とにかく赤ちゃんが欲しい

妊活もいろいろ。冷え性改善から簡単エクササイズで妊娠・出産するまでの記録ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妊娠力を向上させる食事と運動について

2016-12-24 | 日記
妊娠力を向上させるという面でも、やはりタバコやお酒の類は厳禁です。生理不順や排卵障害を引き起こすもとになる症例が結構あるのです。
今世紀初頭からここ日本でも、妊娠中における適量の葉酸摂取の必要性が言われるようになり、妊婦さんに渡される母子手帳の中にも、葉酸の摂取に関する内容が載るようになっています。

「食事バランス」「適切なエクササイズと可能な範囲で良質な睡眠」、「ストレスのためすぎを回避して暮らす」という心掛けは、妊活以外の点から見ても当然だと言えるでしょう。
ストレスが原因でなかなか妊娠できないという方も増加しています。しかし、過度の心配は逆効果!子宝に恵まれるには、気持ちを楽にして赤ちゃんを待ち望むという意識が必要です。
30歳を過ぎた辺りになると、年齢について気にし始めて、知人など、周りで子供を産む方が増加することもあって、それを契機に妊活をスタートさせる人が多くいらっしゃいます。
『仕事がうまくいったら赤ちゃんを作りたい』などと思ったとしましても、卵子は劣化してしまい、卵子の数も減るので、自然に子供を授かること自体が、奇跡とも言えるとお分かりいただけるでしょうか。
日本国内には、子宝、安産のご利益に与かれると評判の神社仏閣が相当数あるのです。どんな時代でも、女の人には重要な問題だったんですね。
当然ながら、喫煙というのは、ママの身体にとっても悪影響を及ぼしますし、赤ちゃんの成長を悪くする原因を作り、流産・早産が起きる原因としても、見過ごすことのできない影響があるとされております。

東洋医学においては、妊娠力を高める事を目的として、「腎」「肝」の働きを良くして、全ての病気の原因になる身体の冷えを修復することが不可欠なのです。
妊娠・出産というのは、タイミングが非常に大事なのですが、タイミングに合わせて体の準備ができていない状態だと、子宝には恵まれないという、最悪の展開になる場合もあるのです。
しっかりと眠る事は、日常生活でもかなり大切なものですが、睡眠をしっかりととって一定の生活をおくることと妊娠力を向上させることは、非常に関係があると聞きます。
加齢が進むことにより、卵子というのはさまざまな分野でその機能が不充分になって、これが元凶となって妊娠することが困難になってしまいます。卵子自体の老化が進むと、例えば体外受精といった不妊治療をしても、なかなか効果が現れなくなります。

妊活の時期のリフレッシュに、夫婦ご一緒に旅行でもしてみることをおすすめします。場合によっては神頼みというのも良いものです。子宝神社をお参りするついでに小旅行をして、気分的にも清々しくなりましょう。
実はアロマの中には、乱れた女性ホルモンのバランスを修復したりする働きのものがいくつもあるのです。例えばゼラニウムやイランイラン、ローズなどの精油を、アロマの時にちょっと取り入れみると良いでしょう。
妊娠しない理由が分からないなどという、現代医学では原因がはっきりしない不妊症は、「機能性不妊症」と呼ばれているのです。これらの種類の不妊症は、概ね1割ほどあるということです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 冷え性が危険な理由 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。