広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夢の超特急弁当

2010年01月15日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など
 現在新宿の某百貨店で開催されている駅弁大会.先日友人がその会場にいるとメールが来たので「買ってきて!」とお願いした.それがこれ.
 
 0系を模した容器の『0系新幹線 夢の超特急弁当』.容器は陶器で出来ていて丸い鼻と瞳がとってもかわいい.外箱の謳い文句に『陶器でできた かっこいい0系のお弁当だよ!』とありますが,どこから見ても「かっこいい」じゃなく「かわいい」です.特に蓋部に描かれた正面イラストは丸々して最高のかわいさ.
 お弁当の中身はちらし寿司で0系の走る山陽区間の特産物(?)がちりばめられている.容器がとても小さいため,量が少なく子供向けのお弁当といった感じ.

 食べ終えた容器は洗ってディスプレイも可能で,外箱が台座になる仕様.かわいい小物入れにもなるので永久保存は確実なアイテム.
 写真は0系弁当に入ったTOMIXの「さよなら0系ひかり」.
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

最近の掲載誌から

2009年08月27日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など
 今更ですが,先月と今月に発売された鉄道誌の中から記事や写真が掲載されたものをご紹介します.

■j-train No.35 [イカロス出版]

 現業の方からも評判の良い『j-train(Jトレイン)』.季刊誌ということもあって内容の濃い仕上がりが良いようです.
 今回は1ページ割いて頂き201系『四季彩』の最後の活躍を纏めました.
 普通に運転の記録を纏めても他誌との差別化が図れないため,『四季彩』の方向幕を前面及び側面を全て掲載し資料としての価値も付加してみました.イラストの掲載も比較的融通が利くので新旧塗色を並べて掲載しました.
 余談になりますが,方向幕と言えば先日開催された東京総合車両センター公開で前面・側面方向幕がオークションで販売されました.落札金額は各方面で書かれているので敢えて書きませんが,とんでもない金額です.
 オークション対象になったため元々買う気はありません(一般人には無理)でしたので,家族や仲間で楽しめて(?)使える座席を頑張って入手しました.
 『四季彩』方向幕に関しては「201系資料館」で今回掲載した写真を元に掲載したいと思っています.(忘れた頃に更新します…)

j-train No.35
 発売日:2009年8月21日 価格1200円

■鉄道ピクトリアル 2009年10月号 [電気車研究会]
 

 2006年の「201系・203系」特集以来お付き合いさせて頂いてる鉄道雑誌の老舗.2007年の11月号辺りから月刊誌については皆勤賞で掲載して頂いています.
 担当してくださる副編集長様とは本題そっちのけで201系や京葉線の話題で結構長電話する事も少なくありません.

 さて今月号では「JR東日本201系2009年上半期の動向」として2ページ掲載しています.j-trainでは『四季彩』のみとしましたが,こちらではJR東日本の201系という括りで纏めています.大体半年に1度のペースで201系の大まかな動きを記録として書かせて頂いています.
 内容的には『四季彩』の動きがメインですが,京葉線201系の廃車状況も再度簡単に纏めてあります.ちなみに豊田車両センターH4と京葉車両センターK3+53のクーラ換装については原稿提出後だったので掲載出来ませんでした.これに関しては「下半期」で纏めるようになると思います.

鉄道ピクトリアル 2009年10月号
 発売日:2009年8月21日 価格890円

■鉄道利用術 -素朴な疑問101連発!-  [イカロス出版](書籍)
 

 2007年12月に発売した『E231/E233 Hyper Detail』以来関わるようになったイカロス出版.その『E231/E233 Hyper Detail』では中央線のE233系を20ページ程度担当させて頂き,その繋がりで『j-train』も中央線系統のE233系について記事などを掲載しました.
 そして今年5月に編集担当者から電話で「E233系と信号について書いて欲しい」と依頼がありました.それがこの本です.
 内容的には鉄道を詳しく知らない人へ鉄道への理解を深める本という位置づけとのことなので,従来執筆してきた『j-train』や『鉄道ピクトリアル』を一般向けに噛み砕いた表現が必要とされました.
 それと予め文字数がシビアに決められてたので,一旦書き上げた原稿を制限数に減らす作業があって執筆に手間取りました.
 
 一応鉄道素人の方が読んでも理解できるようにはなっているはずです.一般向けと言えば『monoマガジン』でも大分苦労した記憶があります.あっちは本当に一般向け雑誌だったので何度もリライトしました.

鉄道利用術 -素朴な疑問101連発!-
 発売日:2009年7月18日 価格1700円
 この本の中では…
>Question70
 「首都圏の最新鋭電車E233系になって変わったこと教えて!」
>Question69
 「電車の自動放送ってどうやって行われているの?」
>Columm
 「レールにも電流が流れている」
の3点を担当させて頂きました.書店で手にする機会があればご一読頂けると嬉しく思います.

■JR普通列車年鑑 2009-2010 [イカロス出版]
 

 この本もイカロス出版から発売になったものです.本誌は「JR特急車両年鑑」と共に年に各1冊のペースで発売しています.

 前回は関わることが出来なかったのですが,今回は何枚か掲載しています.

 JR東日本の201系は当然のように自分の写真が採用されました.ありがたいことです.
 どうも編集担当者様には「東日本201系と豊田車両センターE233系」=「自分の担当」になっているようです.
 このほかにも115系スカ色,E217系,209系Muetrain,キハE200なども採用されてます.これら全ては201系撮影のついでに撮ったものばかりです.

JR普通列車年鑑 2009-2010
 発売日:2009年7月21日 価格1800円
 
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.

この記事をはてなブックマークに追加

パノラマ鉄道カードガム 他

2009年06月05日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など
 某大手スーパーで販売されていたモノです.
「パノラマ鉄道カードガム」
いわゆる食玩の一種です.14cm×5cmのカードが1枚とみかん味ガムが入っています.パッケージにあるように全25種類でありますが,ラインナップに注目.

『201系中央線』

一昔前はラインナップに201系があることなど考えられなかったのですが,やはり引退間近で注目されているからでしょう.複雑な心境です.

 201系が出るまで頑張りました.201系が出たときに買ったのは計5個で,その際欲しかったもう一形式『0系新幹線』.偶然201系と一緒に出たのでとても良い気分でした.
 
 全25種類のうち10種類が『SPカード』と称したメタリック仕様の豪華版になっています.0系新幹線はSPカードで他には『寝台特急富士・はやぶさ』『EF55-1』『489系』などが設定されています.通常のカードは裏面に車両の簡単な解説が書いてありますが,SPカードは透明のシートに若干ラメの入ってた仕様なので裏面には解説はありません.(201系の解説,「近郊型電車」になっていますが…)

 ラインナップの中にはE233系中央線と京浜東北線も.出来ればこれも欲しいところです.

 ついでに富士急のグッズを

 4月18日から富士急行でリバイバルカラーと称し1200形1編成が塗装変更されて運行されています.近いうちに別の塗色も登場する予定になって目が離せない路線です.

 さて,このリバイバル塗色の1200形.イメージイラストがあまりにも似合いすぎていて格好良かったため,運行開始初日に取材に行きました.帰宅後ブログを更新しようしましたが力尽きて更新出来ず.以降タイミングを逃しブログでの掲載をしていませんでした.この写真は4月18日に三つ峠~寿間で撮影したもので,5月21日発売の鉄道ピクトリアルのTOPICに掲載しています.

 富士急では結構撮影して回ったのですが,その際駅で『フジサン特急グッズ』を仕入れてきました.
 
 フジサンキャラの金太郎飴とステッカー.飴は数種類のキャラを上手く表現しています.(西武30000系の飴には色々な意味で敵わないけど)
 シールはフジサン全キャラは網羅していませんが特徴的で面白いもの用意されています.キャラの名称も解るので見ているだけで面白いです.

 定規は2種類.車両側面を印刷したタイプです.派手なラッピングの車体が描かれ異様な定規ですが,飴とシールのインパクトが強いので定規は至って普通に見えます.
★このブログやHPに関するコメント等はメールフォームか簡易意見箱へ.


この記事をはてなブックマークに追加

j-train,ピクトリアル…2月発売の雑誌

2009年02月20日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など

 2月発売の鉄道雑誌が入手できたので簡単にご紹介.

 今月はイカロス出版からは季刊のj-trainと隔月刊のNが発売されています.その他にMOOK2冊が手元にあります.

j-train(イカロス出版・季刊)

 今回の特集は旧型客車で懐かしい時代の写真や資料の他に現存する車両について紹介されています.前号から開始したHOゲージ鉄道模型車両加工も旧型客車を題材とし,臨時急行アルプスの再現をしています.
 不定期で連載を開始した「首都圏に残る国鉄鋼製車両」シリーズとして第1回は『通勤形電車201系』を取り上げています.この特集は私が係わらせて頂きましたので,このブログをご覧になっている方には是非目を通して頂きたいと思っています.

定価1,200円

鉄道ピクトリアル(電気車研究会)

 特集は今鉄道ファンの間で最も熱い「夜行列車」です.3月の改正で消える『富士・はやぶさ』のブルートレインがその最たるものだと思います.
ブルートレインに限らず夜行列車全般をピクトリアルらしく過去の貴重な写真を交えて構成されています.
このピクトリアルでも1ページを頂き京葉線201系に関する動きを簡単にまとめています.その他四季彩と青梅線終夜臨の話題も掲載させて頂きました.

定価890円

ブルトレ興亡録(イカロス出版・MOOK)

 ピクトリアルの特集が夜行列車全般に対してこの本は『ブルートレイン(寝台列車)』に特化した1冊です.鉄道ファンの多くがあこがれたブルートレインについて登場から現在までを纏めたもので,寝台列車を懐かしむには最適な一冊となりそうです.

定価1,800円(1,741円+税)

実録 鉄道連隊(イカロス出版・MOOK)

 この本に関しては敢えて何も言いませんので,タイトルを見て「これはっ!」と思った方は是非購入することをお勧めします.若干値段が高いですが,資料的な価値はピカイチだと思います.

定価2,900円(2,762円+税)

N.【エヌ】(イカロス出版・隔月刊)
 
 鉄道模型のNゲージのみを扱う専門誌.連載している「検証。」や「模型細評」は結構おもしろく見ることが出来ます.その他に特定列車の旧客編成を取り上げた「旧客礼賛」やウェザリングで模型を実感的に変える「匠の妙技」は個人的には気に入っている連載です.
定価1,200円


 その他鉄道雑誌については入手していないのですが,RF誌が209系特集で方向幕全掲載をやっているようです.201系の二番煎じ的な感じもしますが,この手のものはどんどん掲載されると資料的な価値が上がるので良いことだと思います.


この記事をはてなブックマークに追加

お茶のオマケ

2009年02月18日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など
 コンビニエンスストアのファミリーマートで鉄道博物館の展示車両を題材にしたヴィネットがペットボトルのお茶にオマケとして付いています.
  
 全5種類で,鉄道博物館の代表車両とも言える5形式を活躍した当時の情景と共にヴィネット化しています.多少塗装が荒さも目立ちますが,このオマケだけでも十分に食玩として売れそうな出来映えなのでお茶のオマケとしては文句ないと思います.
C57蒸気機関車

20系ブルートレイン「あさかぜ」

485系特急「ひばり」

101系中央線快速電車

0系新幹線

この記事をはてなブックマークに追加

201系のオリジナルなキーホルダ とか

2008年12月08日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など

 またオリジナルなキーホルダを製作しました.
 
