JN1KWRのブログ

FT-817×2台とモービルホイップでサテライト移動を楽しんでいます。

九州巡業 1日目午前の部

2016-12-07 20:07:28 | 移動運用
11月22日(火)

 昨夜降っていた雨も上がりました。巡業初日はゆっくり出発(今にして思えば機材のチェックも兼ねてホテルの部屋から早朝のXWシリーズに出ておけば良かったのですが、、、)。隣の牛丼店で朝定食を食べながらレンタカー営業所の開店を待ちました。今回の過酷な(?)巡業のお伴はトヨタのヴィッツ。出発直後に鳥取市某局から激励の電話をいただきました。大丈夫、10時台FOは予定通り玖珠町ですよ。

中津市(4403) LA-2 耶馬溪ダム:
 耶馬溪ダムに到着し機器をセッティング(写真上左・中)。湖沼サービスから今回の巡業開始。最初のCQからどっと押し寄せるのではと身構えましたが、7MHz、10MHzとも空振りが続いて結局ボウズ。いきなり肩透かしを食らってしまいました。前途多難の様相。

モービル運用 10MHz CW:中津市 1局~日田市 1局
 大ミッションの土俵入りに遅れてもいけません。R212をモービル運用しながら先を急ぐことにしました。ホイップ2本で出発しましたが、先ほど耶馬溪ダムで調整したばかりなのに7MHzの方はSWRが上がってしまい、しばらく10MHz一本に。日田市も近付いた頃ようやく青森県からコール。続けて日田市もクリアかと思いましたが、なかなかコールがありません。中津市は最終日にも十分チャンスがありますが、日田市を外すと後の行程に影響が出てしまうので、ここで落とす訳にはいきません。路肩に停車し、万が一に備えて7MHzのホイップも再調整、この後高速道路に入るので養生テープでマグネット基台を補強、掲示板に日田市に入っている旨書き込んでから改めて出発(写真上右)。数分後に10MHzで青森県からコール。大分県の西端も無事クリアしたところで一旦QRX。

FO-29 CW:玖珠郡九重町 4局・玖珠町 2局
 日田ICから玖珠ICまで大分自動車道利用で、どうにか土俵入りは間に合いそう。レンタカーで慣れないカーナビのため、境界付近のロケハンには苦労しそうですが、事前に調べておいたポイントにたどり着いたようです。10:05からのFO-29は玖珠川を挟んで九重町と玖珠町のダブルに挑戦(写真下左)。30度の東パスでロケは問題なし。立ち上がりは遅かったですが、平日にもかかわらず各局からのコールが続きました。途切れたところでいよいよ橋を渡って玖珠町へ。真っ先に鳥取市からコールがあり、幸先良くサテライトの大ミッションは成功。これでMGUさんはサテライトの全市区町村完成まで大詰めの段階に入りました。貢献できてほっとしています。これで鳥取市訪問の際は岩ガキを鱈腹ご馳走になれることでしょう。大ミッション成功で緊張の糸が切れてしまったか、その後上積みは1局止まり。MEL頃にダウン周波数付近に変なビートがあり続行困難。たっぷり時間を残して早めのCLとなりました。

モービル運用 CW:阿蘇郡小国町(7MHz 2局・10MHz 4局)~南小国町(7MHz 1局・10MHz 12局)~産山村(10MHz 3局・7MHz 5局)~竹田市(7MHz 2局・10MHz 1局)
 熊本県との境界まで来ました(写真下中)。ここからしばらくは久住連山や阿蘇山を望みながらモービル運用を楽しんでみることにしました。朝のうちは厳しいコンディションでしたが、10時半を過ぎようやく7MHzで五島市がオープンしました。10MHzも青森県の他、岩手県や埼玉県も入感。南小国町に入ると10MHzはさらに活況を呈してきました。竹田市まで無事クリアしたところで一旦QRX。

FO-29 CW:阿蘇郡高森町 5局・阿蘇市 8局・高森町 1局
 11:49からのFO-29は高森町と阿蘇市のダブルに挑戦(写真下右)。43度の西パスでロケは十分。先ほどより良好なダウンリンク。お客様も増えて沢山のコールをいただくことができました。十分時間があったので最後に高森町に戻りましたが、上積みは1局止まり。4分ほど残して早めのCLで午前の部終了。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州巡業 現地入り | トップ | 九州巡業 1日目午後の部 1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。