メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

2ヶ月ぶりの三室山(1358m)

2006年11月05日 | 山歩き
一昨日の氷ノ山でやや不完全燃焼!あいにくJMMは欠席、こんなときはこの山に・・・理由はなんでしょう?(実はJMMは雪のない三室山があまり好きではないのです)と云う事できょうのレポートの担当はOAPです。
ちょうど2ヶ月前の9月4日に訪れていますがこの時は空気が澄んで眺望もよかったのですが、今日は(最近はいつも)ちょっともやってます。
登山口の「野外活動センター」に着くとマイクロバス1台と普通車が1台、いつもは静かな山なんですが今日の頂上はちょっと賑やかになりそうです。



夏場は暑さで苦になる林道も今の時期は気分よく歩けます。


紅葉も真っ盛り、足元は落ち葉の絨毯、こんな所を車で走ってはいけません。


三室山は標高1200m付近までは植林のため、眺望はほとんどありませんがここまで登って来ると南側が見えるようになってきます。三室山からの尾根続き(雪のない時は歩けません)の竹呂山が見えてます。
実は途中で2人の登山者に追いついてちょっと話をすると「やまあそさん知ってますか?」と聞かれて「やまあそさんは兄弟みたいなもんです」(とは言わんかったですが)「先週も一緒でしたよ」と云うと、その方が「ぼく、わーさんです!」エツ!ネット上ではよくお世話になってしかも2005年の3月に3の丸から戸倉峠の縦走の時一緒したことがあるんですがお互い顔を忘れていたようです(年ですね~)/font>


頂上直下を行く「そのわーさん」


わーさんの仲間のジョニイさん


1時間40分ほどで頂上着、青空なんですが北側の氷ノ山からの県境尾根はかすんでいます。食事が終わって日名倉山に行くため、わーさん達は下山、頂上は例のマイクロバスの三木市の団体さんで大賑わい。最近は頂上も笹を刈り込んで以前よりかなり広くなっているので皆さんとちょっと離れて早速無線です。大山のTQFさん、近くの荒尾山のNXKさん四国のLWZさんと繋がり2時間近く遊んで下山にかかります、下山はいつものように途中から秘密のルート(積雪期のコース)を通ります。登山口からは林道を下らず野外活動センターの中を通る道を1時間ほどで下山。


まもなく取り壊される?バンガロー村


センターの管理棟、次回来るときにはもう見られないかもしれない・・・跡地にはブナなどの植林をするということだが、本当なら好ましいことです。


帰りに大通峠まで車で上ってみました、もう2ヶ月もすれば真っ白な山に変身するのでしょう、そのころまたお邪魔します。



************
山で知らないいろんな方に出会います(誰にも出会わない時もありますが)そんな時、ふと思うのです・・・それぞれ皆さん色んな思い、色んな理由でこの山に来て出会った。考えてみれば奇遇です、きょうはその奇遇が重なったようなことになってちょっと知り合いの、わーさんに出会いました





コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加