JN1KWRのブログ

FT-817×2台とモービルホイップでサテライト移動を楽しんでいます。

神奈川県日帰り遠征(帰路)

2017-10-11 09:38:06 | 移動運用
10月9日

愛甲郡愛川町(11001A):10MHz CW 1局、7MHz CW 2局、144MHz CW 2局、430MHz CW 2局、50MHz CW 1局、24MHz CW 1局、21MHz CW 1局、18MHz CW 1局
相模原市緑区(111001):10MHz CW 2局、7MHz CW 3局、144MHz CW 1局、430MHz CW 1局、50MHz CW 1局、18MHz CW 1局、21MHz CW 2局、24MHz CW 2局、28MHz CW 1局
 しばらくパスがありません。寒川町で終わりにして早めに帰っても良かったのですが、急遽午後のUKube-1でトライしてみたくなった場所があったので、途中数ヶ所寄りながら向かうことにしました。しばらく来ていなかった愛川町あたりが面白そうです。ダブル運用を狙って相模原市緑区との境界に向かいましたが、県道65号線は三増峠でトンネルになっていました。トンネル付近はどちら側も適当なスペースが無いため移動に3分ほど掛りそうです。まず愛川町は三増公園テニスコートの駐車場から(写真上左)。1時間以上経っていますが、10MHz、7MHzとも寒川町、茅ヶ崎市の時と同じようなコンディションです。144、430、50MHzも同様でした。
 ASQ/4さんの宇部市10MHzを狙いながら移動開始。パイルになっていましたが、数局待って緑区に着地する頃に拾っていただけました(写真上中)。その後10MHzでCQ。若干コンディションが変わったようで、五島市が落ちましたが、8エリアからコール。7MHzは同様でしたが144、430MHzはロケの違いからか状況が大きく変化。寒川町の時から強力に入感していた横浜市、昭島市に代わって、ここでは突如北葛飾郡松伏町が入感してきました。峠を挟んでこうも変わるものかと驚きました。14MHzのホイップは忘れましたが、ASQ/4さんの18MHz QSYを待って様子を探りにいってみました。残念ながらEsオープンはありませんでしたが、ダメ元でCQを出してみると直接波が入感。思いがけず28MHzまでQSYすることができました。
 折角なので愛川町に戻ってハイバンドにトライ。28MHzはボウズ。24MHzではコールがあったもののいただいたレポートは449。ロケの違いのせいでしょう。18MHzまで下りたところで次に向かいました。

立川市(1003):10MHz CW 3局
福生市(1019):10MHz CW 2局
昭島市(1008):10MHz CW 2局、7MHz CW 3局、50MHz CW 1局、144MHz CW 2局、430MHz CW 2局
 ハムフェアでお会いしたときに昭島市某局から昭島市のサテライトのリクエストをいただいたことを思い出しました。折角の機会なので神奈川県遠征の帰りに寄ってみることにしました。何度か運用したことのあるトリプルの土俵に到着。ちょっと時間があったので立川市の西砂スポーツ広場、福生市は横田基地脇、昭島市はみほり広場公園(写真下左)で軽く運用。引き続き昭島市ではASQ/4さんの防府市10MHzをゲット。7MHzは午前中から同じような状態が続いています。地元だけあってV・UHFでは昭島市から激強の信号に度肝を抜かれました。

UKube-1 CW:昭島市 2局・(立川市)・(福生市)
 12:59からのUKube-1で昭島市に挑戦。条件の良いパスならトリプルも狙いたいところですが、ここはミッション成功するまでは昭島市から動かない覚悟です。さて、このところ信号が弱いことも多くなったように感じるこの衛星。このパスも厳しかったです。MELを過ぎてもループの気配が無く、冷や汗が出てきました。ようやくループが取れてCQを出し始めたのは残り3分ほどになった頃。粘った甲斐があり横浜市に続いて沖縄とも交信できました。まだ2分くらいあります。十分チャンスはありそうでしたが、残念ながらコールが無いまま痛恨のLOSとなりました。沖縄と交信できたのに昭島市を逃すとは、、。接近戦が利かないサテライト。奥が深いです。
 高難度のUKube-1では返り討ちに遭う可能性も高いです。体力的に次便まで待つのは厳しくなってきました。昭島市は又の機会にリベンジすることにして、泣きながら次の土俵へと向かいました。

西東京市(1030):10MHz CW 3局、144MHz CW 1局、430MHz CW 1局、50MHz CW 1局
東久留米市(1023):10MHz CW 1局、144MHz CW 1局、430MHz CW 1局、50MHz CW 1局
 西原団地脇で西東京市と東久留米市のダブル運用(写真下右)。西東京市10MHzで運用開始。6エリアも入感していましたが、東久留米市に移ってからは直接波のみとなりました。144MHz、430MHzでは昭島市と交信できましたが、ここまで来ると距離的に難しくなるのか50MHzではコールなし。その代りに50MHzではあまり馴染みのない局と交信できました。帰宅後調べてみたら7年ほど前にこのバンドでたった1回だけ交信したことのある局でしたが、QTHが変わって再度コールがあったところをみると、意外と私の運用スタイルを熟知していらっしゃるのかもしれません。今後が楽しみです。今回の日帰り遠征も残念ながらHFのコンディションはさっぱりでしたが、ハイバンド、V・UHFと直接波が思いの外良く伸びて、十分挽回できました。

UKube-1 CW:西東京市 ●・(東久留米市)
 14:35からのUKube-1は西東京市と東久留米市のダブルに挑戦。18.9度とやや低めの西パスですが、ロケに問題は無さそうです。しかしいつまで経ってもループの気配なし。時折他局のループテストの短点は聞こえてくるのでトラポンは動いているようですが、結局不発のまま黒星でこの日の運用終了となりました。
 不発に終わったパスについてはAEOさんのブログを拝見して検証することにしていますが、やはり前便に輪を掛けて弱いパスだったようです。モビホでは到底無理だったようで納得。四国巡業も最終案ではUKube-1も加わることになりますが、このところの状況から考えても、重要なミッションには使わない方が無難でしょう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神奈川県日帰り遠征 | トップ | 新衛星CAS-4A/4Bデビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

移動運用」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。