広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

塚本監督「野火」がベネチア映画祭コンペティション部門に選出

2017-06-20 07:17:23 | 日記






 世界3大映画祭の一つ、第71回ベネチア国際映画祭(8月27日~9月6日)の出品作が24日、発表された。最高賞の金獅子賞を争うコンペティション部門には、塚本晋也監督(54)の「野火」(来年公開予定)が選出された。

 塚本監督のコンペ出品は5年ぶり。11年に先鋭的な映画を集めたオリゾンティ部門のグランプリを受賞しており、今作では“真の頂点”を目指す。また、加瀬亮(39)が主演の韓国映画「自由が丘8丁目」(ホン?サンス監督、12月公開)がオリゾンティ部門に決まった。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貯金しすぎて毎月赤字!? ま... | トップ | 働く現場はいま大きく変化し... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。