住まい・あ・ら・か・る・と

建築士・インテリアコーディネーター・そして介護福祉士として、生きるための器としての住まいへの想い

夏を涼やかにやり過ごす

2017-07-15 11:13:28 | インテリアコーディネート
梅雨明けでもなく、雨が降るわけでもなく、それでも暑い夏がやってきました

冷暖房完備の今日日ですが、やはり暑いのは年間通じて凌ぎ難い季節だと思います

自宅にいると立地と建物のの向きと開口部の位置から比較的、エアコンに頼らない生活を送ることができています。そうは言っても「暑いねぇ」と言いながらですが。

ベランダには風鈴と植物を。風鈴の音は耳に心地よく響きます。でも、ご近所迷惑にもなるのかなぁ・・・?コンクリートのベランダにはベゴニア、アジサイ、クンシラン、オンシジウム、シャコバサボテンの鉢などで視覚的に熱さを軽減。今年はベゴニアがどんどん大きく成長してベランダを選挙しています。



部屋の中もポトスの鉢でごちゃごちゃしてる中にワンポイントおいて誤魔化す。インテリアコーディネート術のひとつに「困った時にはグリーンを置く」というセオリーがあります。ごちゃごちゃしている部屋の中でも、がらーんと何もない部屋でも観葉植物や切り花の花瓶なんかを置くことで意識が変わります。人と植物の波動が響き合うのかなぁ、なんて思ったりしますけど。



夏の切り花はすぐ水が腐ってしまって管理できないので、そういう時にはフェイクフラワーを使ったりします。今は安くても結構本物っぽい造花がたくさん出回っているので、助かります。

カーテンなんかがグリーンやブルー系で、透け感のある生地だったりすると更にイイ感じになります。



エアコン漬けだったりすると反って体調を壊したりするので、極力自分の身体と相談しながらいろいろ試しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハートフルネットワークとわたし | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。