試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

国鉄101系津田沼電車区115F 3+7編成 ※クモハ101-144,クモハ100-174 車両更新

2016-09-19 21:35:13 | 国鉄/JR101系出場:総武・中央線
最終章。

KATO製101系ツヌ115Fがクモハ101-144,クモハ100-174の車両更新を終え再出場した。
両先頭車が旧製品から再生産品へ置き換わり前面見附は大幅に向上している。




国鉄101系ツヌ115F (1979/3)。
ツヌ115F:Mc144-M'120-T'c12+Tc10-M241-M'234-T274-T101-M236-M'c174

プロトタイプは1979年3月から変更しなかった。
サハ101形200番代用床板は元ツヌ118Fのツヌ113F化で1両分だけ捻出できる。
だが編成増備用に確保する必要があり転用できない。
そのため先頭車の車両更新のみに留めている。

編成の特徴は引き続きクハ100-12電装準備車となる。
中野区も含めて総武線用クハ100形電装準備車は配置そのものが少なかった。
クハ100形は24両の製造を以て電装準備が廃されており電装準備車自体が少数派だった。
車歴表を参照すると正式配置車両はクハ100-7,10,11,12,14,19の6両に留まっていた。
このうち津田沼区への配置車両はクハ100-12のみで貴重な存在だったと言える。


モハ100-120+クハ100-12。

クハ100-12は晩年にパンタグラフ歩み板が撤去された。
これに倣い一時歩み板を撤去した屋根板に交換した。
その後カノ13Fとの対比や希少度を高めるため原形に復している。
廃車は1980年3月21日付でプロトタイプを考えると歩み板に限ればイメージ編成になると思う。

行先表示類は[13C 西船橋]から[09C 津田沼]へ改めた。
JR仕様と分けて行先均等化を図ろうとしたところ国鉄仕様では黄色5号の[津田沼]が存在していなかった。
101系国鉄仕様の[津田沼]はツヌ131F(青22号混色編成)のみだった。
ツヌ118F回着時に[津田沼]が確定していたのはこのためである。


国鉄仕様唯一の[津田沼]だったツヌ131F(浦和区借入車組込)。

クハ100-12という特殊性を除けば応用の利く非冷房車編成でLP411前照灯化改造車と離合させても強引な感じは薄い。
敢えて歩み板を復活させたため離合にはカノ13Fが一番相応しいとは思う。
カノ13F(1978/3)にサハ100-17が組み込まれていなければクハ100-12の歩み板は撤去されたままだっただろう。


サハ101-230+サハ100-17 (カノ13F)。

1979年3月グループは勢力を縮小したがまだ5編成を占めている。
離合に齟齬の無い編成が比較的多くツヌ115Fの持ち味になる。
ちょうど第二次冷房改造車が配置されていた時期に当たり3編成が所属している。
短期間で消滅した中野区,津田沼区の第二次冷房改造車だが初期出場編成の基本データに含まれていたのは幸いだった。


カノ1F,ツヌ115F。

カノ1F(1979/3)は元ツヌ113Fを改番し中野区へ転属させた。
ツヌ123F(第二次冷房改造車組込)との対比で旧製品車体のまま存置させる事が決定している。
応用が利くため再生産品車体化されたツヌ115Fとは対照的な編成になった。

KATO製101系先頭車は塗装変更車登場まで旧製品で占められてきた。
8編成目までが旧製品で回着しその大半がLP402前照灯で出場した。
現在は車両更新,LP411前照灯化が進み旧製品+LP402前照灯で残る編成はツヌ116F,カノ1Fの2編成まで激減している。
他旧製品編成は片側若しくは両先頭車をLP411前照灯化し錯覚による見附向上を終えた。
ツヌ116F,カノ1Fは原形を存置する方針で車両更新はツヌ115Fを以て打ち切りとなる。
クモハ100形のみ旧製品で残るツヌ131F,ツヌ133F,カノ13Fも特殊な編成で更新予定は無い。


ツヌ133F(池袋区借入車組込:行先表示運転室内掲示)。


カノ13F(初期形制御電動車)。

仮に車体更新を行う場合には所要形式がクモハ100形に集中する。
ツヌ118Fの新旧LOTを1編成ずつ増備しないと対処出来ないため手詰まりになった。
その点をカバーしたのが旧製品のLP411前照灯化だった。
メイクアップパーツ3のLP411塗装変更といういんちきもありツヌ102F,ツヌ107Fは先頭車が旧製品のまま生き残っている。


ツヌ115Fサイドビュー(クモハ101-144:車両更新)。

国鉄仕様はATS-B形車上子付胴受を取付けていない編成が大半を占めるためツヌ115Fの運転台下部はやや物足りなく映る。
これは車両更新前から変わらない点で仕方がないだろう。

旧製品先頭車の車両更新がツヌ115Fの入場目的だった。
見附向上以外の収穫は印刷消去痕縮小とインレタ転写という意外な展開になった。
何れも今後が勝負でどうなるかは微妙である。
ツヌ115Fの車体更新が技量向上の切っ掛けになる事を願っている。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« クモハ101-144[ツヌ115F] 車... | TOP | JR101系習志野電車区107F 4+6... »

post a comment

Recent Entries | 国鉄/JR101系出場:総武・中央線