スイングマンの外言

一日の終わりに、お酒を飲みタバコを吸うと、頭の中にいろんな事が浮かんで来ます。でも次の朝には忘れているので・・・・

まさか!ザンネン

2017-03-19 12:06:54 | 日記

なんか、三月、まだ寒いのですが二輪がアクティブです。 硯上山(けんじょうさん)を目指しました。                                                   

 

 

                                                                                                                  

毎年、一回ぐらいは走る一番すきなコースの一つです。

 

 

石巻、稲井地区から雄勝に抜ける旧雄勝峠です、今は、北上(きたかみ)方面からトンネルを抜けるルートが一般的ですが、昔は、ここと、女川ルートぐらいだったでしょうか、砂利路の時代は峠四十キロのスピードで走って来たら命知らずと言われるほどの難所でしたが、それがオフライダーには魅力なのかも。

 

 

稲井、真野地区の一番奥の沢がは入り口です、

 

 

少し行くと右側に、お寺があります。

 

 

お彼岸ですので、お墓参りの人も来てました。

 

 

 

 

お寺を通過して、いよいよ峠道ですと、思いきや、なっなっ何と!

 

 

冬期間通行止めとは、想定外でした。

 

 

一般的に、冬季閉鎖と聞くと、奥羽山脈系をイメージするので、ここが閉鎖とは、まったくの想定外でした。あとわずかで閉鎖解除だったんですけどね。

 

 

しかたありません、今日は引き返す事にしますが、もう少し暖かくなったらもう一度来ようかと思います、頂上は、つつじ、が綺麗だったような、そんな季節にでも、  

ではまた・・・・VA・・・・E・・・・E・・・・END

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三陸道・北上(ほくじょう) | トップ | 角塔婆をつくりました。他、... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
近況です (cko/三島 )
2017-03-22 21:57:51
○○週間のご無沙汰です こんな言葉から始めた歌謡曲の司会者いましたね。玉置??とか。


此処のところのツウリングレポートは、自分が宮城県に在職中、通勤経路だったり、道に迷ってしまい焦ってしまった思い出がよみがえります。
三陸道は、2年ほど志津川まで通っておりました。その時は登米東和ICで経由か、桃生津山ICで降りて、南三陸町戸倉経由で志津川まで通っておりました。
当時はまだ三陸道は登米東和ICまでで、在宮城中の平成28年3月ごろ三滝堂が開通してましたが、まだ志津川ICまでは開通してませんでした。
今では志津川の先3kmに志津川海岸とかいうICが開通したそうですね。
段々と復興工事も進み、あのサンサン商店街も新しく出来たそうですね。仰る通りあそこは観光客目当てで昼食をとる場所としては、高価過ぎますよね。


ところで、無線の話題ですが、当局のノイズ対策に光明が見えました。

現在、7mzhでノイズレベルが9+から6まで落ちました。もう一息と思っています。

アンテナ直下にトロイダルコアーとパッチンコアの連結で給電してみました。

SWRも1:1近く落ちました。

7mhzをワッチしてると昼間7エリアが良く入っています。登米の局とも繋がりましたよ。

またレポートをさせて戴きますので、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。