聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

不倫行為が露見した場合、慰謝料

2017年04月05日 | 日記
不倫行為が露見した場合、慰謝料が必要になることがあります。


婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。


浮気の証拠を提示されてしまえば、言い逃れはできないです。


だいたいの支払額ですが、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、大きな違いがあるようです。


その額で難しいときは、額を減らしてもらうよう交渉するのもありでしょう。


身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、インターネットで調べてみたんですけど、けっこう業者さんって多いんですね。


安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、応対が優れていて値段も高くない探偵会社に調査してもらいました。


覚悟していたとはいえ、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、がっくりきました。


興信所や探偵への料金の支払いについていうと、古手の中堅以上のところでしたらクレジットカード払いやローンでの分割払いOKという業者もあります。


不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、お金を貯めているヒマがないなんていう場合は、分割OKの事業者を探して依頼するのも手だと思います。


調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、最近は結構多様化してきていて、比較的大規模な探偵社の場合は支払いはクレジットカードでもOKです。


もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしているところも多いので、探偵を頼んだことがばれるおそれがないのが嬉しいですね。


支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。


やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう例も少なくないようです。


交際相手とのやりとりが見つかって、たとえその場で平謝りだったとしても、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っている危険性もあります。


あやしい素振りを見せたら、調査を探偵社に依頼して、きっちり不倫の裏付けをとり、決着をつけるべきです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の配偶者を調査してもら... | トップ | なんとなく不倫の気配を感じ... »