JN1KWRのブログ

FT-817×2台とモービルホイップでサテライト移動を楽しんでいます。

九州巡業 2日目午前の部 1

2016-12-07 20:31:12 | 移動運用
11月23日(水・祝)

東諸県郡綾町(45006A):3.5MHz CW 1局
 2日目からは早起きが続きます。5時に宮崎市のホテルをチェックアウトし、最初の土俵に到着(写真上左)。ちょっと時間があったので3.5MHzに出てみました。そろそろ空振り5分。諦めようと思ったところで九度山町からコールがありました。

XW-2F CW:東諸県郡綾町 4局・国富町 2局
 先ほど3.5MHzで綾町をクリア、国富町も前日に運用済み。次の土俵への到着が時間的に微妙ということもあり、特にリクエストのないこの土俵はパスしてしまうか、あるいはモービル運用にしてしまおうかと思いました。でも祝日なので移動局を狙っている局もいらっしゃるかもしれません。結局5:54からのXW-2Fは綾町と国富町のダブルに挑戦することになりました。皆さん早起きです。岡山県某局からもコール。最終案の段階ではこのパスの前半で西都市の予定でした。魚を残して先に進んでしまったのが悔やまれます。 

XW-2C CW:小林市 8局・西諸県郡高原町 7局
 信号にもほとんど引っ掛からず、未明のR268を西へとすいすい進みます。6:29からの2Dは厳しそうですが、6:35からのXW-2Cなら間に合いそうです。どうにか土俵入りが間に合って、小林市と高原町のダブルに挑戦(写真上中)。67.8度と高めの西パス。ようやく明るくなり始めて周囲のロケも確認できます。出だしから好調でたくさんのコールをいただきました。途切れたところで高原町へ。今回のサテライトの一番の餌食である岡山県某局からコール。ようやく1匹目の魚をゲットしていただくことができました。

XW-2A CW:都城市 10局
 次便で三股町とのダブルを予定していますが、高原ICから宮崎自動車道で都城市に入ったところで7:05からのXW-2Aを迎えました。47.8度と絶好の仰角なのでモービル運用には最適です。各局からのコールが続き、岡山県某局も両目が明きました。

XW-2F CW:北諸県郡三股町 6局・都城市 ●
 都城ICで一般道に降り、7:29からのXW-2Fは三股町と都城氏のダブルに挑戦(写真下左)13.6度とやや低めの西パスですがロケは十分です。立ち上がりは遅めでしたが、ダウンリンクはまずまずの強さ。福井県某局ご要望の三股町でできるだけ引っ張りましたがコールなし。早起きが苦手のようなので、この時間帯に持ってきたのですが残念。都城市に移った頃はLOSだったようです。

曽於市(4618):7MHz CW 6局
 曽於市は夕方運用する予定でしたが、次に向かう途中R222で僅かにかすめるので朝のコンディションに期待して立ち寄ってみました(写真下中)。バンドは賑わっている感じ。CQを出すと早速コール続きましたが、いつもと顔ぶれが違います。ナンバーを打ってくる局もいます。後でわかったことですが、オール九州コンテスト開催中だったようです。週末にWW DX CWがあることは承知していましたが、東京UHF、多摩川コンテストも蚊帳の外なので、国内コンテストはチェックが漏れていました。折角九州を巡業しているのですから、どこかで時間を取って乗り込み参加すればよかったです。勿体ないことをしました。

日南市(4504):7MHz CW 2局
 R222を進みトンネルを抜けて日南市に入りました。適当なスペースで車を止めました(写真下右)。コンテストバンド以外はコンディションはあまり良くありません。辛うじて2局交信できました。ここでは勘違いして次の運用予定地のJCC4507を送出してしまいました。JCC4504に訂正いたします。先ほどのコンテストのごたごた、この次に向かう予定の走行ルートの全面通行止めもあり、頭が混乱していたということでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州巡業 1日目午後の部 2 | トップ | 九州巡業 2日目午前の部 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。