 今回はJR駅名シリーズの物と以前と同じ細長いタイプの2種類です.前者のサイズは丁度201系中央線用の電照式ヘッドマークとピッタリだったので「特別快速」「ホリデー快速おくたま」で,後者大鉄のクハ201-63で大変お世話になっている方から依頼されて製作した物です.

 以前西武駅名キーホルダの台紙(中身)を交換して
オリジナル201系キーホルダを製作しましたが,お願いしていた0系グッズの受け渡しも兼ねて,10月25日の鉄道博物館四季彩運転の際現地で久しぶりにお会いした関西在住くまねこ氏が欲しいと仰ったので差し上げました. 
 その際くまねこ氏は関西地区で発売したドリンクのオマケストラップをフルコンプで頂きました.
  
 左がドリンクのオマケとして付属していたヘッドマークストラップ.立派な包装がしてあるのが関西のもので,右上にあるほぼむき出しなのが関東で出回った物.関西はペットボトルドリンクで,関東は缶コーヒー(キャップの中に付属)だった為の差異です.
 右の写真は0系引退に伴い発売された各種グッズでチョロQで,ハンドタオル付きの商品です.(右上に写る丸いヒヨコは鉄博で購入したもの)関東では通販等で入手する以外ないのでくまねこ氏のご厚意には大変感謝しております.

■くまねこ氏HP
 くまねこはうす(http://s-liner.hp.infoseek.co.jp/)

 その後くまねこ氏より「クハ201-63」が欲しいと言うことなので新たに製作した物がトップの写真に写っているキーホルダです.裏面は….
 くまねこ氏には0系Bトレインを購入して頂いているのでこちらも近いうちに紹介出来ると思います.


この記事をはてなブックマークに追加

カードダスありがとうございました

2008年10月22日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など


 以前の記事で鉄道のカードダスについて取り上げました(鉄道のカードダス2008-9-1)が,その際独り言で「新幹線0系」と「281系はるか」が欲しいけど断念していたのですが,なんと親切なこのブログの読者様よりこの2枚を頂きました.
 諦めていただけにお話を頂いたとき非常に嬉しく思いました.カードを提供して頂いた読者様にはこの場にて改めて御礼申し上げます.
 この読者様は当ブログを楽しみにご覧頂いているとの事で,今後もご期待に添えるよう更新していきたいと思っておりますので,今後ともよろしくお願いします.


 話は変わって,今月20日から西武の駅売店で「西武鉄道グッズ」の販売が開始され,今までイベント等でしか入手できなかったグッズが手軽に手に入れることが可能になりました.販売品目は文具セットやチョロQ,それとキーホルダーなどのようです.
 会社の先輩が早速キーホルダーを買ってきて1個頂きました.キーホルダーは側面行先表示を再現したものです.
 
 写真を見ての通り中身を201系にしました.
 最初は両面同じ表示で芸がないなぁと思っていて「中身替えられないかなぁ…」と考え,早速ばらしました.

 で,中身をモハ201の側面イラストと車両番号にしました.
 
 最近は201系グッズも多く販売され,一昔前の何もない状態から見れば夢のようなラインナップ.しかし一部のグッズで車両番号のフォントエラーなどがあり,殆ど買っていないのが現状です.このタイプのキーホルダーなら自分の納得できるものが作成できるので一先ず満足しています.
 


この記事をはてなブックマークに追加

鉄道のカードダス

2008年09月01日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など

 201系がラインナップされているので頑張って出るまでやってみたが,なかなかお目当ては出てこない.別段欲しくない車両のカードは平気で3枚とかダブる(被る)始末(←お約束)

 写真は集めたカードの一部.ダブったものは除外してある.ダブりはこれの半分ぐらいある.

 カードダスの存在は知っているものの,今まで縁のない生活をしていたため今回発売していた鉄道のが初めて買ったもの.この鉄道カードダスは新幹線から蒸気機関車まで55種類ある.その内10種類はレアカードで,金メッキの箔押ししてある所謂『キラカード』.
 
