国分寺-西国分寺 単線運転

2006年10月09日 | 201系
10月8日深夜から翌日早朝にかけて西国分寺~立川連続立体化工事のための仮線切替が実施されました.

そのため当日の深夜から国分寺~西国分寺間は単線運転を実施しました.
(西国分寺~立川間は運休,武蔵野線迂回若しくはバス代行)

その時の様子を取材してきました.


国分寺~西国分寺間単線運転に用いられたT29編成.
国分寺→西国分寺は白幕,西国分寺→国分寺は「各駅停車国分寺」の方向幕を掲出.


折返しのため下り線を逆走して国分寺へ戻る.
逆線運転には手信号代用器を使用,国分寺構内手前に設置されていた.
約20~30分置きで運転,下りは多少混雑,上りはガラガラの車内だった.

翌日工事は予定通り終了したものと思われる.
9日も国分寺-西国分寺間の単線運転にはT29が引き続き充当.



単線運転での国分寺行き最終列車.方向幕は「試運転」を掲出し国分寺へ進入.
この後T29編成は切替後の試運転列車として下っていく.


国分寺2・3番線に並ぶH16東京行(右)とT6青梅行(左),H16は国分寺まで試運転を兼ねた回送で運転され国分寺始発東京行となった.
T6編成は東京駅から来た列車で西国分寺-立川間切替後の営業初列車となった.

★おまけ★
この切替のために駅では普段見ることの出来ないLED電光表示が掲示されました.

武蔵境駅,「各駅停車国分寺」が連続で表示される.


国分寺駅下りホーム,「西国分寺」は通常あり得ない行先である.


同じく国分寺駅,コンコースのLED.

とりあえずここまで.明日もうちょっとおまけをUPする予定です.
『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 201系のご先祖様,デ968 | トップ | E531系買いました »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。