愛犬と暮らす淡路島・・・写真日記

・・・・・愛犬との日々の暮らしを綴ってます・・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10/28 亜菜ちゃんにフリスビーを・・・

2016-10-28 | 日常の記録


すっかりフリスビー遊びが好きになった亜菜ちゃん!最近はジャンピングキャッチも、意欲的にこなせるようになって、ますますフリスビーにハマってしまってる。

先日、かみさんが年一回の市民検診で病院に行った時も、広い駐車場の隅っこで亜菜とフリスビーで遊びながらの時間待ち。亜菜に6mのロングリードを着けて、最大で12mの飛距離の中で楽しむ・・・大体は5m以内で遊んでますが・・・。

亜菜のように、年長になってから覚えた子はソフトタイプのフリスビーが適するらしい。一度ハードタイプを投げてみたら、案の定フリスビーが顔面激突してしまい、痛い思いをしたせいでその後しばらくフリスビーを敬遠してた亜菜。そんな事があって、格好付けずにソフトタイプでお勉強に励むことにしている。

そんな亜菜ちゃんに色違いのフリスビーをプレゼント!さっそく使ってみたら、気に入ってもらえたようで一安心。

今は少し走りながら投げてみて、ランしながらのキャッチの練習に励んでます。犬にフリスビーで遊ぶことを教えるには、少しづつ段階的に教えていくのがいい。いきなりビュ~~ンと投げたフリスビーを、ダァ~~!と走ってキャッチして戻ってくるという子もいるのかも知れないが・・・。

ボール持って来いやフリスビーキャッチの遊びは、スワレやマテなどの動作やアイコンタクト、それにキャッチしたものを持って帰るというレトリーブの動作が入るので、飼い主との主従関係も密なものになると思われます。レトリーブに関しては、亜菜自身が飼い主の僕まで
獲物を届けるということを、意欲的に行うような犬種ではないので、いつも意識してレトリーブ作業を教える必要があります。まだ手元まできちんと持って来ないですが、気長に教えていこうと思ってます。


この遊びはなによりも、遊びを通じて犬と一緒に楽しい時間を共有できるのがミソ!夜は亜菜と一緒にお布団で寝てるんですが、楽しいフリスビー遊びを夢で見ているのか、寝ていて足を駆けてみたりして、寝言でワゥワゥ言ってるのを見るとホントに可愛いと思います。たぶん夢の中では、思い切り駆けてジャンピングキャッチして、得意顔で僕の元へ戻って行く自分を見ているんでしょうね。(笑)








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 10/25 続・淡路島公園のイノ... | トップ | 10/29 亜菜ちゃんのフリスビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常の記録」カテゴリの最新記事