東京総合車両センター

2006年08月28日 | JR(国鉄)関係

今年も開催された東京総合車両センター夏休み一般公開。

今年は部品目当てで少々気合いを入れ参加しました。
前日(25日)の夕方に現地へ。そこで名簿に記入、指定時間に点呼をうける。
19時と翌日(26日)7時の2回点呼がありました。
部品にお目当ては「201系」なんですが、今回は期待はずれに終わりました。

さて一般公開について。
毎回恒例車体と台車の分離、今年は203系。
前回までは205系でしたので嬉しいサプライズ。

床下の構造が非常によくわかります。
できれば0番台が個人的には良かったのですが贅沢はいけません。


台車組立も行われました、今年も201系のDT46。
…って何ですかこれは?「こんなの201系じゃないよ~」って激しく思いました。
それにしても悪い顔しています。


台車組立の際に活躍していた「201系軸バネ・外筒着脱装置」
従来人力で軸バネ・外筒を着脱していたが、1組48kg(TRは45kg)あり身体にかかる負担が大きいため台車科の方々で開発した装置です。


輪軸と台枠を組み合わせるところ。
この後場所を右に移動しモーターの取付、各種調整等を行います。
この工程、1台車30分弱で仕上がります。

組立の終わった台車は本来別の作業工程に移します。

クレーンで持ち上げられた台車、見学者に普段見ることとの出来ない裏側を見えるようにしてくれました。

その他の催し物は他のサイト等でご覧頂ければと思います。

購入した鉄道部品・グッズ

気合いを入れて並んだのですが大したものはなくガラクタばかり。
その中でも気に入ったこの2つを買いました。
(・○・)リレー号の案内札。新幹線の絵が気に入ったので購入。
速度計は255系で使用されたもの。模型用で使おうと思い購入。
(・○・)リレー号は1500円、速度計は1000円でした。

東京総合車両センター社員の方によるモケット販売、今年もありました。

なんと201系のモケットが販売されていたので即購入。
大きくて四角いのが300円、あとは100~200円。
これを入手できただけでも201系マニアには大きな収穫です。

去年販売された新四季彩のモケットとの比較。

今年のものは一回り大きく46cm×66cm(+6cm)でした。

■ONDA201様のサイトでも東京総合車両センター公開の様子を記事にしています。
201系のブログ

上記サイトへはトラックバック送信させていただきました。

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 201系雑記帳 2点追加 | トップ | 201系撮影オフ会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東京総合車両センター (モハ201)
2006-08-28 15:43:28
局長さま、こんにちわ。今年は展示用の201系がなくて残念ですね。

東京総合車両センターに行ってモケット販売を探してましたがなかなか見つかりませんでした。来年も201系のモケット販売があるといいですね。

私も速度計を買ってきました。
物足りない、、、 (西東京鉄道管理局)
2006-08-28 18:17:14
モハ201様こんにちは。

去年もそうですが201系は旧型車ということで表には出さないのでしょうか。かなり物足りないです、個人的に。

数年前は201系の運転席で記念撮影がありとても楽しめました。

モケット販売、来年も狙っています。何が出るかはお楽しみでしょう。

速度計、何を買われたのでしょうか?

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
東京総合車両センター公開 (201系のブログ)
昨夜からの雨でだいぶ気温が下がり、これなら何とかなりそう、ということで出かけてきました。 いつものことながら宿題がたくさん溜まっているので、10時開場ですがかなり早く出発です。 △今年は上野発で運転されたあいづ号を赤羽で撮影。 赤羽ではまた雨が降 ...