試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

クハ103-779,790[ラシ320F] 側面窓セル補修 ※クハ103-779 TOMIX製103系旧製品初期LOT側面窓セル化

2016-10-18 21:15:07 | 国鉄/JR103系
老朽化。

TOMIX製,KATO製103系で混成されるラシ320Fは廃車体や余剰車体を寄せ集め出場した。
既に他車へ部品を供出した車両も複数存在し在籍する103系では一番状態の悪い編成である。
特にクハ103-779,790は側面窓セルのサッシ印刷がほぼ失われかけるほど劣化していた。


JR103系ラシ320F:Tc779-M579-M'735-[T330]-M555-M'711-[T331]-[M344]-[M'500]-Tc790(1997/7)。

TOMIX製103系旧製品クハ103-779の種車はジャンク品で回着した最終LOTだった。
前オーナーさんにより色挿しが施されていたためKATO製103系と組ませクハ103-763(ラシ305F)として竣工した。
その後車両更新でKATO製クハ103-763に代替されクハ103-291(ラシ326F-2:消滅)へ再改番した。


クハ103-779。

一方クハ103-790は青緑1号のクハ103-395が種車でTOMIX製103系旧製品では初期LOTに該当する。
当初クハ103-278(ミツ6F)として竣工したがやはり車両更新によりクハ103-292(ラシ326F-2)へ改番された。
ほぼ同時に余剰となったクハ103-291とはここから運命を共にすることになる。
各部色挿しを行いクハ103-291並の外観に近付けた。
初期塗装変更車で塗装レベルは低い。
これが仇となりクハ103-292時代に側面窓セルを他車へ供出し更に見窄らしさが増した。


クハ103-790。

ラシ326F-2は中間車をクハ103-791,791(→クハ103-291,292)と共用していた。
そのためラシ320F組成時に先頭車へ抜擢しクハ103-779,790へ改番され現在に至っている。
結果的に老朽部品を2両へ集約したため極端に状態の悪い車両になってしまった。
底辺の状態から脱出を目指し側面窓セルサッシに色挿しを行い少しでも見附向上を図る。


入工中のクハ103-779。

クハ103-779は窓セル交換こそ行ったものの最終LOTの透明な窓セルを有していた。
これをスモークガラス調の初期LOT窓セルへ交換する。
代替となる側面窓セルも年期物でサッシ印刷が剥げていた。
余り得意ではないサッシ色挿しだが交換するしないに関わらず必要な工程になる。
予備品が無く慎重にペイントマーカーでなぞった。


サッシ色挿しを終えた側面窓セル。

結果は色挿ししないよりまし程度の低レベルなものになった。
余りに慎重すぎてしっかりペン先が当たらなかったらしい。
それでもモールドだけという悲惨な状態からは脱出出来ている。


初期LOT窓セル化されたクハ103-779。

竣工以来最終LOT窓セルを使用し続けてきたが初めて初期LOTの窓セルに変わった。
TOMIX製103系旧製品は濃色窓セル車両が多数を占めておりこちらの方が見慣れた感じがする。
側面窓セルは妻面窓セルで押さえられるためLOT間の差違は気にしなくて済んでいる。




クハ103-779(窓セル交換,サッシ色挿)。

光線角度でサッシは変わりない様に見えるが実際には一応銀が入っている。
ただ窓セル自体を交換したためサッシ色挿しより初期LOT窓セル化の方が雰囲気を変える要素になってしまった。

続けてクハ103-790もサッシ色挿しを行う。
クハ103-790は初期LOT窓セルを装着しておりこのまま色挿しを行うだけになった。
これで失敗すると手の施しようが無くなるため更に慎重になり過ぎ色挿しはかなり甘くなってしまった。


入工中のクハ103-790。

中段サッシ印刷の劣化が激しかった上に初期LOT窓セルのためモールドが判り難かった。
何とか総て塗り直したものの一部は掠れた様な色挿しに終わっている。
元々印刷が失われていた事を考えれば多少ましになったが単独では劣化が進んだ車両にしか見えないのが残念である。




クハ103-790(サッシ色挿)。

もう少しくっきりとした線になってくれればまた違った雰囲気になったかもしれない。
ペイントマーカーに頼っている限りある程度ボーダーを下げる必要がある。
今回は腕都合で一定水準以上を求めなかった。
多少見窄らしさは解消されたがもう少し引き上げたかったのも事実である。
クハ103-779,790共に未更新車ながら側扉窓支持が金属押え面化されており銀が映えればそれなりの手応えを得られただろう。


サハ103-330(TOMIX製車体+KATO製床板)。

クハ103-779を初期LOT窓セル化したのは組成都合によるものである。
サハ103-330+モハ103-555+モハ102-711+サハ103-331はTOMIX製車体にKATO製床下を組み合わせ竣工した。
このうち前車3両が初期LOT窓セルを有しているためこれに揃えている。
サハ103-331は次位のモハ103-344がKATO製で緩衝役になっており編成から浮くことは無い。

サッシ色挿しを終えラシ320Fが出場したがまだ不満が残る。
中間車8両はKATO製103系の車体高に揃えており両端のクハ103形がこれを乱している。
旧クハ103-373の転用先次第では車両更新も有り得るかもしれない。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« 京成3400形3404[3408F-2] 登... | TOP | クハ103-278[ミツ6F] 車体更... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics