試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

京成3400形3405[3408F-3] 前期仕様 ※再生産品 TNカプラーSP化(コアレスモーター搭載動力ユニット加工)

2016-10-13 21:14:50 | 京成線
弱点。

グリーンマックス製京成3400形3408Fリニューアル再生産品(3408F-3)の第二次整備は動力車の3405から開始した。
コアレスモーター搭載動力ユニット化により動力車を優先入場させる必要は無くなった。
本来なら工程数の上回る3408,3401が入場するところを変更している。


京成3400形3405 前期仕様(動力車:再生産品)。

3408Fは前期仕様のため台車色がサックスブルーになっている。
これに合わせて新動力台車のギアボックスもサックスブルー化されていた。
ただ旧製品に比べてFS-383動力台車の見附に違和感がある。
避雷器取付時に引っ掛かり何がおかしいのか確認してみた。


3405+3404 (動力車+非動力車:再生産品)。


3408+3407 (非動力車+動力車:旧製品)。

旧製品の3407(3408F-1)と台車枠形状が異なるように見えた。
ところが形状ではなく構造上余計なものが目に入ってくる事が原因だった。
新動力台車は台車枠が別体式に変わり自由度が高まった。
その代わり成形色次第では台車枠取付ベースが違和感の元になる。
これは3796(3798F:再生産品)と3726(3728F:旧製品動力ユニット更新車)で抱いたFS-547動力台車の差異に近い。
成形色がサックスブルーになり更に深化したものと言えるだろう。
※3407(3408F-1)は暫定6両編成対応のため動力車化。


入工中の3405。

取り敢えずTNカプラーSP化を先行させ対策を練ることにした。
FS-383動力台車のTNカプラーSP対応化は3700形のFS-547(047)動力台車加工から変わっていない。
TNカプラー側の構造変更や使用品番が異なる場合以外は何も考えなくて良いだろう。


TNカプラーSP対応化を施したFS-383動力台車。

両台車ともカプラーポケットを切断しTNカプラーSPを取り付けた。
ここで一度仮組みし3407と比較した。
その結果設計変更による印象差が大きく出た。


3407+3405 (旧動力台車+新動力台車)。

旧動力台車はロアカバーと側梁が一体成形だった。
そのお陰で側梁には立体感があった。
一方新動力台車は台車枠別体化により取付ベースが垂直に設けられている。
FS-383の構造上ボルスタアンカー下部は暗い方が良い。
3405の新動力台車はギアボックスまでサックスブルーにした結果立体感が削がれてしまった。


FS-383台車枠を取り外した新動力台車。

再度FS-383動力台車を分解し暗くした方が良さそうな部分をマッキーで黒色に塗り潰してみる。
マッキーなら失敗しても剥離が容易でリスクは低い。
FS-383非動力台車を参考にサックスブルーの面積を減らした。
黒色化した箇所は台車枠取付ベース全面と台車枠の一部とした。
塗り潰しのため台車枠を取り外したが2点止めで類似構造のTOMYTEC製動力台車より着脱は容易だった。


一部を黒色化したFS-383台車枠,新動力台車。

取り敢えず試験的に色を挿したため雑な塗り潰しになったが効果を確認するにはこれで十分である。
一番肝心な箇所は台車枠取付ベース下部となる。
台車枠取付時にここに触れないよう気を付けながら台車を組み立てた。




3407+3405 (旧動力台車+新動力台車:見附変更)。

改めて3407と較べてみたところまずまずの効果を得られた。
これなら台車枠形状に違和感を抱かなくて済むだろう。
更に黒色化箇所も絞り込めた。
残る面も全て同様にマッキーで塗り潰した。
試験的に黒色化した一面も丁寧に塗り直している。


3407,3405 (旧動力台車,新動力台車)。

平面からでは旧動力台車もサックスブルーが目立つ。
しかし内側への絞込みが効果を発揮しこれを相殺していた。
一部を黒色化した新動力台車はマッキーを用いたこともあり不自然さが残る。
ただ違和感を払拭する当初の狙いは達成できたと思う。
と同時にコアレスモーター搭載動力ユニットの意外な弱点を発見できた。
今後製品版新動力台車整備時の参考としたい。




3405(TNカプラーSP化,動力台車見附変更)。

引っ掛かりが晴れ3405が竣工した。
この違和感はサックスブルーの台車色だからこそ抱いたものだった。
仮に3408F導入を見送っていれば気付けなかったかもしれない。

3408F-3でTNカプラーSP化以外の工程を組むのは3408,3401だけになった。
共にスカート付TNカプラーSP化が追加されるが既に3798Fで施工した内容である。
微調整と固着待があるものの手こずらせる項目ではないだろう。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« 京成3400形3408F 前期仕様 回... | TOP | 京成3400形3408[3408F-3] 前... »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics