豊田電車区40周年記念一般公開(その1)

2006年11月13日 | 201系


豊田電車区が開設40周年を記念して11月11日一般公開が開催されました.
引退のカウントダウンが始まった201系と来月末から営業運転を開始するE233系,今注目の車輌が公開展示されました.
私は八王子~豊田電車区間ツアーのチケットを入手し参加してきました.
当日の模様を何度かに分けてここ(鉄道本部報)で公開したいと思います.

当日会場内でお会いし同行した味醂醤油様のブログ(西多摩車輌工場業務日誌)もご覧ください.


■その1

参加したツアーは八王子から豊田電車区へ向かう専用臨時列車に乗車します.
使用された車輌は201系T21編成.

運行番号を40Tとし,40周年記念であることをアピールしています.普段偶数表示をしないのでレアな表示でした.
私の乗車したのは1号車.豊田駅までは先頭です.

豊田駅へ入線,その後方向を転換し入区します.

下り本線の下をくぐって車庫に向かいます.


いつもみる車窓とは異なります.


車輌は洗浄線に入線,ここで下車と思いきや・・・
車掌のアナウンスで「ドアは開きません」とのこと.
ここからはサプライズ.方向転換し,自動洗浄機を通過します.
出発してすぐアナウンスで「何度か方向転換します…」と言っていました.単に入庫だけなら1回方転すればよいのでので「?」と思ってたので納得.

入換標識が現示されいよいよ洗浄機へ向かいます.
豊田からずーっとかぶり付きをしていた甲斐がありました.

洗浄機の前は何も見えません.

ホワイトアウト状態です.ちょうど洗浄機の真ん中を通過中.


先頭は洗浄機を抜けましたが,後ろ10両が洗浄中なのでゆっくりと停止目標まで進みます.
左手には201系と115系が見えます.
この後方転して先ほど入線した洗浄線へ向かいます.

往路は洗剤付きで洗浄,復路は水ですすぎ洗い.
ブラシが車体を激しく磨きます,音も相当でかいです.


右端の編成が乗車したT21.
行き先が「中央特快 豊田」,実は八王子出発時は「臨時」でしたが,浅川を渡る手前でこの表示に変えていました.
例のSカーブで撮影していた人へのサプライズでしょうか.かなり粋な計らいだと思いました.

■次回に続く…

『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白い6000系 | トップ | 豊田電車区40周年記念一般公... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。