試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

クモハ101-148[ラシ105F] JRマーク転写,防護無線アンテナ取付,ATS-B形車上子付胴受化,行先方向幕交換

2017-04-05 21:13:20 | 国鉄/JR101系
切替。

KATO製101系ラシ105F出場に向けクモハ101-148(ツヌ105F)を入場させた。
クモハ100-160(ラシ105F)では前面用JRマークインレタ転写が不調に終わった。
中2日を開けた効果があるか不安を抱いたまま作業に入っている。


国鉄101系クモハ101-148(ツヌ105F)。

クモハ101-148がツヌ101Fと重複すると思わず保留車のプロトタイプはツヌ105Fでほぼ確定していた。
別編成をプロトタイプにしていれば今回のドタバタは生じなかったはずである。
ツヌ105FはJRへ承継された編成でもあり仕様変更が容易だったのは不幸中の幸いと言えよう。
JR仕様化はクモハ100-160と同一手順を踏む。


入工中のクモハ101-148(ツヌ105F)。

手間を要する工程はKATO製防護無線アンテナ取付のみで他は軽度な細工に留まる。
クモハ101-148はラシ105F最終入場車で入場待ち車が存在しないため焦らず作業を進めるよう心掛けた。
クモハ100-160同様ATS-B形車上子付ダミーカプラー化から開始した。
101系は片栓構造で偶数向,奇数向の前面配管引き通しが異なる。
先にクモハ100-160のATS-B形車上子付ダミーカプラー化を行っており混同する心配は無い。
ここは平行入場させなくて良かった点になった。


配管が引き立つATS-B形車上子付ダミーカプラー。

この際表示器用プリズムへの色挿しをやり直している。
点灯試験では特に不満は抱かなかった。
ところが改めてプリズム先端を確認すると色斑が生じていた。
紙用マッキーのインクが均一になるよう修正を施した。
一度湿らせたティッシュペーパーでインクを除去し再度一重塗りを行っている。
修正し易さは水性インクの強味だろう。


防護無線アンテナ取付孔を設けた屋根板。

KATO製防護無線アンテナ取付孔はTOMIX製103系High-Grade製品付属の開孔治具を使用した。
これが無ければ永遠に接着剤頼みになっていたと思う。
ベンチレーター径が僅かに異なるため開孔治具はマスキングテープで固定している。
アンテナを開孔取付に変更してから中央取りの手間が廃された。
安定度も接着剤式を上回り現状では満足している。




防護無線アンテナを取り付けたクモハ101-148。

国鉄末期に見られた防護無線アンテナ取付車も所有車には無い表情で捨て難い。
JR仕様編成はクモハ101形,クモハ100形の増備で対応可能ではある。
しかし各編成とも出自がばらばらでユニット間の見附を揃える手間が掛かる。
加えてLP411前照灯が尽きたためメイクアップパーツ3のLP411を黄色5号化しなければならない。
暫くは国鉄仕様:防護無線アンテナ未搭載で推移するだろう。


JRマーク転写に備え撤去されたホース付ジャンパ栓納め。

残すはJRマークインレタ転写となる。
クモハ101形はジャンパ栓納めを有する。
そのため切り出したインレタ台紙をセロハンテープで止める面積が限られてしまう。
初回入場時にホース付ジャンパ栓納めを溶着しなかったのは転写難易度を下げる目的だった。
クモハ101-148の重複に気付かなければ狭隘な箇所への転写となり苦戦したと思われる。




JRマークを転写したクモハ101-148(ツヌ105F→ラシ105F)。

クモハ100-160では前面JRマークの左下がりがどうやっても修正できなかった。
2日開けた効果はあったらしくクモハ101-148では一度で転写を済ませている。
相変わらず前面用はTOMIX製旧インレタを使用している。
かなり古い製品で耐久性に不安があり今後剥離する可能性がある。
ただ色温度はTOMIX製旧インレタの方に馴染みがありぎりぎりまで使用したい。
なおホース付ジャンパ栓納めは撤去時にホースの黒印刷が剥がれ新品と交換した。
旧LOT品はかなり消費が進んだものの今後の出場予定を考えると起用しても問題ないと思えた。
万が一不足した場合には今回塗装が剥離したジャンパ栓納めを補修し再用する。
現行LOTは色温度差が気になりいまいち使う気にはなれない。




JRマークを再転写したクモハ100-160(ラシ105F)。

クモハ101-148が一発転写だったため前面用JRマークに少し余裕が出来た。
編成前後での統一を目指しクモハ100-160を入場させJRマークを再転写している。
左下がりのJRマークはセロハンテープで跡形も無く剥離出来た。
インレタは乾燥剤を入れ密封しているが劣化は隠せない。
取扱いには十分に注意を払った方が良いだろう。
転写は一発で決まり苦戦した前回入場が嘘のようだった。
3度やり直しても修正できなかった原因は判らない。




クモハ100-160+クモハ101-148 (ラシ105F)。

クモハ101-148,クモハ100-160共にJR仕様化を終え竣工した。
ツヌ105F時代と大きく変化した訳ではないが印象は大幅に異なる。
ATS-B形車上子付ダミーカプラー化も効果を発揮していると思う。

2016年11月の保留車発生から端を発した編成化は無事終着点を迎えられる。
KATO製101系保留車を解消する意地は通せた。
ラシ104Fの車体更新が加わり迂回したがどうにかラシ105F出場に辿り着いた。
初めからプロトタイプをラシ105Fにしていればまた違う進展になっていたと思われる。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« クモハ100-160[ラシ105F] JR... | TOP | JR101系習志野電車区105F 4+6... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics