源平合戦の史跡を訪ねて(源氏物語史跡)

『平清盛・源平合戦(神戸・屋島・下関・門司・北陸・滋賀県)』を主に、チョットだけ『源氏物語』の史跡も紹介しています。

源頼朝の史跡巡り5 真珠院

2017-07-14 02:33:57 | 頼朝史跡

この地に配流された頼朝は、1177年に地元の実力者である北条時政の娘:北条政子と結婚しました。しかし、その裏には、悲しい恋の物語がありました。



八重姫の悲恋物語

八重姫には、頼朝との間に生まれた子:千鶴丸がいました。


静堂  真珠院の中に八重姫供養堂があります




八重姫が身を投げた古川がそばを流れています
侍女たちは、八重姫を弔ったあと伊東に帰る途中で自害しました。






本堂 十三重の塔
八重姫を弔ったのが真珠院の始まりです



山門




真珠院  静岡県伊豆の国市中条145-2

(伊豆の国観光パンフレット)


『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源頼朝の史跡巡り4 蛭が島 | トップ | 源頼朝の史跡巡り6 北条政... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
八重姫 (しずか)
2017-09-12 10:48:35
ここは、一回目の訪問で訪ねることができなかったので、二回目に行きました。
八重姫の話はあまり知られていないかもしれませんね。
源平に関わった中で密かに散っていった女性の一人ですね。
Unknown (ラメール)
2017-09-12 11:49:51
しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

八重姫の話は、頼朝、政子が天下をとって
しまったので、封印されていた話なんでしょう。

政子の激しさがわかります。
この性格があったから、頼朝も武家の世を
確立できたのでしょう。

コメントを投稿

頼朝史跡」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。