メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

諭鶴羽山(608m)

2006年02月04日 | 山歩き
気がつけば兵庫50山で淡路の2山が最後になっていた。海の向こうにはなかなか足が向かず、もし行くとすれば「水仙の咲く頃」に行けたらと思っていました。今日も冬型で北部の天気もいまいちなので思い切って島に渡ることにしました。途中「常隆寺山」に登り、登山口の諭鶴羽ダムに着いたのは昼頃。


ダムからのいきなりの急登を経て歩き易い稜線に出ると三原の町のむこうに海が見える。


山頂から南に15分ほど下ると立派な神社に着きます「諭鶴羽神社」です。珍しく?南淡路にも雪が降ってきました。


神社からの登り返しの南斜面から兵庫県の南端の『沼島(ぬしま)』がポッカリ!

***************
兵庫県山岳連盟の50周年を記念して「兵庫50山」が刊行されたのが1999年OAP(主人)がその中の「白旗山」のレポートを書いたと云う事もあり親しみがあるガイドブックとしてよく利用させてもらいました。この本のおかげで?それぞれの山の登山口や道標が整備されるのはいいことだとしても、これ以上不必要と思われるような登山道の拡幅などをせずにこのまま、そっとしておいてほしいと思うのは私だけでしょうか?


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天候急変の駒の尾山(1281m) | トップ | 千町が峰(1141m) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
閲覧しました (たつのおとしご)
2006-03-13 00:48:04
淡路出身ですが諭鶴羽山に登った事ありません。

千山千光寺には学生時代何度か行きましたが。

(柔道の鍛錬で)

此からも体力の続く限り自然の素晴らしさを満喫して下さい。
ありがとうございます (JMM)
2006-03-13 22:31:31
早速に覗いていただきまして、うれしいです。
Unknown (MXF)
2006-03-13 22:49:05
見ました

ありがとうね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL