蝶鳥徒然2

自宅周辺で昆虫や鳥達などの自然を撮影

公園へ

2017-01-30 14:13:28 | 自然
暖かくなるというので公園へ虫を探しに行った。
お目当ての越冬蝶は姿を現さなかったが数ミリの昆虫達はいくつか出ていた。
久しぶりにGX−8にオリンパスの60ミリマクロで撮影。
蠅の仲間。3ミリほどの大きさで何匹も飛んでいた。

ホソヒラタアブ?

2〜3ミリほどのトサカグンバイ?マクロで覗いてみないと老眼では見えない・・・こちらも何匹か葉の裏に居た。

ムラサキシジミを探していたら足下には早春の草花が一杯開いていた。
オオイヌノフグリ

ようやく見つけたヒメオドリコソウ。春になれば群落で咲いているが今はなかなか見つからない。

沢山咲いているホトケノザ

枝垂梅が咲いていると書いてあったので覗いて見た。

やはり、老眼にはGX8のEVFアングルファインダーは助かる。液晶画面を動かせても老眼鏡をいちいち掛けなくては役に立たない。
老眼鏡をかけると遠くの虫も鳥も見えないし、遠近両用は不整地では怖くて使えない。
ということで予想通りGX8のファインダーはとても役に立った。当面マクロ専用になりそう。
問題はストロボの連写が効かないことか。バージョンアップで外部ストロボ用にでも連写時に接点を有効にして欲しいと思うのは私だけか?
マクロ領域では光量はいらないので連写しても充分間に合う。是非改善してほしいものだ。
虫の目用に作った白色LEDのストロボは秒10コマ連写でも充分使えるのだが・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 河原から公園へ | トップ | 山に行って見たが空振りで公園へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。