メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

こんなになってた千町が峰(1141m)

2006年05月28日 | 山歩き
今日もJMMは腰痛で山はおやすみです。昨日の氷ノ山の雨で山靴が濡れてまだ乾いてない・・・予備の靴では今ひとつ気乗りがしない(案外道具にこだわる性格なんです)。そろそろ「ドウダンツツジ」が咲く頃なので、簡単に行けて、しかも前からちょっと気になっている「千町が峰」に行ってみました。


「千町段が峰林道」の途中から千町が峰に、通称「防火帯ルート」に取り付きます。



杉やヒノキの植林帯を過ぎると「アセビとドウダンの庭園」になります。あれ~っ!全然咲いていません。


やっと咲いている木を見つけました、大きな木に僅かな花を付けています。昨年に咲き過ぎたのか今年はあまり良くないようです『裏年』なんでしょうね。でも、ちょっとでも見れてよかった










上の写真は4枚共、頂上の手前の写真です。たしか3~4年前の今頃、今日と同じコースを登った時、数人の方がここで「鹿ネット」の設置のような工事をしていたので、指示している方に「何の工事ですか?」と聞くと「ドウダンツツジの保護をしてるんです!」と云われて良く見ると、ドウダンとアセビを残して他の雑木を切ってしまって、まるで公園のようになっていました。またそれを鹿が食べないようにネットで囲いをしているのです。あとでJMMに「あんなに周りの木を切ってしまって大丈夫なんかな~」など云っていた場所なんですが、今日見てびっくり!鹿ネットはいたるところで倒れ(人災か天災か不明?)沢山の「ドウダン」が枯れているではありませんか・・・(植生の変化でしょうか?)


花の終わった「アセビ」の新芽もあざやかで綺麗!




頂上です。いつものことながら誰も居ません、(下の写真は今年1月9日のもの)

***************

今日の「千町が峰」はアップしない予定でした。書けばどうしても愚痴になってしまって楽しい山行のレポートにならないと思ったからでした。でも書いてしまいました。「フトウヶ峰の杉谷のいい雰囲気のコースの乱伐」、「駒の山の広すぎる遊歩道」などなど、どうしてこんないい自然を税金を使ってまで「いじくる」のでしょうかねぇ~







ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帽子が飛んだ氷ノ山 | トップ | 梅雨入り前の駒の尾山 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やまあそ)
2006-05-30 20:16:25
ようするにお金を使いたいんです。

いままでどおりに町中に

コンサートホールとか、

競技場とかのいわゆる

ハコ物を造りにくくなったので

山の中にいらない林道を造ったり

ハイキング道を整備?したりしてるんです。



フトウガ峰の風力発電は

ひょっとして中止になるかもしれませんが

そこを通過する予定の林道は

昭和40年頃からの計画ですから

ぜったい完成させるつもりです。



OAPさん、兵庫県知事に

立候補してください。

確実に1票投票します。
Unknown (OAP)
2006-05-30 20:41:35
やまあそさん

その通りなんです。

国見山の整備もそれですね!



実は井戸知事は私の母方の又従弟なんです。

(会ったことはありませんが)



次の知事選挙には従弟対決と行きますかハハハ・・・
丹波からも2票 (たぬき)
2006-05-30 22:03:08
投じます。

ほんまに、どうして余計なことをするんでしょうね。

それも税金を使って。

金網張ったり、雑木をきったためにドウダンツツジが倒れて枯れたんですよ。絶対!

その金網張った人、そのあと一度でも見に来たんでしょうか。

少しは反省せえ!



ところで、「・・・源流」という標柱は藤無山の林道にもありましたが、これも税金でしょうか。
Unknown (OAP)
2006-05-30 22:27:27
以前、市で「源流ツアー」と云うのが

確か実施されたような?

標柱と、引率の職員の手当ては税金でしょうね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL