JN4CKZ

移動運用予定と結果

滝アワード運用記

2016年10月14日 | 移動運用結果

2016.10.1から始まった日本の滝アワード

アワードマネージャーとして、活性化を目的に移動しました。10.1は、所用があって1600頃からの運用となりました。
選んだのは、山口県-06「錦鶏の滝」です。9.28に下見に行き運用場所を確認していたのでスムーズに駐車場に入れました。

夕方ということもあって、貸し切りでした。ただ、山に近くロケーションは良くありません。それでも、逆Vアンテナを展張し、71局と交信が出来ました。

スタート初日にしては、大変な賑わいで喜んでおります。このQSLカードは、交信いただいた局に今月末発送します。

 

2回目は、10.6に山口県-05「鼓の滝」に移動

ここの滝は、イチョウの紅葉で有名な龍蔵寺の境内にある滝です。滝を見るには、300円の拝観料が必要です。

当初、駐車場でQRVの予定でしたが狭く、逆Vの展張が困難な状況また、駐車場も混雑していましたので30m下の空き地でQRVしました。
途中、土地の所有者の方が来られましたので挨拶をし、事情を説明すると快くお借りすることが出来ました。1600から75局と交信が出来ました。

この1週間は、リストの訂正や、規約の問い合わせなどの対応で、大忙し、QRVの余裕は、ありませんでした。

不備だらけで大変ご迷惑をお掛けしました。

 

3回目は、10.7は、山口県-09「淵ヶ平の滝」に移動

この滝は、当局の生まれ育った旧旭村佐々並にある滝ですが、このアワードを始めるまで知りませんでした。
道の駅「あさひ」の南側の高台広場から滝へのルートがあります。遊歩道が整備されており、容易にたどり着くことが出来ます。
時間的には、徒歩10分です。

今回は、1400頃からQRVし、途中で、メンバーであるJK4VVU局と空で合流し、2元的に運用しました。96局と交信することが出来ました。

 

4回目は、10.12 山口県-04「鳴滝」に移動

この滝は、鳴滝公園のすぐそばに位置する滝で1分で行くことが出来ます。道路からも見ることが出来ます。

公園の駐車場から逆VでQRV。のら猫が沢山いましたな。猫目当てに訪れる方もおられるようです。
アンテナを見ながら、何が始まりますか?とか、これは、何ですか?といったように珍しそうに聞いて来られます。アマチュア無線と滝アワードをしっかりPRしておきました。

今回は、QRMが激しくなって、60局の交信でQRTしました。

 

 

 

次回からも、移動しましたら投稿したいと思います。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の滝アワードの誕生秘話 | トップ | 滝アワード運用記 part2 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日は、お疲れ様でした。 (ツナ)
2016-10-31 08:43:05
森永さん、お早うございます。
昨日は、大変お世話になり有り難う御座いました。
また、本当に久し振りにお会いすることが出来て、うれしかったです。
お元気でご活躍のご様子、何よりと存じます。小生もぼつぼつやっておりますので、今後ともどうぞよろしく御願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL