第三の青春-自然薯おとうさん

田舎暮らし奮戦記!じろさん本舗プレゼンツ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

焼酎の飲み方 割り水って?

2010年06月14日 | ■山芋四方山話
  ■
  ■
  ■

「いろんなスタイルで楽しめるのが焼酎の楽しみ。焼酎上級者の間で人気が高い飲み方は“割り水”・・・」などと紹介されると、焼酎をコップに半分程入れて、あと飲口一杯まで水道でジャーと水を注いで飲んでいる小生には、焼酎の微妙なのど越しや風味を語る資格は、全くないのですが・・・
何やら気になって、あれこれ試しておりますが、なかなか面倒で持続しません。一向に焼酎上級者には近づくことができません。
「割り水」は焼酎の本場・鹿児島で愛されている本式の通の飲み方。自分の好みの割合でかまいませんと言いながら、因みに「焼酎6:水4」が焼酎の黄金比率だ!と念を押されると、やっぱりその割合で挑戦してしまいます。これを通常3日~1週間程度、寝かしておくのがポイント。長く寝かせれば寝かすほど、味はまろやかになるといわれ、常温で保存する方が、より味がまろやかになるとも言われています。

寝かせて味がこなれた「割り水」は、さらに水で割っても、おいしくいただけるのが最大の喜び!? そして、この割り水を冷蔵庫で冷やせば、“究極の水割り”が完成するとのことです。
小生が思うに、ここで普通の氷を入れてしまうと、水の泡です。
オンザロックでいただく時も、水割りの時も、氷は「割り水」を凍らせたものが最高の筈です。(まだ試したことはありませんが、家庭では無臭で凍らすのが難しい?)夏場に試してはいかがですか。

ここからは完全に受け売り情報ですが、本場鹿児島では、おもてなしのためにパーティーなどがある場合、日程を逆算して割り水を仕込むらしいです。そして、さらに上をいく通の飲み方は、この割り水をぬる燗(人肌程度)にして飲むことらしい。これが芋焼酎の終着点らしい・・・。小生もぬる燗が好きだが、直接ぬる湯で割ってしまうのでダメらしい。
あれこれうるさい通の「割り水」ですが、焼酎の品質は別にして、ポイントはなんと言っても「水」です。
美味しい水でなければ話になりません。通ならば水にも最大限、気を遣ってください。小生っチは水道といっても井戸水ですから、とてもおいしいミネラルウォーターです。トイレもこれで流しています。すごい贅沢な気分です。

せせらぎなど水音を使った詩句は、数多くありますが、飲む水をそのまま句にしたのは少ない。しかれども我が山頭火の句には、飲む水にこだわった句がやたらと出てきます。

「こんなにうまい水があふれている」
「へうへうとして水を味ふ」

など。そして
「水の味も身にしむ秋となり」と、水にも旬があると詠んでいます。
彼の人であるから酒に絡んだ水へのこだわりがあったのでしょうか、それともそれ以前に水に対しての特別な思い入れがあったのでしょうか・・・。
  ■
  ■
  ■

●ランキング参加中!
人気blogランキングへ
●じねんじょう山芋のお取寄せは…
ロハスな自然薯
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焼酎は季語? どの季節が旬? | トップ | 湯野に誕生!蕎麦ベーズベーアン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。