聞込み、尾行、張込み・・・・

聞込み、尾行、張込み・・・・だけじゃないんですよ!

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、

2017年06月14日 | 日記
私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。


証拠を押さえるためにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も必要です。


その上、突発的な事態に対し、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。


なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、クライアントの利益を損なうことに繋がるため、細やかな注意を怠らないことがプロの探偵です。


どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、地域の専門性で選ぶのも手です。


相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者の中から探しましょう。


ローカルに強い探偵なら、調査を進めやすく、克明な報告を得ることができるでしょう。


調査内容いかんでは不得意なこともありますし、逆もまたあります。


まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で話をして確認しましょう。


スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、それが元で不倫が判明するといったケースが増えています。


常にスマホを気にしたり、SNSをたびたびチェックしたり、こそこそ更新していたら、不倫相手と連絡を取り合っていると考えていいでしょう。


配偶者の態度とSNSは不倫をしているかどうかの判断材料にもなりえます。


飲食店を利用した際の領収証には、飲食時の同席者の人数が書いてある事があるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。


加えて、支払いをクレジットカードでした時はしっかり月ごとに見るようにします。


仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると一人ではなく誰かといた想像されてしまう事があります。


探偵社には調査報告書というものがありますが、特にフォームに決まりはありません。


それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場で使う際は、証拠として採用されるには、信頼できるデータに基づいた調査報告書でなければ価値がないわけです。


調査報告書の利用方法を考慮した末、目的に合った事業者を選定するのをお勧めします。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気が付かずに使っている方も多い | トップ | これから探偵を雇うつもりで... »