メ~さんの山日記

兵庫県宍粟市在住。宍粟の山を中心に楽しんでいます。

なつかしの三瓶山

2006年09月23日 | 山歩き
土日の天気予報が好転!以前から登ってみたいと思っていた島根の「三瓶山」に行くことになった。新婚当時ドライブで麓まで行ったことはあるのですがその時は登らなかったのです。10年ほど前にOAPは登りましたが、私は今回が初めて・・・午前3時40分に家を出て登山口に着いたのが午前7時10分(距離270Km)でした。


登山口の東ノ原の広い駐車場は早朝のため未だ誰も居ません。今日の一番乗りです。準備をして早速登り始めます。ここは冬はスキー場ですが、今はリフトが観光客を展望台まで運んでいます。右のアンテナのある山が女三瓶(めさんべ)。


リフトの終点あたりからの東ノ原の全景


リフト終点の道標、女三瓶から男三瓶(おさんべ)に向かいます。


ミツバフウロ、全山いたるとこで見られました。


女三瓶から見た子と孫。今日は女~男~子~孫と縦走の予定です。


頂上(男三瓶)の避難小屋です。OAPは10年前にこの小屋で一泊したと云う。





頂上付近のススキの原


さあ!子三瓶に縦走開始です。



*******************

天気に恵まれ、いい山行きが出来ました。3万年前の火山の外輪山のため、どのピークからでもすべてのピークが見える珍しい縦走でしたが全行程5時間弱、距離9.5Km、登山道が見かけより歩き辛く思っていたより手ごたえのある山でした。









コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加