メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

天候急変の駒の尾山(1281m)

2006年01月22日 | 山歩き
「多少吹雪かれても大丈夫」冬の駒の尾山にはそんなイメージがあります。でも千種スキー場、大茅スキー場が直ぐ隣と云うだけあって積雪は多い。積雪期は粟倉村の野鳥苑から登るのがポピュラーです。


穏やかないい天気です。のんびり登ります。


無雪期の登山口です。雪は多いもののいい天気です。


中間点の休憩舎です。誰もいない雪原が広がっています。風が強いので食事は頂上の避難小屋で摂ることにします。


頂上に着きました、積雪は5~60センチぐらいでしょうか、手前で雪が降り出し風もかなり強くなってきました。


食事のため小屋に入ります。こんなとき避難小屋は有難いです。でもこのあと山は大荒れになってゆっくり出来ませんでした。ほんの10分程の間に吹雪始めて下りのルートが分り難くなったのです。


なんとか無事下山、林道を「野鳥苑」に向かいます。


***************


何度も登ってよく解っているつもりの山でも、吹雪かれて付近の目標物がみえなくなり登ってきたトレースなども風で消えると帰りの方向さえわからなくなります。今日の「駒の尾山」も小屋で「うどん一杯」の間に天候が急変して帰りルートが分り難くなりました。何度かこんな目にあって多少慣れているようでも安全な所に辿り着くとホッとするものですね。






『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀山(城山)~的場山 | トップ | 諭鶴羽山(608m) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL