熊本ユナイテッドSC

熊本を本拠地とする女子サッカークラブチームです!

試合結果

2007年03月14日 13時03分08秒 | Weblog
第32回熊日学童五輪サッカー大会
平成18年11月4日~19日

1次リーグ
USC 6-0 龍ヶ岳JSC
USC 6-0 菱形FC
2次リーグ
USC 6-0 エスパーダFC U-12
USC10-0 杉上FC
3次リーグ
USC 4-0 スポーツの森大津FC
USC 4-0 熊本みなみYMCAFC U-12
決勝リーグ
USC 2-1 FCKマリーゴールドU-12
USC 2-2 熊本アクアサッカークラブ
USC 4-2 FC益城ビッグウェーブU-12
USC 1-1 シャルムFC熊本

1次リーグ、2次リーグ、3次リーグと徐々にリズムが出て来て、5チームの総当りによる決勝リーグに勝ち上がった。初戦のFCKマリーゴールド戦は前半スムーズに先制したが2点目がなかなか奪えず後半になると相手左サイド攻撃に押し込まれ同点とされたが、FKで決勝点を奪い2-1で勝利した。続くアクア戦、この試合も前半の早い時間帯に先制しボールを支配して前半を進めた。ところが、後半に入ると足が止まり、サポートに遅れ思うように攻撃できなくなり、また相手の攻撃にズルズルとラインを下げてしまい、サイドから切り崩され同点、一時逆転も許した。前線の枚数を増やし、なんとかドローで終えた。3試合目は益城ビッグウェーブ戦、前半にまずは先制したが、相手10番を中心とした攻撃に手をやき中盤でもなかなかボールが落ち着かない時間が続いたが、失点もあったが得点も重ね、4-2で勝利した。4試合目最終戦の相手はシャルム、この試合に勝てば優勝が決まるという大一番だったが、前半は相手DFのライン押し上げで何度もオフサイドをとられ、攻撃にリズムが生まれず、逆に相手に裏を取られ先制を許してしまう。ハーフタイムで相手の攻撃、守備について話し合い2列目、サイドからの攻撃で点を取りにいった。すると攻撃にもリズムが出て来て相手ゴールに押し込むシーンも徐々に増えてCKからついにFW豊川同点ゴールを奪った。終了間際にも右サイド中嶋のドリブルからの鋭いシュートがあったが、ポストに当たりそのままドローで試合終了。成績2勝2敗でアクアと並んだが、得失点差で準優勝だった。まだまだ個人のスキルアップが必要だと感じた。また決定的なチャンスはしっかりものにする決定力も向上できるようトレーニングしていきたい。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試合結果 | トップ | 試合結果 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。