goo

愛犬ミッキーと暮らす淡路島・・・写真日記

・・・・・瀬戸内海の淡路島北部地域から、愛犬ミッキーとの楽しい暮らしを綴ってます・・・・・

前日の閲覧数
777PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

8/23 ジャイロXの燃費・・・

ジャイロXの燃費を調べている。ネットで検索してみるとリッター当たり20kmから中には40kmほど走ると言う人まで様々なデーターがあった。

とりあえず、町内移動の燃費を一度調べてみることに・・・。8月17日午前10時に満タン給油で2.7L、そして8月23日午前8時に再度満タン給油の3.44L走行距離は98kmだった。走行は38km/h程度で行った。

いくらかかったか・・・
98km÷3.44L≒28.5km/L
本日のガソリン単価 158円・・・税込み総額 564円
1km走行当たり5.75円のコスト

どれくらい走る・・・
道の駅の往復が3.4km/回
淡路SAの往復が8km/回

それで・・・
道の駅へは1日に3回、淡路SAが1回が毎日のミッキー同行定期走行で、1日の走行距離は18.2kmだ。これに1km当たりのコスト5.75円を乗ずると1日の経費が出てくる。18.2km×5.75円=104.65円/日

結果として・・・
1日当たりだと安いものだが1ヶ月にすると3139.5円、1年だと37,674円と大きくなってくる。^^; 雨の日は乗らないので実際は2割引くらいかな??? 1年で3万円くらいの散歩移動コストがかかる。あとエンジンオイルが若干必要だが・・・これは知れていると思う。

ジヤイロXで燃費良く走るなら、スピードは控え目の35km/h程度でも走行を心がけ、無駄な空ぶかしはしない。


覚え・・・
6260km/満タン
6358km/3.44L・・・28.5km/L
6430km/2.60L・・・27.7km/L


ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ  にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
ブログ村ランキングに参加しています。
ご訪問のお帰りにぜひお立寄り下さい。

「親方って意外と細かいんだね・・・エヘ」
ジャンル:
ウェブログ

あわせて読む

最近の画像 もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外部BATT.でFT-817NDを運用を考える・・・
  2. 11/22 茶間川にサメ遡上・・・
  3. 3/18 南あわじ市 美菜恋来屋
  4. 富士・伊豆・伊勢周遊の旅・・・三日目・熱海の水葉亭
  5. 8/1 ジャイロXのリアタイヤ交換・・・
  6. 10/16 100円ショップに犬の散歩グッズ 
  7. 8/2 ジャイロX・・・アイドル調整
  8. 8/31 チョイノリ ミラー&フロントスプロケット交換・・・
  9. 11/29 カシオG1にカラビナストラップ装着
  10. 2/6 新造漁船進水・・・

この記事のツイート

コメント

  • そんな物です。
  • (そクラテす)
  • 2013-08-24 03:59:52
  • はじめまして
    IC-710,IC551Dなど所有してます。

    ストリームに乗っています。
    2-3日前の燃費は・・・99.3km走行して2.68Lガソリンを入れました。 1km当たり4.31円です。

    ガソリンスタンドは、自宅から100m以内にあるのですが、深夜などの時間帯の営業しておらず、目的地縁沿いにあるセルフスタンドに行く事が多いです。
    ガソリンタンクが小さいので、ガソリンスタンドに行く回数を減らす事で燃費? を上げる事もアリ だと思います。

    ストリームの場合、うまく乗ると47km/Lくらいまで行った事があります。
    車が古い為か、割と頻繁に乗ってあげないと調子が悪いです。 特に始動が。

    最近の出来事は、先月 ドライブ(流してる)とき、パンクした事ですかねー。ガソリンスタンドで空気をチャージして自宅まで帰って、パンク修理をしました。
    自宅まで15km程度、ヒヤシヤして帰宅しました。
    田舎ならガソリンスタンドがナイので、パンクした事を考えてその事件以来、ビーチボールなどに利用する100円SHOPの空気ポンプのノズルを改造したポンプを積載してます。

  • なるほど〜〜〜
  • (JM3QIA 河野)
  • 2013-08-24 06:49:32
  • そクラテす さん

    はじめまして!
    いやぁ〜〜うれしいなぁ〜〜!
    原付ジャイロXに関してコメントをもらえてうれしいです!

    淡路島では見かけませんが、ストリ−ムもまだ現役で走ってるんですね。

    燃費はジャイロXより随分良いように思います。僕は短距離走が多いので
    燃費が伸びませんが、距離が伸びればもう少し燃費も良くなると思ってます。

    頻繁に給油するほうが燃費良いですか?ウラ技ですね!

    滴下式なので動かさない時は、燃料コックOFFにしといた方がいいの
    でしょうか・・・・・?

    パンク・・・
    淡路島一周の際は修理道具持って行くようにします。
    フロントがチュ−ブレス、リアがチュ−ブ入りと、道具立てが両方で
    面倒なのと嵩張りますが・・・あと、ポンプも必要ですね。

    これからもよろしくお願いします!

    河野

  • 次世代のスクータ
  • (そクラテす)
  • 2013-08-24 10:18:35
  • おおむね、移動範囲は20-30kmの距離の走行が多いです。
    パンクした場所は、都会だったのでいくらでもガソリンスタンドがあったので不幸中の幸いでした。

    スーパーでお買い物、公民館の寄り合いなど、俳諧するルートが決まってるのなら、電動のバイクがイイと思います。2台購入して、自宅で充電しながら交互に使用すれば充電時間に拘束されず、行動できるカモしれません。車種によっては、充電バッテリーがモジュール化されており、別ユニットを追加購入すれば航続距離が延びるなどメリットもある物もある様です。

    ストリームは、購入当初、後部のキャリアに箱を固定して暫くは移動してましたが、燃費に悪影響を及ぼすので、日常の移動では、箱は取り除ています。荷物はフロントのトランクへ。

    空気ポンプですが、じゃまになるので、15-20cmくらいの大きさの物を携行してます。
    ストリームは車輪が3本とも同じサイズなので、チューブが共通化されてるので助かってます。
    タイヤレバーは、自宅にありますが今は携行してないので、紛失・盗難されてもイイものを物色中です。

    ストリームは実用を無視して30km/h以下で走行するなら、40km/L以上の燃費も可能な様です。

    当初からジャイロXは、低ギア寄りにセッティングしてあるので燃費があまり上がらないと思います。
    実用範囲内でウエイトローラーのセティングや、ドライブベルトを交換するなどしパラメータを変えるとイイかもしれません。

    こちらのストリームですが、
    走行中、バーン! と言う爆音がして、エンジンの回転数が急上昇した事があり、路肩に止めて動かなくなった事がありました。
    ベルトが切れたんだろうと・・・自宅に戻って中を開けると、ベルトの切断はなく固定してるナットが緩んでました。
    何が起こってもおかしくナイ時期に来てます。

    その事があって以来、徐々に部品や道具を揃えてます。

    今は、堅牢なタイプ、ヤマハ ギアを購入の視野に入れてます。

    現行のストリームはコレクション用に・・・・。
    知らない人は、新発売された車種ですか? とか言われます。
    いつも女の子から見られてる視線はカンジます。w

    機会があったら、また書き込み致します。でわ!

  • >次世代のスクータ
  • (JM3QIA 河野)
  • 2013-08-24 11:31:07
  • そクラテす さん

    こちらは海岸沿いの道路以外は山道ばかりで、電動バイクには非常に不利な地形です。平坦な町内ばかりの移動の人は大方が電動自転車に乗っていますよ。

    僕のように町内移動があって山も登るという人は、みなバイクですね。最近ではヤマハのギアやホンダのズーマーに乗ってる人が多いです。あとはカブですかね。ギアとズーマーは登りが少し苦手なようです・・・ジャイロXよりは早いですが!

    町から少し出ると10kmくらいはスタンドが無い地域ですから、パンクの修理道具は近々にでも揃えておきます。不安になってきました。笑

    この辺りではパンクしたら電話でレスキュー(積載車)してもらうのがあたりまえになってますわ。

    このジャイロXは出足が良いので満足しています。ウエイトローラーを軽量にすると、出足が悪いのと山道で遅くなるのでここらでは不向きな車両になってしまいますね。


    >何が起こってもおかしくナイ時期に来てます。

    このひと言で震え上がっている親方です・・・。うちのジャイロXもすでに何がしが起こっているので・・・怖いです。


    >いつも女の子から見られてる視線はカンジます。w

    わははは・・・・
    CMでフーテンの寅さんを演じるリチャードギアのような感じですかね。「あっ、お、お、おれって見られてる???」 「ねっ、・・・あのスクーター新発売なの?」 という状況でしょう。

    またおいでください。








コメントする・もっと見る