試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

京成3400形3401[3408F-3] 前期仕様 ※再生産品 スカート付TNカプラーSP化

2016-10-15 21:07:59 | 京成線
目前。

グリーンマックス製京成3400形3408F前期仕様リニューアル再生産品の第二次整備はTNカプラーSP不足により中断していた。
予期せぬ不足に陥らない様やや余裕を持たせてTNカプラーSPを補充した。
価格の壁があり一気に増やせないのが辛いところである。


京成3400形3401 前期仕様(再生産品)。

3408(3408F-3)竣工からやや遅れて3401の整備に入った。
試行した半硬化済ゴム系接着剤によるスカート付TNカプラーSP化は3401入場までの間に安定する事が判った。
この点は皮肉ながらTNカプラーSP不足が幸いしたと言える。
少しでもスカートのずれを抑えるため引き続き3401でも採用する。


入工中の3401。

下廻りのTNカプラーSP化はあっと言う間に終了した。
非動力台車のカプラーポケット切断時に1軸取り外しているがようやくピボット式集電板にも馴れてきたらしい。
これまでピボット集電板式非動力台車への苦手意識があったが払拭出来たかもしれない。
3700形,3400形はS形ミンデン式台車だったことも味方したと思う。
ペデスタル式台車でも応用出来ると良いのだが。


スカート付TNカプラーSP化を待つ床板。

早くもスカート付TNカプラーSP化を残すだけになった。
車体と床板を嵌合させスカートの加工に移る。
3401のスカートも簡単にマウントと分離できた。
旧製品はもっときつかった気がする。
分解には有利だったが脱落しないか心配になる。
またマウントを見ると如何に厚さを有しているかよく判った。
少しでも薄くしていれば車体裾との隙間は狭く出来たと思える。
リニューアルのポイントは足廻りだけだったらしい。


マウントから分離させたスカート。

スカートの加工はボス切除のみで従来から変わらない。
ゴム系接着剤をトレーに盛りしばらく放置した。
爪楊枝で硬化進行を確認し線を引かなくなる程度になった時点でTNカプラーSPのジャンパ連結器部へ乗せた。
スカートは車体裾側を基準にTNカプラーSPへ押着している。
もう少しTNカプラーSPとの接触面を増やしたかったのが正直な感想である。
しかしスペーサーを設けると今後の再修正時に邪魔となる可能性があり今回は見送った。
床板湾曲の状況を見ながら今後追接するか判断したい。


3401+3408 (スカート付TNカプラーSP化)。

現物合わせのため3408と3401で若干スカート角度が異なっている。
これは旧製品から続く課題で腕が上がっていない証だと言える。
スペーサーを設ければ多少は誤差が減ると思う。
その際は3400形,3700形全編成の修正が必要になるためいまいち気が進まない。
誤差は残るものの原形に較べて格段に見附が向上した。
委細な差違には神経を尖らせなくてもいいだろう。




スカート周りの違和感が薄れた3401。

3408より3401の方が車体裾とスカートの隙間が狭くなった。
これはスカート取付角度によるもので方式は変わらない。
しかしTNカプラー用ボス部品の形状変化次第では同じになる可能性がある。
この点は3798Fと共に経過観察が必要だと思う。


3401 点灯試験[65K 特急 東成田 Higashi-Narita]:前照灯。


3408 点灯試験[65K 特急 東成田 Higashi-Narita]:尾灯。

点灯試験は問題なく終了した。
3408,3401は連結面側だけ台車を外したが旧製品で見られたグリスは塗布されていなかった。
運転台側の確認はしていないものの同仕様の可能性が高い。
新非動力車用床板もほぼメンテナンスフリーと考えて良いだろう。


3401 (登場時仕様,前期仕様)。

3408F旧製品はスカート撤去等を施し登場時仕様へ改めた。
再生産品でこの穴を埋める形になっている。
スカート設置が如何に前面見附を変化させる要因になったかがよく判ると言えよう。

3401の竣工で3408F-3はTNカプラーSP化だけを施す非動力中間車の入場を待つだけになった。
加工点が限られており3408F前期仕様リニューアル再生産品は出場の目処が立ったと言えるだろう。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« 京成3400形3408[3408F-3] 前... | TOP | 京成3400形3408F 前期仕様 ※... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics