No Morse, No Life.

20数年ぶりに再開したアマチュア無線でしたが・・・
こんなにモールスにはまり込むとは、思いもしませんでした。

テスター買い替え

2017年05月20日 | 素人無線家

テスターを久しぶりに使おうと思ったら、どうも電源が上手く入りません。

電源スイッチを押すと、一瞬ディスプレイには出ますが、直ぐ消えてしまいます。

電池が無くなったか?と思いチェンジしましたが、やはりうまく入りません。

電源スイッチが悪いのかもしれませんが。。。

 

無線稼業に復帰してから買ったので使用期間は5年。。。やはり中華製は、こんなもんでしょうか?

 

やはりテスターが無いのは何かと不便ですので、事前に秋月のサイトでチェックしてから買ってきました。

(上の壊れたヤツも、まだ扱っている様です・・・)

 

今度のは、インダクタンスも測れて、60MHz迄の周波数カウンタも付いています。

それにしても、小さい(というか、前のがデカすぎたのか(笑))

 

今度のは韓国製・・・中華製よりも信頼できそうです。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールデンウィークのログ | トップ | どうも長期戦になってきたBeg... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (OEF)
2017-05-20 12:46:32
2,700円ですか?欲しい!
Re:Unknown (jl1gel)
2017-05-20 22:50:30
オートレンジでなかなかの高機能です。
新しい測定器をゲットすると、何となく嬉しいです(^-^)
Unknown (ocr)
2017-06-04 13:05:39
オートレンジだから可能性は低いと思いますが,回路につないだまま回してうっかり電流のところを通すと悲劇の元なので気をつけましょう.前のだとリードをつなぐところが違うので安全でしたね.
Unknown (JL1GEL)
2017-06-04 23:05:00
確かに、それはショートさせてしまって危険ですね!リードの端子が普通は別になっているのは、そんなミスに対する保護でもあるということですかね…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む