聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたん

2017年04月20日 | 日記
子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。


子育てが落ち着くまではと、何年も専業主婦してきていたせいか油断があったのでしょうか。


挙動があやしいと、夫も早いうちに気づいたみたいで、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、両家ともに離婚。


そして双方が慰謝料を請求されることになり、元の職場にも戻れず、実家に泣きつきました。


ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。


そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。


結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、あからさまに現実逃避が過ぎると世間一般では思うでしょう。


本来は夫婦の問題であるのだから、もっと上手な解決方法を模索すべきですし、子供には責任はないはずです。


冷静になって悔やんでも始まりません。


探偵による浮気調査の結果、しっかりとした確証が得られれば配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。


パートナーが信用できなくなってしまうと、一生を共にするのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。


また、配偶者の不倫相手に慰謝料を求めれば、別れさせることも難しくはありません。


浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均では一週間以内です。


最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。


浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあることも覚悟してください。


逆に、浮気する可能性の高い日があらかじめ分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。


不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。


不倫相手を特定してから3年間、でなければ不倫行為から20年が期限となっています。


時効が迫っているときは訴訟に持ち込めば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。


つまり、時効が近い場合は、訴訟することを検討してみるべきです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もし配偶者が浮気していた場... | トップ | 普段は無縁な探偵社ですが、... »