<紙>さんLOG

「パソコンヲタクの雑記帳」
 PC/Linux系/物理・化学で遊んでいます。
思いついたことを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PIC(4) 16F88

2008年06月27日 | PIC・マイコン
                                                     日記@BlogRanking
前回、ICPと書いたが、ICSP(In Circuit Serial Programming)と云うべきだったのかな。

 さて、ICSPもどきのコンパイル&ゴー環境が出来たので、PIC16F873A 以前の、PIC16F84A、PIC12F683、PIC16F648A はとりあえずお蔵行きかな。
各2ヶずつ買ったのに。

あと、AKI-PICライターで悩んだことを思い出した。
 PIC12F683 に対して書き込みが出来なかったことを思い出した。
結論としては、PICPGM6 のバグだったのだが。
 HPに載っているベータバージョンは、PIC18F2550 に移るまで必要ないと思っていたが、最後の行にPIC12F683 等のことが載っていた。
早速バージョンアップした。でも相当期間変わらないでいるナ。

 今度は、PIC16F88 を使ってみることにした。
ナニ、基板の回路修正が必要だって。ついに半田鏝を引っ張り出す羽目になった。
 ならばついでに、PICの(ブレッドボードの)電源を変えることにした。
相当前に、SCSI外付けMOドライブを廃棄する時に、電源モジュールは取っておいたのだが、これの+5Vラインの先にバナナピンを半田付けした。
 ブレッドボードの黒・赤・緑の端子(昔は陸軍ターミナルと云っていたと思うのだが今はそんな名前ではなかった)にこのバナナピンを指してPICへの電源供給とすることにした。
 で、レギュレーションに関しては、ケータイ充電器とどっちが良いのか解らないけど。これもとりあえず置いておいて、今後これを使うことにする。

 PIC16F88 では、当然 tiny bootloader ファームウェアをAKI-PICライタで書き込んだ。クロックは内蔵8MHzとした。
やっぱり、最初はgoo で、LEDの点滅プログラムである。

次は、PWMによるサウンド出力をやってみた。
CCP1-->R・R分割でグランド。分割点からCカップリングで、強引に8ohmマグネチックSPKをグランド。
 これでも音はでるんだ。PWMの勉強であり、音質や音量については後日じっくり考えることにする。(何時になることやら。)
 ドレミ音階を低音で行うため、プログラムで内蔵クロックを1MHzに変更している。
 なお、mikroBASIC では、組込Sound Library は、16F88 では正常に働かない?
16F873AではOKのよう?だが。

 そうそう、tiny bootloader の欠点?、私にとっての難点は、tiny bootloaderファームウェアを書き込んだ時点でのconfig ワードを変更できないことである。
なので、mikroBASIC プログラムでは、全て同じ値を指定している。

お手数をおかけします。2クリック(投票を)お願いします ⇒ 日記@BlogRanking
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PIC(3) tiny bootloader | トップ | PIC(5) 18F2550 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。