 自分の欲しいカードは『201系』と『281系はるか』それと『新幹線0系』.

 でも結局281系と0系は出てこなかった.いい加減相当な額をつぎ込んだし,最重要の201系が出たので打ち止めにした.0系はレアカードで箔押しした新幹線ロゴが魅力的だったので欲しかったが281系共々断念した.


 これがお目当ての201系

 当然最もメージャーな中央線なのだが,差込式ヘッドマーク・スカート無しのJR化後割とすぐの写真が使用されている.普通に考えれば電照式ヘッドマーク・スカート付きの現行仕様だと思っていたのでだったので正直驚いた.

 カードダス自体は子供向けであろうから写真の選定としては芳しくないと思うが,自分的には大歓迎.少し鋭い子供なら「今走ってる中央線の201系と顔が違う」ときっと気づくと思う.

 カードダスなので当然カードゲームをするわけだが,その対戦方法は『最高速度』『先頭車両定員』『先頭車両長』『先頭車両自重』『運行開始(年)』の5項目から一つ選び,互いのカードで数値の高い方が勝ちというルールのようだ.生憎自分は対戦相手も対戦する気もないので 単なるカードコレクションになった.
 
 そのほかJR北海道の『DMV』やJR東日本の『EF55』などもあり結構マニアックなラインナップ.ちなみにJR西日本『大阪環状線103系』もあり,レアカード設定になっている.

TOP TRUMPS - TRAIN
http://www.carddas.com/toptrumps/jr/product.html


この記事をはてなブックマークに追加

イカロス出版「直流電気機関車EF65」「新幹線EX」

2008年07月16日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など

 イカロス出版からj-train編集で「直流電気機関車EF65」が7月18日に発売されます.一足早く手に入ったのでご紹介.
 3月にJR貨物のEF65 535が離脱,JR東日本のPトップことEF65 501が美しい姿で全検出場するなど注目される機関車のEF65.そのEF65全般を一冊にまとめた本で,資料的ビジュアル的に価値の高い本です.編集部の方によれば「E231/E233 Hyper Detail」に匹敵する編集作業の大変だった一冊だそうです.これだけの内容ならそれも頷けます.
 歴史,メカニズム,バリエーションなどEF65の魅力が網羅.またj-trainならではの現場の方のインタビューも多数掲載されています.価格は2500円と高いですが,それなりの価値はあると思います.
>直流電気機関車 EF65

 EF65のうしろに隠れているのは唯一「新幹線」をメインにした鉄道趣味誌の「新幹線EX(エクスプローラ)」こちらも今月発売です.刊行当初は新幹線だけで雑誌を作り続けるのは無理じゃないか言われていたそうです.(編集者談)しかし今回で第8号となり,結構順調です.内容も現場インタビューをはじめメカニズム解説,駅弁や新幹線に関わる玩具まで多岐にわたり新幹線好きには非常に楽しめる雑誌になっています.
 この「新幹線EX」の特徴としては購読層に女性が多いということ.日本の鉄道最高峰「新幹線」の魅力は性別を問わないようです.
>新幹線エクスプローラ Vol.8


この記事をはてなブックマークに追加

形式201系

2008年06月24日 | 鉄玩,駅弁,雑誌など

 おそらく当ブログご覧の方なら手にとっていただいたと思いますが,先週末に発売になったイカロス出版の形式シリーズ「形式201系」です.
 
 ありがたいことに私の写真を表紙に使っていただきました.でも中身は一切ノータッチ.
 この形式シリーズは,模型製作の資料的にも有用で重宝しています.特に今回は登場して間もない時期の形式写真が多数あって,時期によるチョッパ制御装置の塗り方などは参考になります.
 
 ちょっと値段ははりますが,無駄にはならない一冊だと思いますので是非お手元に.
  

この記事をはてなブックマークに追加