イラストが使用された件について

2017年02月15日 | おしらせ
昭和60年代の国鉄通勤電車
 最近発売された国鉄通勤電車に関する書籍(ムック)

 この書籍の中に私が6年ほど前にタイピン製作用で描き起こしたイラスト(図面)をトレースしたものが無断で掲載されていた。なおこの件については出版元である双葉社と本を製作した制作元と話し合いの上、既に解決済みである。

当時投稿したイラスト(図面)を掲載した記事→ 中央線から「朱色1号」が消え

 事の発端は友人が国鉄時代の201系が掲載した書籍が出たと連絡してきた。ご丁寧に中央線201系の特快ヘッドマーク付が掲載してる部分を写真付きで。
 気になっていたので書店で見つけ中を確認した際に私が描き起こしたイラストが使われていた。(正確にはネット検索で出てきた画像をほぼ100%トレース)
 双葉社へ電話するも担当不在により後日編集担当から連絡が来たので内容について説明した。その後再び双葉社から連絡があり調査したところイラスト使用の事実を認め、編集担当から謝罪に伺いたいということだったが良い機会なの私が直接双葉社へ出向くこととした。

 双葉社へ行くと編集担当1名、制作元とメインエディターの計3名と今回の件について謝罪と説明を受けた。
 イラスト使用した詳細な経緯については省略するが、要は制作サイドからイラスト制作者(デザイナー)への指示不足とイラスト制作者が鉄道の事について無知であったことが原因。
 私としても先方が必要以上に謝罪している以上、特に事を荒立てる必要もないので今回の件はこれでおしまいに。

 過去に201系関係を主に鉄道ピクトリアルやj-trainなどで執筆もした身。折角の機会なので今後鉄道関係の誌面制作がある際は私も何かしらの形で協力できればと伝え、先方からも是非ともお願いしますと。双葉社からは年間2冊程度鉄道関係書籍を出版しているので今後は何かしらの形で良い誌面づくりの手伝いが出来ればと思う。

 最後になるが本誌「昭和60年代の国鉄通勤電車」は貴重な写真が多く一見の価値はあると思う。(実際販売初動数は良いらしい)またこの件に関し事前にイカロス出版編集担当にイラスト・図面の使用に関する内容について著作権等の教示を頂いた。



制作側曰く国鉄の図面と勘違いしてた。画像検索でも「101系 図面」で上位にヒットしてしまっているが、鉄道を少しかじっていればこれが国鉄の図面ではないことの判断は容易だろう。
『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ORANGE DROPS(twitter) | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。