試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

東京地下鉄05系05 140[40F] 13次車 TNカプラーSP前進取付試行

2017-06-19 21:10:25 | 5号東西線,営団線
突破。

グリーンマックス製東京地下鉄05系40FのTNカプラーSP装着試験は05440+05540で前進取付幅がほぼ定まった。
TR-200床板と車体の遊びは05140,05040(先頭車)にも存在する。
但し非動力中間車ほどではなくスペーサー取付を見送った。


東京地下鉄05系05140 13次車(40F)。

05140,05040にはスカートが装着されている。
車体と床板の嵌合は運転台側を基準に詰めた。
これは前面とスカートの位置関係を守るためである。
スペーサーこそ未取付だが修正に手間が掛からず特に不都合は感じていない。
問題は運転台側に寄せた幅だけ連結面側の床板がオフセットしていることにある。
TNカプラーSP前進取付方式を非動力中間車と同様に出来るか05140で装着試験を行う。


西船橋寄にKS-116を履く05540。

第二次TNカプラーSP装着試験を行った05440,05540のうちSS-167(SS-161)に復したのは05440のみとした。
05140のTNカプラーSP装着試験に備え05540はTNカプラーSP,KS-116のまま存置した。
非動力中間車の05540と同一構造の05240を敢えて試験対象に加える理由は無い。
無用な手間を省くため05140は05540との連結面比較となった。


入工中の05140。

自分にとって厄介な台車集電板を持つ05140だがTNカプラーSP装着にはKS-116への履き替えが必要になる。
台車締結ビスを外すとSS-167(SS-161)は集電板ごと脱落した。
しかしセンターピン部にはグリス溜まりがあり集電板スリットも茶色の物質で埋められている。
今回は細工したTNカプラーSP装着の検証を急ぐため特に措置を施さなかった。
40FのTNカプラーSP化が可能と判明した際には05040と共に整備対象としたい。


本採用を前提に固定したTNカプラーSP(05140)。

前進取付対応化したTNカプラーSPを05140用床板に取り付ける。
細工したTNカプラーSPは左右で逆L字形立ち上がり部の幅が若干異なっている。
遊びの残る床板への装着となるためTNカプラーSPは床板端部と平行を合わせる様気を付けた。
固定は相変わらずの両面テープだが取付位置だけは40FのTNカプラーSP化を考慮している。


05140,05540 (KATOカプラー)。

05140は無加工でKATOカプラー化した。
この時から僅かに連結器突出し長が非動力中間車と異なっていた。
しかし05340(動力車)程の差には至らず特別な措置は施さなかった。
TNカプラーSP装着後でも同程度の突出し長差異であれば問題ない。
車体と床板を嵌合し05540と比較した。


05140,05540 (TNカプラーSP化)。

その結果は納得できるものだった。
TNカプラーSP装着の平行を取った05140とアバウトに取り付けた05540では幅が違って当然である。
しかしその差は僅かで収まりKATOカプラー時代とほぼ変わらない。
同時に連結面間隔も非動力中間車とほぼ同等になると判った。


05140+05540 (先頭車+中間車:TNカプラーSP前進取付)。


05440+05540 (中間車+中間車:TNカプラーSP前進取付)。

05140と05540を連結させると予想通りの結果になった。
05440+05540に比べ05140のTNカプラーSPが引き込む分だけ連結面間隔が狭まる。
もし統一を図るならばTNカプラーSPの逆L字形立ち上がり部の幅を狭めればいい。
試験結果はKATOカプラーと同じもので現状を引き継ぐのであれば変更しなくても良いだろう。
検証作業を終え05140,05540はSS-167(SS-161)に戻っている。

今回の装着試験で基本的には05140,05040も同一方式で前進取付が可能との答が出た。
残るは05340(動力車)の装着試験である。
TNカプラーSP化とは別に動力ユニット更新も工程に加わるため非動力車の様には進められない。
20m級コアレスモーター搭載動力ユニットの投入は初となる。
車体との遊びがどの程度有するのかさえも判らない。
文字通り手探りでの作業となるが編成の中核となる05340だけに打開を目指す。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« 東京地下鉄05系05 440,05 540... | TOP | 東京地下鉄05系05 340[40F] 1... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics