気まぐれ爺の日記

70坂を越えた爺の気まぐれ日記です。
読んで下されば幸いです。

懸念される在日の生活保護急増!

2013年04月01日 | 日記

いま全国の生活保護受給者が急増している。

その中でも、在日外国人への支給率増加が注目されている、保護率は日本人の2~3倍、その3分の2は朝鮮半島出身者(在日朝鮮人)である。

在日朝鮮人の保護率は、民主党政権時代に増加の一途を辿ったことが明らかになっている。

以下の映像は、2012/10/23民主党政権時代での片山さつき参議院議員の質問です。

片山さつき議員が民主党による在日生活保護費激増計画を追及!

 

片山さつき参議院議員

「生活保護費は2010年度で3・3兆円。このうち仮試算で1200億円弱も 外国人に払っている。保護率は日本人の2、3倍。3分の2が朝鮮半島出身の方だ」

「昨年12月の速報値によると、全生活保護受給者数は208万7092人で、 外国人の生活保護受給者数は7万3493人。日本の人口は約1億2000万人、 受給資格を有する在日外国人数は137万人なので、全体に占める割合は1・6%と 5・5%になる」


 つまり、在日外国人への支給が、日本人の3倍以上なのだ。

 

片山氏は「外国人の保護は、本来はその国の領事館がやるべきことだと主張する。
例えば、韓国では日本人は生活保護を受けられない。

日本人が生活保護を受ける場合、本人の経済状態や扶養できる親戚がいるかどうか など、綿密な調査が行われる。しかし、外国人については、領事館に『本国に親戚が いるかどうか』を問い合わせるだけ。事実上、外国人の方が簡単に生活保護を 受けられる仕組みになっている」

国や地方の財政が厳しい現在、生活保護の制度や運用方法を抜本的に見直すべき時期に 来ている。

フィフィ 

 フィフィ ‏@FIFI_Egypt 18時間

日本は外国人の在住も帰国も制限してない。居心地が悪いと優遇を求めそれを政府が一部の外国人に認めるのは、逆にその他の外国人や国民を差別してると感じる。
国際的にみて、例え実際に迫害を受けた民ですら、その国民に成りすまし賠償を理由に優遇を求め居座る事はしない。祖国に戻らないのは何故か?
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/317839365936128000

 

参考までに「在日特権」とは

在日特権
朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除 (これが一番危険)
掛け金無しで年金受給可能
通名使用可
税制優遇
生活保護優遇
永住資格所有者の優先帰化
外国籍のまま公務員就職
公務員就職の一般職制限撤廃
大学センター試験へ超簡単な韓国語の導入
朝鮮学校の補助金廃止は国だけで、県と市区は継続中

ソース: デスクトップ2ch 、保守への覚醒、その他

ジャンル:
社会
キーワード
在日外国人 生活保護費 参議院議員 在日朝鮮人 大学センター試験 片山さつき議員
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 在日朝鮮人と暴力団、右翼との関... | トップ | 騙される続ける日本人 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みのり)
2013-04-01 11:00:17
俊介さん

在日韓国人の 生活保護費が
日本人の3倍だとか?

はじめて知りました。
これは問題ですよね?!
こんにちは〜 (れんげ)
2013-04-01 13:43:36
在日韓国人とかその他の外国人にでもそうですが
日本はなぜそんなに簡単に生活保護をだすのでしょうか
在日の人たちに出してたの外国人に出さないのは 差別かもしれないが
在日特権がなぜあるのかも解りません。
日本の国で日本人が苦しんでいるのにその人達をもっと助けてほしいです。
Unknown (みのりさん こんにちは~)
2013-04-01 14:39:48
>はじめて知りました。
そうでしょうね。
何故か、マスコミではあまり取り上げないニュースです。
生活に困窮している日本人よりも、外国人の方が簡単に受給できるのですから不正受給も増えるわけです。
それも国民の血税からです。
れんげさん こんにちは~ (俊介)
2013-04-01 14:51:50
>在日特権がなぜあるのかも解りません。
それは旧社会党、民主党、共産党などの協力あったからです。
例えば、脱税特権と言われる特権も1976年旧社会党の協力で朝鮮商工会が国税庁との「税金に関する合意」を結び、それ以降は商工会の印鑑と領収書があれば、何でも必要経費に落とせるようになりました。
このようにして在日特権は増え続けたのです。
Unknown (トパーズ)
2013-04-01 23:24:03
片山議員の指摘,尤もですね。
自国民の救済が、最優先されるべきだと思います。
探せば、法律の抜け穴が、まだまだありそうですね。
トパーズさん おはようございます。 (俊介)
2013-04-02 09:54:42
ご訪問有難う御座います。
>自国民の救済が、最優先されるべきだ
確かにそうですね。
日本はご存じの通り老齢化の時代を迎えました、老々介護、お年寄りの一人暮らし、どれをとっても手厚い保護が必要です。
在日の方々の不正受給は年々増え続けています、これでは社会保障費が幾らあっても足らなくなるでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。