聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

以前に比べSNSに抵抗感のない人が増

2016年10月17日 | 日記
以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、それが元で不倫が判明するというパターンも多くなりました。


配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていることも考えられます。


相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、浮気に気付く材料になるかもしれません。


興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。


ウェブを利用することで、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを見ることができると思います。


土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で総合評価が良い事業者を選び、相談を持ちかけてみれば、調査を任せても安心でしょうし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。


不倫の調査は対象と近すぎる間柄の人が行うと、追跡が発覚しやすいばかりか、感情に任せてトラブルになる危険性もあります。


その道の専門家である探偵なら、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く目的を完遂することができるはずです。


探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、離婚するかしないか迷って決められないですよね。


そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先にあれこれ考えを巡らせておくべきです。


夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。


配偶者の浮気がわかったら、慰謝料の支払いを求めることができます。


とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、権利争いや感情面での言い合いになって、しばしば泥沼化してしまいます。


時には裁判を起こさなければいけないケースもあるので、弁護士を頼んで無理のない問題解決を図る方が良いかもしれません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浮気していることがわかって... | トップ | パートナーに不倫行為が発覚... »