<紙>さんLOG

「パソコンヲタクの雑記帳」
 PC/Linux系/物理・化学で遊んでいます。
思いついたことを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

USB-IO

2008年07月24日 | PIC・マイコン
昨日までの累計アクセス数=3,884。 ご訪問頂き、ありがとうございます。    日記@BlogRanking
皆様のお引き立てにより、「60代~日記@BlogRanking」で7~8位になりました。
まことにありがとう御座います。

USB-IOとは、PCとUSBケーブル(ストレートなもの)で繋いで、
8+4の合計12ピンでデジタル入出力が可能な基盤である。
ただし、電流容量的にはPCのパラレルポート(2mA)より小さい(1mA)。(12の内4ピンでは 15mA とれる。)

USB-IO復活プロジェクトに経緯が載っているが、現在では、Km2Netテクノキットから
「もの」が販売されていて、バケさんのHPに両社製品についての試用レポートがある。

PC:PIC 接続[パラレル編](1)で述べたようなPCからパラレルポートを制御することが、
パラレルポートの無いPCで(USBで)行える。

<紙>が PIC18F2550 を含めて、PICを手にしたのは、この USB-IO に刺激されてのことである。
PIC18F2550 なら、PORTA(6)、PORTB(8)、PORTC(5) の合計19ピンが使える。
しかも、デジタルに限らずアナログ入力にすることもできる。
また、電流容量的に見てもPCのパラレルポートより大きく、10mA とれる。

USB-IO は、PCから見れば、PIC(6) USB・Genで列挙した内の、HIDデバイス(汎用)にあたる。
PIC(7) USB・HID/CDCで作った、USBデバイス化PIC(HID汎用)に対して、
各ポートの入出力を制御するPCからのコマンドを受け付けて、
PIC内で処理をするようなプログラムにすれば、PIC18F2550 を USB-IO もどきにすることができる。
まだ、C18の勉強が足りなくて手がだせていない。残念。

お手数をおかけしますが、2クリック(投票を)して頂けるとうれしいです。(1日1回) ⇒ 日記@BlogRanking
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PCクリニック(2) 時計が狂う | トップ | 西暦1年1月1日は月曜日? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
UBWはいかがですか? (senshu)
2008-07-26 05:06:58
UBWは、PIC18F2550でUSB I/Oを実現できる
Firmware D が入手できます。
(私のUBW関連のページをご覧ください)

AD入力や定期的な計測実行など、USB I/O
としての魅力的な機能が満載です。

でも、出力系がやや不満ですが、これは
ソースが公開されているので、自分で
何とかするべきでしょうね。
そーですね。 (<紙>)
2008-07-26 16:29:16
USBで入出力できるのは良いですね。
ただ、プログラムDLと、DL済みプログラムの実行をSWで制御するのは、Microchip社のUSBブートローダそのものですよね。
その点、tinybootloader は自動判定する点が気に入っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。