JN1KWRのブログ

FT-817×2台とモービルホイップでサテライト移動を楽しんでいます。

九州巡業3日目(2)

2017-07-12 14:09:31 | 移動運用
6月24日(土)
大村市(4205):14MHz CW 4局、18MHz CW 4局、21MHz CW 7局、24MHz CW 6局、28MHz CW 3局、10MHz CW 4局
諫早市(4204):28MHz CW 6局、10MHz CW 4局、14MHz CW 3局
 次の土俵は川を挟んで大村市と諫早市の境界から。まず大村市側でHF運用(写真上左)。先ほどよりさらにコンディションが上がり、7エリアあたりも入感。28MHzまで上がった後、対岸の諫早市に渡り、午前中ダメだった28MHzに再挑戦。今度はばっちりオープンしていました。白岡市移動の某局がクラスタに上げてくれたようで、若干の効果もあったかもしれません。その後大分県某局から10MHzのリクエストが入り、無事両市で交信できました。さらに五島市某局から14MHzのリクエストが入りました。掲示板に親父ギャグを書き込むことはあっても、リクエストしてくるなんで滅多にないことなので驚いてしまいました。こちらも無事サービスできて良かったです。

EO-79 CW:大村市 2局・諫早市 2局
 12:20からのEO-79は大村市と諫早市のダブルに挑戦。高難度の衛星ですが、お二方が揃い踏みとなりました。流石です。

UKube-1 CW:島原市 4局・雲仙市 4局
 コンビニで食料を調達し、次へと急ぎました。13:41からのUKube-1はAOSから3分ほど過ぎてしまいましたが、どうにか土俵に滑り込み、島原市と雲仙市のダブルに挑戦。途中のトラポンOFFさえ無ければ、EO-79よりは遙かに使いやすい衛星です。遅刻した割にまずまずの成果を上げることができました。

島原市(4203):14MHz CW 8局、18MHz CW 7局、21MHz CW 5局、24MHz CW 1局、28MHz CW 5局、10MHz 2局
南島原市(4214):14MHz CW 10局、18MHz CW 3局、21MHz CW 5局、24MHz CW 3局、28MHz CW 3局
 LOS後は島原市、雲仙市のダブルでHF運用(写真上中)。さらにコンディションが上がってきた感じです。18MHzでは9エリアも強力に入感。21MHzから上はほとんど1エリアになってしまいましたが、結構な交信数となりました。リクエストもいただき、できる限りお応えしたいところでしたが、雨も強まってきたの島原市は場所を変えてトライすることにします。

南島原市(4214):10MHz CW 7局、14MHz CW 7局
島原市(4203): 10MHz CW 1局
 R251がまだすロード脇、南島原市と島原市の境界に車を止めました(写真上左)。まずは雲仙市10MHzの後、先ほどリクエストのあった島原市10MHzの再度トライ。残念ながら近場はスキップしているようです。リクエストの残っていた島原市21MHzまで上がりたいところでしたが、コンディションも落ちてしまったようです。とりあえず14MHzまで出てみましたが、雨も強まりこれ以上ホイップの付け替えは困難になってきました。XW-2Cまで間が持たず、この天気では観光も楽しめそうにありません。折角今回巡業の運用地最南端まで来ましたが、10分ほどの滞在で諫早市方面に引き返すことにしました。

XW-2C CW:雲仙市 10局・諫早市 8局
 日帰り温泉にでも行ってしばらく休憩したいところでしたが、給油後早めに宿所に向かうことにしました。16:32にXW-2Cが来ます。当初18時台の2Aで予定していた堤防道路の雲仙多良シーライン休憩所も考えましたが、この天気では諫早湾の夕日も楽しめません。諫早市シングルでは勿体ないので、計画段階で候補地に挙がっていた雲仙市とのダブルに挑戦してみることにしました。雨が強まって前が見えなくなり、田んぼに落ちるのではないかと心配になりましたが、どうにか土俵に到着(写真下左)。早めにループが取れ、CQを出すとどっと押し寄せました。雨音もかなり大きくなり、片耳イヤホンでは厳しい状況でしたが、後半の諫早市でも引き続き沢山のコールをいただきました。

XW-2F CW:藤津郡太良町 7局
XW-2D CW:鹿島市 3局
XW-2B CW:太良町 11局・鹿島市 2局
 佐賀県に戻ってきました。17時台のXWシリーズは太良町と鹿島市のダブルに挑戦。需要度が高いと思われる太良町に重点を置きました。2Bは前半の太良町で11局と好調。1パス20交信は楽に超えそうな勢いでしたが、後半の鹿島市で失速。それでも粘った甲斐あって終盤で2局交信できました。

鹿島市(4107):7MHz CW 11局
藤津郡太良町(41007C):7MHz CW 16局、10MHz CW 1局、3.5MHz CW 3局、14MHz CW 3局、18MHz CW 4局、21MHz CW 3局、24MHz CW 1局
 LOS後はまず鹿島市でHF運用(写真下中)。18時を回りそろそろ夕方のコンディション。7MHzで運用開始するとどっと押し寄せ、3分ほどで2ケタに乗ってしまいました。400mほど動いてこの日の宿所でもある道の駅「太良」へ(写真下右)。途切れるまで7分ほどで16局と引き続き好調。太良町は需要がありそうです。雨も上がったことなので、ホイップを付け替えて各バンドQSY。ハイバンドは1エリアがFBに入感していました。

XW-2A CW:太良町 11局・鹿島市 10局
 前便で太良町を落とした局がいらしたようなので、18:46からのXW-2Aで再挑戦。このパスは良好で、沢山のコールをいただきました。無事依頼主とも交信。20交信の大台に乗りましたが、終盤は空振りが続きました。
 雲仙、島原でのどしゃ降りが嘘のように、雨も上がって雲の切れ間も。道の駅はすでに営業終了、付近に適当な飲食店も無く、コンビニで買いだしをしてから道の駅「太良」に戻りました。車中でひとり宴会中、某局から激励の電話をいただきました。まだまだ巡業は前半戦ですが、中日以降に弾みを付けたいところです。前日の武雄市よりは涼しく、幾分快適な車中泊ができそうですが、夜遅くなって再び雨が降り出しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州巡業3日目(1) | トップ | 九州巡業4日目(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

移動運用」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。