番を貼り付けて完成です。

しかし、車番に関しては1両貼ったものの、シールであることが非常に目立ち、面倒だがGMのインレタを転写しました。

とりあえず、これで完成。

あえてスカート、電照HMなしの国鉄原型仕様にしました。
いずれは動力を組み込んで自力走行させてみたいものです。

おしまい。


この記事をはてなブックマークに追加

HP更新

2005年08月22日 | HP更新履歴

201系資料館の編成写真に「新・四季彩を追加しました。


この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの出来事 その3

2005年08月22日 | 鉄道模型

鉄道総研での所用が終わって、立川のキョーサンへ行き、買い物してきました。

今回買った物は

□ KATO オハ12(HO)
□ Bトレインショーティー 201系(オレンジ)4両編成セット
□ 同じく 201系(カナリア)4両編成セット
□ ウイン 車両ケース6両用ウレタン
□ KATO 189系片パン屋根セット
□ KATO 700系シール
□ 真鍮線材(0.4・0.5mm)

今回の増備で12系は6両になり一応かたちになりました。
今後3両程度増結するつもり。

Bトレインショーティーは以前販売していた物の形式別セット販売。
その時は中身の分からない、所謂ブラインド販売で3個ほど買ってみたもののお目当ての201系は当たりませんでした。
という事で、今回はオレンジとカナリアを1個づつ購入。

ウインのウレタンは以前から買ってみようと思っていたもの。
近年KATOの9~10両セットに4両ブックケースが多用され、当局でも不良在庫が出る始末で今回購入に踏み切りました。
今回は103系と12系客車を入れています。

189系片パン屋根は、友人K氏が購入した「あさま」セットのWパン屋根と交換する目的で買いました。
当局は183/9系の「グレー・Wパン・PS-16B対応」仕様の屋根と旧タイプの物と交換したかったので。

700系シールは以前ここでも書いた自作シールの張替用。
でも自作シールも出来は良く、円形ロゴに関しては当局で作成した物の方が色調が近いので張替るか思案中。

真鍮線材は在庫切れの為補充。

キョーサンでの買い物は以上でした。


この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの出来事 その2

2005年08月22日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など

8月19日、所要で国立にある「鉄道総研」こと「鉄道総合技術研究所」に行ってきました。

柵の外から怪しげな車両は昔から良く見ていましたが所内に入るのは今日が初めて。

館内ロビーには幾つかの模型があり
一番初めに気づいたのが「燃料電池」で走行する車両の模型。


明らかに205系の車体に床下に装備する機器が鏡越しに見られます。(画像をクリックすると左側車両の床下拡大)

以前雑誌で路面電車に燃料電池を積んで走行試験をした記事が載っていましたが、この模型はその目標とする姿なのか、実際に制作中なのは分かりませんが。

建物の入り口脇にはリニアモーターカーの試験車が鎮座。


車内はシートが二つのみ、かなり寂しい車内でした。


用事を終えて今度は総研の向かいにある新幹線へ。


国立市のひかりプラザの一角にある有名なシンボル。



車内には新幹線試作時の風洞試験用先頭部木製モックアップや貴重な資料展示やNゲージレイアウトやビデオ放映も。

車内は冷房が効いていて快適。時間があれば涼みながらビデオ鑑賞なんてこともいいかも。


この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの出来事 その1

2005年08月22日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など

先週は一応、夏休みでした。
そういうことで更新もおろそかになっていましたが、夏休み中の鉄記録を今日更新します。

その1です。
******************************

8月18日、京葉線蘇我駅に行きました。

目的は201系試作車の形式写真等の撮影のため。

しかし、目的の車両は走っていないばかりか、京葉電車区を見回しても「72」「73」編成の姿は見あたりませんでした。

結局、目的は達成されずまたの機会に行くこととなりました。

しかも当日は205系の運用が多く電車区には3本が留置。
でも、朗報も。103系が2編成運用されていて嬉しくなりました。

もうすぐ関東で見納めの103系ですが、最後の奮闘に熱いエールを送りたいと思います。
*************************


帰りがけに寄った西荻窪でメトロ5000系を撮影、もうすぐこちらも見納めになる。


この記事をはてなブックマークに追加